オランダ×日本 北京オリンピック 男子サッカー予選リーグ

オランダ×日本 北京オリンピック 男子サッカー予選リーグ_c0025217_10333948.jpg

今日も今日とて(ry
さすがに消火試合じゃガラガーラだね。
反町ジャパンのラストゲーム、オランダ戦
わざわざ高いビール代を払って仕事中抜けしてまで見るなんて、物好きかな。

何が残念って、アメリカにしたってナイジェリアにしたって昨日のオランダにしたって、勝てない相手じゃなかったように思える。
暑さやグラウンドの酷さ、環境の要因も大いにあるが、対した相手はその触れ込みどおりの実力を発揮していなかった。
充分につけいる隙はあった。
一方で日本はベスト、持っているものをすべて出し切ったのか。
そこが一番悲しい。

悲しいといえば、チームのバラバラ感がモニターを通じて伝わってきたの、悲しかったなあ。
この期に及んで一枚岩になれてないって致命的だよ。
水本が西川が本田が細貝が。
ボールを奪われたとき、苦しい守備に追われたとき、矛先は常に己ではなく誰かに向けられ、それはチームを叱咤するものではなく誰かに責任の所在を与えて叱責するものにしか見えなかった。
必ず勝たなくてはいけない相手に対し五分の展開から徐々に劣勢に、挙句終盤に差し掛かるところで失点を喫したが、その後前を向いて戦うことを鼓舞するような雰囲気は誰一人として発していなかった。
試合後、本田圭は公然と監督を批判し(それ以前にコイツおかしい。審判批判に監督批判、自分のこと棚にあげすぎ)、森本はチームメイトとともに観客への挨拶をするのを拒否し足早にロッカーへ消えたという。

点を取るアイデアがなかったね、このチームには。
初戦の一発目のコーナーで見せたサインプレーくらい?
残念ながらフォワードは酷すぎた。
豊田が空中戦だけならワールドクラス?
寝言は寝て言え、鈴木健(←サッカー実況禁止でお願いします)。
楔になれないわ、体張れないならはたく技術もないわ、スペース作れないわ。
カウンターを主戦術にするチームでこれは致命傷。
元も子もないが、人選からして旗色は悪かったんじゃないか。

内田は軸になる選手がいなかったとか言ってたが、選手じゃなくてチームとして軸が作れなかったと思う。
いや、むしろ軸はサイド攻撃だった。
このチームで唯一高い評価で一致しているのが、A代表が3人揃ったサイドバック。
実際チャンスメークできていたここをいかに使うか、使ってどうするかが徹底されるべきだった。
それにしたって中があれじゃあ、というループに陥りそうだけど。

批判されまくってるが、オレは東京ファンだし、代表(と自分のひいきチームの東京戦)でしか見ない人よりは多く梶山を見ていて、彼の非凡な才能に惚れ込んでいる一人なので、そんなに悪くなかったというのが感想。
一人で打開して一人で決めてくれるような選手じゃないので(そういう部分もほしいけど)、前がうまくいかなければ横パス増えるし、攻守のタスクも整理されてなければ宙ぶらりんになりがちだ。
左足のシュートは宿題として持ち帰るとして、フィニッシュへの意欲は弱めだったかな。
サイド攻撃を活性化させるべく、持ち味であるロングレンジの展開力も見せられなかった。
確かに個人のパフォーマンスとして持ち味を発揮できなかったのは残念だが、彼を生かすチームでもなかった気がする。
覇気がないのはキライだが、ハードに動けばそれでいい、そんな風潮は好きじゃない。
ドレンテとの攻防がホットスポットだった長友もやはり悔いが残る大会になってしまった。
その大きな部分を占める初戦の敗北はしかし、彼が成長するための糧になるだろう。
とりあえず、お疲れ様(特に梶山、4年間……)。

オランダ×日本 北京オリンピック 男子サッカー予選リーグ_c0025217_10335769.jpg

ああすればよかったこうすればよかったがないこともないが、行き着くところは根本的なチーム作りに至りそうで不毛だ。
つうか井原はどこいったの?
ゴールに大きな大会があるチームは、それまでの長期的な強化の結果と課程をもっと問われるべきで、その反省が次に生かされるべきだ。
アトランタ、シドニー、アテネときて今回。
フランス、日韓、ドイツときて次の南アフリカ。
得るもの失ったもの。
未来はどうなる。
by blue-red-cherry | 2008-08-14 10:34 | サッカー(FC東京以外)
<< 麺や 維新 きのことオクラの明太マヨネーズうどん >>