2005年 06月 21日 ( 2 )

Re:和麺屋 長介

Re:和麺屋 長介_c0025217_2332777.jpg


予定どおり、つけ麺でリトライ。

以前に「長介らーめん」を食した際にも、ちらっと思ってはいたんだが、この魚系の強く感じられるスープと、種類豊富な薬味群はつけ麺でこそ実力を発揮するのでは?と。
その予感は正解だった。
それぞれの具や麺、スープについての詳しい記述は前回のを参照くだされ。
意外な発見だったのは、麺をもった皿に、塩分をぬいたタレがつけられてたこと。
それがどういう役割を果たしてたか説明できないのは、素人なのでご勘弁を。
濃い口が増したつけ汁には、アクセントの強い薬味がぴったりでおま。

というわけで、個人的には、コノ店ではつけ麺をオススメいたす次第。
by blue-red-cherry | 2005-06-21 23:37 |

中断期間中も超楽C-E-Z!!

J1リーグ戦が中断期間に突入してから、はや一ヶ月が過ぎた。
とはいえ、ナビスコもガンガン本気モードだったわけで、実質一週間くらいか。
さぞかし味気ない(しかも湿り気たっぷりの)日々が始まると思いきや、以外にも充実して、寝不足のため充血すらするサッカーライフとなっている。
コンフェデにワールドユースに、こんだけ代表の試合があればJが中断するのもやむなし。
楽しい日々をさくっとプレーバック。

6/15
ワールドユース2005 「日本×ベナン」


中断期間中も超楽C-E-Z!!_c0025217_12554520.jpg


水野、いい選手だねぇ。
そのハツラツに好感を持てるという点では、水野つながりで、水野裕子りんに通ずる。
さすがオシムジェフのもとで育てられただけあって、運動量と質の高さは特筆すべき。
窮地を救ったフリーキックよりも、小気味よく動き、何度も〝デカイの(w)〟を追い越して、ペナルティエリアに侵入していく場面が印象深い。
オレたちの梶山、時間限定で使うなら、スロースターターのチームだけに、後半見たかったな。
前半のミドルは圧巻だったし。

試合内容としては、平山偏重の攻撃パターンでは当然平山の調子が大きく作用し、底も浅いことが改めて露見された。
その中で選手たちが自主的につなぎ出したりとかしたら、今のジーコJAPANみたいな成長をとげるのでは?などという淡い期待も抱かせた。


6/16
コンフェデレーションズカップ 2005「日本×メキシコ」


中断期間中も超楽C-E-Z!!_c0025217_13183877.jpg


初めて会社の同僚+上司に「加地いいじゃん」と言われましたよ。
気付くのおせーよ!
柳沢へのアシストとなったニアへのクロスもよかったが、後半柳がカスったふんわりクロスが入ってたら、もっとよかった。
あっちのパターンのほうが多いからねww
しかし、柳沢との相性はよさそうだな、加地。
前半だけで例のアシストにシュート2本。
どきどきしながら、会社からの帰宅中にかった缶ビール6本は、試合終了時には見事に空になってたな。
ヒデさんのボランチも、いよいよ持ち前のディフェンス力を発揮しだしイイ感じ。
相手のメキシコは、そこまで強さを感じなかったが、ああいう勝ち方をするあたりを〝老獪〟っていうんだろうな。


6/18
ワールドユース2005 「日本×オーストラリア」


中断期間中も超楽C-E-Z!!_c0025217_13222797.jpg


またしても焦れる試合だった。
それにしても、0勝1敗2分の勝ち点2で予選リーグ突破って…
底が見えてるはずの平山大作戦+スロースターター+起死回生の一発という、お決まりのパターンでなんとか首がつながった。
とにかく、オランダ戦のときも書いたが、この世代での経験はホントに大きい。
一試合でも多く経験が積めることが大事だから、この際試合内容はよしとしちゃうか。
ところで、梶山がフル出場!
東京の試合でもほとんどそんな場面を目にしてなかっただけにオドロキ&心配。
怪我は大丈夫なのか?
でも、前節より格段にボールタッチも増えたし、精度もあがったし、それに終了間際に大仕事をやってのけたあたり、東京サポとしては嬉しい試合だったね。


6/19
コンフェデレーションズカップ2005 「日本×ギリシャ」


中断期間中も超楽C-E-Z!!_c0025217_13275172.jpg


この試合だけ生で見れなかった。
というのも、朝から法事で飲まされ、帰ってきてからはオレの誕生日を地元のみんなに祝ってもらって、なんとかキックオフ前に帰ったんだが、撃沈。
翌朝、録画しといたヤツを流しながら見たんだが、昨年の欧州選手権をかなりしっかり見ていた自分的には、ギリシャの凋落ぶりに驚いた。
これまた昨年のチェコ~イングランド戦を思わせる日本代表の充実ぶりにも同様に。
そして!
いよいよゴールに近づきつつあるオレたちの加地!
やっぱ4バックのときのほうが凄みが増すね。
一対一では必ず仕掛ける姿勢に、中へ入っていく動きもものにしつつある。
コレでクロスのバリエーションが増えれば、ナオが左足のシュートを身に付けた時期と同じように、大きく飛躍しそう。
あと、FW陣。
柳沢は相変わらず好調だね。
だけど、ゴールから遠ざかってるから(取り戻しつつあるが)、ループの場面とかでは、あのパターンでのゴール感覚が不足してた希ガス。
また点を取るのも時間の問題かな。
逆に玉田は深刻。
点が入る匂いがしない。
大黒の活躍は、なぜかJリーグの誇りという感じで凄く嬉しい。

結果的にブラジルとガチで決勝トーナメント進出を争うことになったことを考えると、あと2点、とっときたかった。
でも、このシチュエーションは相当燃える。




というわけで、今日というか明日早朝のユース・モロッコ戦より、また寝不足の日々が続く…
by blue-red-cherry | 2005-06-21 13:38 | サッカー(FC東京以外)