オランダ×ロシア EURO2008

オランダ×ロシア EURO2008_c0025217_19213985.jpg

無心で賭けたはずが、あまりの好調ぶりに目がくらみ、すっかり賭けの対象へ注ぐ情熱で応援していたオランダの決勝トーナメント1回戦、ロシア戦
肩入れしてたら実に体に毒な緊張感溢れる試合だったが、ロシアもよかったが自滅だわ、オランダ。

トーナメントの初戦だし、厳しい試合になることは間違いなかった。
オランダは良いとこをGLで出しまくってたので、ヒディングが無策なはずはなく、ファンニステルローイはともかく、例によってスナイデル、ファンデルファールト、カイトにスペースは与えない。
ならばオランダも無理はしない、というのはフランス戦と一緒。
違ったのはロシアの小気味良い攻撃だ。
パブリュチェンコにボールが収まり、それに対しアルシャビンが有機的に絡むのを基本に、両サイド、ボランチも追い越し、フォローが出来ている。
最終ラインとデヨング、エンゲラールが体を張ってしのぎ、最後はファンデルサールがはじき出す。
苦しいのは苦しいが、見た光景に心配はしてなかった。

違ったのはオランダお決まりの打開策がハマらなかったこと。
結果論だが、ロシアの組織は最後まで崩れることがなく、サイドに裏にスペースはほとんど生まれなかった。
今までオランダの交代策がドンズバで決まってたのは、先制してたというのも大きいが、ウインガーでありストライカーであるファンペルシー、ロッベンが使えるスペースがあった、ということに尽きる。
彼らにスペースを与えれば、彼らは人数をかけずにラストパスの前までもっていける。
中に人がいさえすれば、という展開にもっていける。
だから彼らは離れていても、よりフリーになれるようなポジショニングをすればよかった。
しかし相手がそのスペースを埋めていたら、両サイドに大きく開いたポジショニングは攻撃の陣形をバラバラにしているだけで、選手同士の距離間が著しく開く。
サポートは望めないし、二の手、三の手、が出せない。
手詰まり感は終始拭えなかった。

手法としてあってなかったかもしれんが、ファンペルシーもアフェライも空気だったなあ。
消耗戦の中での貴重な途中投入の選手なのに、ボールタッチはおろかフリーランもほとんどない。
サイド張り付きのファンペルシーはフォローさえあれば、という感じでまだわかったが、アフェライに関してはどこにいるの?という消え具合。
スペースはなかったしそれでもどうなったかはわからんが、ロッベンを出しとけば、という声が出るのは当然だ。

ファンニステルローイが泣けるほどよかっただけに惜しさはつのる。
あのポストは限りなくパーフェクトに近く、ゴールへの意欲も人一倍だった。
よかったといえばファンデルファールトとスナイデルのプレースキック。
スピード、コース、曲がり具合ともに絶品。
思えば前半、数センチレベルの誤差で入らなかったアレが決まってれば……。

金に目がくらんだ似非オランダファンという視点を抜けば、ロシアはいいサッカーをしていた。
大国に小国(サッカー的に)が、運動量や組織力を武器に挑んだ勤勉な戦い方は感動的ですらある。
アルシャビンは久々に現れたバッジョの系譜にあるスター候補の香りがするし、両サイドバックの上がりは脅威、センターバックのミドルシュートも強烈で、実にいいチーム。
先制されたことによる焦燥、打開策がないまま徐々に集中力を失っていったオランダに勝機はなかったかもしれない。

あーあ、オランダいい選手そろってたのになあ。
しかも奇跡に近いくらい、チームがまとまっていたというこのタイミング。
このチャンスで勝てなかったのは痛い。
賭けは終わってしまったが、まだ大会は続く。
堅いチームが勝ちあがってる今大会、スペインは意地を見せられるのか。
今夜も眠れんなー。
by blue-red-cherry | 2008-06-22 20:14 | サッカー(FC東京以外)
<< 明石焼 ほうとう >>