日本×バーレーン 2010 FIFAワールドカップ南アフリカ アジア3次予選

日本×バーレーン 2010 FIFAワールドカップ南アフリカ アジア3次予選_c0025217_513512.jpg

最終予選進出が決まっていた日本とバーレーンによる、1位抜け決定戦
土砂降りの中、現地で観戦したみなさん、お疲れ様でした。

ちら見してたけど、ジャンクSPORTSとか女子バレーのが面白かったかもな。
プライドに賭けて絶対に勝たなければいけない、という触れ込みがあったはずだが、そのような熱い思いがほとばしる試合、ではなかった。
前半こそ鋭いカウンターで一刺し、という気概を感じたバーレーンだが、後半は貝。
当然圧倒的なポゼッションを保ち続けた日本だが、引き出しが少ない。
手詰まりなサイド攻撃に追い越し、フォローは少なく、中との呼吸も今ひとつなためアーリーやらクロスのバリエーションも少ない。
玉田、寿人に楔は求められず、かといってワンタッチはことごとく呼吸が合わない。
バカンス感覚で来日、なんてニュースもあった割りにはバーレーンが結構球際強かったとはいえ、ミドルもない、ドリブル突破もない、ワンツーもない、で挙句のパワープレーかよ。
結局ゴールは生まれたし、そういうのは大事だけど、うーん。

フォワードの人材難は深刻だな。
玉田は長い時間ファイトできるいい選手になったと思うけど、ファーストチョイスとしてはどうかと。
いくら人とボールが動いても、中央で基点作れないのはしんどい。
中盤も遠藤アンカーを機能させるとすれば、憲剛だと少し物足りない。
展開は遠藤もできるので、もう少し動かないと受け手不足に陥る。
長谷部、松井は累積警告対策だったらしいが、個人的にはメンツ変わっても同じ戦い方を志せるチーム作りのほうが好き。
両サイドバックも迫力不足だなあ。
安田の怪我は気の毒だし、またしても交代に時間がかかった点は、長友ので懲りてないのかと問い詰めたくなる感じだが、ちょっとプレーが軽いよね。
今日の2人はまず、五輪で鍛えて帰ってくればいい。

なんだかんだで結果だけを見れば1位通過。
ただし、それだけ、という印象。
海外組を結構長いこと帯同させられたのはチームにとって、選手間にとってよかったと思うけど、戦術的な上積みはこの6月、ほとんどなかったように思う。
3次予選でこの苦戦ぶり、最終予選はかなり胃の痛くなるような戦いになるだろう。
一方でどの組も混戦模様だし、今の3次予選のようなドタバタ劇で抜けられるかもしれない。
どちらにせよ、今のままではワールドカップのGLでヨーロッパの国から勝ち点取るのは難しいことは確かだ。
by blue-red-cherry | 2008-06-23 05:34 | サッカー(FC東京以外)
<< スペイン×イタリア EURO2008 PIZZA-LA >>