フランス×イタリア EURO2008

フランス×イタリア EURO2008_c0025217_11414549.jpg

歯の調子は決して思わしくなく、安静を優先しようかと思ったが、ついつい起きて「フランス×イタリア」を見てしまった。
個人的にはどっちもオランダ戦見てガッカリしてたので、死闘を演じた末にルーマニアがあっさり2位抜け、なんてよからぬことを期待してたら、我らがオランダがここでも強さを発揮。
したたかな世界王者、イタリアの2位抜けか。

リベリーの怪我は不運だったが、フランスは余りにも無策だった。
日替わりの攻撃陣で「自分たちのやり方」を貫けば勝てる、とでも思ったのだろうか。
2トップにボックス型の中盤は、その陣形どおりのポジションで戦い、ぽっかり空いたピルロのところがいつもフリー。
この日はデロッシをアンカーにピルロが流れる形も目立ったが、どちらにしろ、中盤の低い位置から長めのフィードをトーニに当ててくるイタリアに対し、出所のケアがなさすぎた。
トーニのゴール運の無さに助けられたが、たびたび可能性のある、ピルロからの美しいフィードが前線に繰り出され、対したアビダルは目測を誤ったりクリアし損ねたりと、これは危ういなと思っていたらあのファウル。
金やんも言ってたが、たぶんファウルしなかったら外してたと思うww
あそこはアビダルもよくなかったが、出所を自由にさせすぎたことが致命的だっただろう。
厳しい展開ながらアンリは楔として頑張ってたし、ベンゼマも大会の水に慣れたか、気負いなく動けてた。
何よりリベリーのボール運びにはキレがあったし、退場の余波を受けたナスリは気の毒極まりない。
いくつかの誤算がなければ好試合も望めたかもしれないが、不信の原因のひとつに無策っぷりが見える気がする。

イタリアも決してよくなかった。
前半、オレの重い瞼を持ち上げてくれたピルロのボールタッチはさすがだったのと、トーニのシュート以外のプレーは力強く、見所だった。
しかし数的優位を生かせない拙攻。
デロッシはアグレッシブな姿勢を見せ、その姿勢がチームを救う2点目に繋がったと思うが、死に体のフランスに対し後手後手に回り(それがカテナチオの国なのかもだけど)、スペースを使えない、作れない戦いぶりはとても世界王者には見えなかった。
一言でいえばつまらない。
序盤からガットゥーゾやデロッシが激しく奪いに行くスタイルは好感が持てたが、それから先がない。
ザンブロッタやグロッソの攻め上がりも散発、中央も薄め。
幾度かペロッタがトーニを追い越していく場面もあったが、2点、3点奪うにはアイデアも動きも少なすぎる。
これでピルロとガットゥーゾを欠いて、準々決勝でスペインと当たるわけだ。
ピルロなきイタリアに、能動的な攻めはほぼ期待できない。
好調スペイン攻撃陣に対し貝のように守り、カウンター、という戦い方に終始するだろう。
果たして耐えられるのか、見所はそこか。

怪我からの回復が間に合わなかったビエラにマケレレ、アンリもフランス代表としての大舞台はこれが最後かな。
大きな大会にはつき物だが、寂しいね。
by blue-red-cherry | 2008-06-18 11:42 | サッカー(FC東京以外)
<< 冷奴 MHP2G >>