日本×オマーン 2010 FIFAワールドカップ南アフリカ アジア3次予選

日本×オマーン 2010 FIFAワールドカップ南アフリカ アジア3次予選_c0025217_15313959.jpg

すっかりさいたま開催だと思ってて、横浜か、さて行くか、という気にもならず、おなじみのftnkで観戦したアジア3次予選なのに正念場のオマーン戦
正直引き分け程度の傷で監督交代の流れなんかどうよ?って考えてたりもしたんだが、夕刻、長沼健氏の訃報に触れ、お涙頂戴は好きではないが、勝利が捧げられるべきだと思いなおして臨んだ。

そんな思いがピッチ上の選手たちにもあったかなかったかはわからないが、シンプルで分かりやすい、気持ちよいサッカーを見せてくれた。
攻守両面でのハードワークが徹底され、欧州組が率先する玉際の強さ、サイドに裏にスペースの有効活用。
日本代表クラスの人材が適材適所に配置されれば、当たり前のことをやるだけでこれくらいはできるのかもしれない。
その場その場でのチョイスの選択肢が多く、速く、正確だったのはオシム時代を経ているからかもしれない。
これが岡田のサッカー、だとは思わないがある意味、代表のサッカーってのはそんなものなのかもしれない。

俊輔と大輔のハードワークには目を瞠った。
世に海外厨と呼ばれるJリーグ蔑視の方々がいらっしゃるならば、オレはJリーグ厨、もしくは嫌海外厨で、Jリーグの選手にやや肩入れ気味なんだが、そんなJリーグ慣れしたオレの目には、中盤でガツガツ鋭いスライディングタックルそ仕掛けていくオフェンシブハーフの俊輔と松井のプレーに正直驚いた。
特に松井のスライディングの技術の高さはすごい。
足裏と取られかねない勢いと高さをもちつつ、人とボールのギリギリの線にうまく足が入り、ファウルになることはほとんどない。
スライディング抜きにしても、両選手は玉際かなり厳しく寄せる。
当然そのテクニックは自らのキープ時にも生かされており、存分に実力を発揮した。
さすが、だ。

しかし中盤でもっとも輝いたのは遠藤じゃなかっただろうか。
ピルロ化?
ハマったかな、アンカー。
位置取りがハンパなく的確。
真ん中のあたりをうろちょろとしてるんだけど、あのボールの周り具合の中で攻め上がりを自重できるあたりも遠藤らしいし、あの位置で遠藤の技術があるとプレッシャーを交わして精度の高い展開ができるから、数的優位がより多く生まれる。
また、よく見えるのか相手ボールになったときも、奪うまではいかずともディレイ役としてはきっちり機能。
まあ相手オマーンだけど。
うまいなー、いいとこいるなー、って感心することしきりでしたよ。

俊輔と松井も例えば往年の北澤とかみたいにガムシャラに動き回るって感じじゃない。
いくべきところは必ずいってたから、よく動いてたって印象なんだと思う。
遠藤もそう。
運動量で言えば長谷部の存在が大きい。
つうか大久保と玉田のチェイスも効いてたな。
それを言えば長友と駒野の上下動も豊富だったから、ってのもある。
うーん、守備専ボランチを外して臨んだ中盤が機能した功労者を挙げるなら「全員」、なのかね。

それにしても、大久保のゴール、闘莉王の落としは見事だったねえ。
あそこであの判断、ウイイレだったらよくやるけど、日本人フォワードであのシチュエーションであれキレイに決められる人、どんだけいるんだろう。
すごいな、闘莉王、嫌いだけど。

ワールドカップには出てもらわないと困るし、素直に喜びたい。
んだけど、喜べない部分もある。
俊輔と松井と長谷部いなくなったらどうなる?
オシムはまずそこから手をつけてたんだろうなあ。
まあなんにせよ、いい試合したんじゃないでしょうか。
半年後、最終予選のときにどうなってるか、2年後、ワールドカップのときにどうなってるか、そこがすべてです。

やべえ、オレたちの長友のこと書き忘れた!
怪我が心配だけど、頼もしかった。
とても代表キャップ3試合目だとは思えない堂々たるプレーぶり。
仕方ない部分が多いが、多少の緊張感からか、状況判断やパススピードではもちろん、まだまだ改善の余地はある。
とはいえ今はただ、日本を代表する左サイドバックとしてワールドカップをかけた戦いに臨んでいるオレたちの長友を誇りに思う。
by blue-red-cherry | 2008-06-03 15:35 | サッカー(FC東京以外)
<< 納豆ビビンうどん 節骨麺たいぞう 恵比寿店 >>