Number

Number_c0025217_18293954.jpg

いつから東京は雪国になったんだ。
坊主頭に雪が積もる姿は自嘲するにもどうかと思う。
こんな日に代表戦を見に行く人には頭が下がる(行こうとしてたけど)。

Number696号は、間もなくW杯予選をスタートする日本代表・岡田監督を筆頭に監督特集。

サッカーからは岡田監督のほか、反町五輪代表監督、トルシエ、カペッロがクローズアップされている。
いまだ実体がつかめず、本人も多くを語らない岡田監督に関してはキャンプレポートと、識者による鼎談で、深みに欠ける。
反町さんも、裏事情を話すならきっと、書けないことに本質がありそうな内容で不完全燃焼。
カペッロの美学はまあ面白かったが、野球日本代表監督、星野さんの記事のほうが面白かった。
五輪予選のしびれる重圧を、ある試合の采配を引き合いに語るインタビューだったが、采配にある種監督業の妙は表現されるわけで、その内幕が紐解かれる記事は読んでて面白い。
そういった意味では選手選考の過程なんかも、ガチで語られたら非常に興味深い。
一方で、ラグビーといえば、な清宮氏の語る監督心得は読み応えがあった。
ある意味当たり前じゃん、と思えるところは、彼がリーダー論を語るに相応しい人だからであろう。
その他、駒大苫小牧の監督の話、シンクロ女子チームの監督の話、競走馬の厩舎の調教師の話。

ことサッカー監督に関してはキャラ立ちしすぎてたり、見える部分も多いが、一方でその内面を深くえぐってみるといろいろ見えてきそう。
欧州や各国の代表レベルは語りつくされてる感があるが、Jの各チームの監督並べても何ひとつ被ることはないだろうし、面白い話が読めそうなんだけどな。
知らないだけかもしれないけど。
ちょっと探してみよ。

監督論を読むならば、手の内を明かす記事が読みたいと思いましたわ。
by blue-red-cherry | 2008-02-06 18:29 |
<< 中華そば すずらん 鶏団子とねぎの醤油鍋 >>