2007年 06月 01日 ( 3 )

チルドレン

チルドレン_c0025217_16515334.jpg

伊坂追っかけ読みシリーズ。
「魔王」とか「砂漠」とか「死神~」とか。
実は新しいのから入ってったんだけど、いつか読み直して書いとこ。
今回は文庫化されて間もない「チルドレン」

痛快娯楽作の「陽気なギャング」は置いといて、あれを除くと伊坂作品の中ではいちばん明るく、気持ちのいい作品かな。
家庭裁判所が舞台である以上、難しめな夫婦や親子の問題、それに中心人物の永瀬が生まれつき持つ、盲目と言うハンディーの話だったり、抱えるものはあるんだけど、そこで描かれるのがその設定をバネにしたポジティブさだったりして、気持ちいい。
5編からなる連作短編集だが、すべてのエピソードに関連性がある。
これは群像劇を得意とし、自分の作品をリンクさせる趣味がある伊坂作品の特徴が、短編集という形で凝縮された印象。
ただ絡めるだけではなく、過去現在の時間軸が背の順みたいな真っ当な並びじゃなくてあちこちに飛ぶんだけど、その並びが通して読んでると絶妙なんだよなー。
さすがだね。

相変わらず、スタイリッシュで甘酸っぱい。
どこか冷めているような世界観や書き方だけど、くすぶってる胸の中の火種に火をつけるエッセンスがたくさん詰まってる。
奇跡を起こす、奇跡を信じるってのがいいじゃない。
吹っ切れぶっ飛び系キャラの陣内だけど、実は地に足ついてたり、リアリストに見える鴨居や永瀬がロマンを持ったり、そういう冷たさと暖かさのバランスがいいよね。

ちょっとカッコよすぎる気がしないでもないが、嫌味には感じない。
若くても、年寄りでも関係ない。
夢見て、根拠の無い自信を持って、前だけ見て進んで生きたい。
by blue-red-cherry | 2007-06-01 16:52 |

節骨麺たいぞう 恵比寿店 5

そもそも結構お気に入りの「たいぞう」
なんだか店頭に感謝キャンペーンだの、にぎやかな感じがして、最近繁盛してる。
近寄ってみると、夏季限定でスタミナ冷やし和え麺なるものが!
今流行りの和え麺かあ。
行っとくしかないっしょ!

節骨麺たいぞう 恵比寿店 5_c0025217_1432026.jpg

てなわけでスタミナ冷やし和え麺です。
夏場のラーメン屋は暑い中で熱いもん出してるわけで、冷房がキンキン。
正直冷やしを食うにはちと寒いんだが、興味が勝る。
方々で話題の和え麺だが、まさかここで初体験するとは。
魚介のだしが効いた醤油ベースのスープに使った中太麺の上には、小ブロック切りのチャーシューに太目のメンマ、もやし、多量の鰹節、焦がしにんにくチップ、白髪ねぎとあさつきもついて、さらに別皿で温泉卵と盛りだくさん。
お皿と一緒におもむろに手渡された美味しい食べ方の手順に沿っていただく。

1.よくまぜてそのままお召し上がりください。
節骨麺たいぞう 恵比寿店 5_c0025217_148083.jpg

2.お好みでマヨネーズ・辛子をつけてお召し上がりください。
節骨麺たいぞう 恵比寿店 5_c0025217_1483960.jpg

3.最後に温泉卵を絡めてお召し上がりください。
節骨麺たいぞう 恵比寿店 5_c0025217_1491484.jpg


なるほど、これが和え麺か。
確かに具沢山で、スープもしっかりあるし、楽しい。
意外だったのが、冷たいながらも魚介の味を確かに感じたデフォのスープ。
これが美味かったのがポイント高いな。
シンプルに具だけ混ぜた最初の食べ方がいちばん美味かったかも。
魚介スープににんにくチップと鰹節、香りがすごくいい。
チャーシューもゴロゴロと入ってるので、肉欲も満たす。
マヨは支持派なんだけど、これ混ざるといきなりラーメン(つけ麺)ぽさが抜ける。
一気に焼きそばっぽくなった。
もちろん、ラーメンのようなたっぷり魚介スープではないので、屋台風の調味料も合う。
だけど、マヨと辛子でオリジナルスープの楽しみはちょっと落ち着いてしまったかな。
最後の温泉卵は見た目もいいし、まろやかな味わいが後半戦にマッチ。
食べ終わってさらになるほど。
これはトッピングで遊びたくなる。
カスタムしがいのある一皿。

面白かったな。
流行るかもね。
いや、流行ってんのか。
by blue-red-cherry | 2007-06-01 01:55 |

納豆とオクラの冷製カッペリーニ

今朝はめずらしくガッツリ寝坊してしまった。
週前半に仕事量を重目にしてるんだが、必ずツケがまわる。
スタミナつけようと思った昨夜のミッドナイト冷製スパゲティも不発か。

納豆とオクラの冷製カッペリーニ_c0025217_1343294.jpg

納豆とオクラの冷製カッペリーニ。
純和風な具もあって、そうめんみたいだな。
夜中だったがソースめいたものもしっかり作った。
簡易でだし汁を作り、冷蔵庫で冷やす。
あとは納豆&オクラに絡めた醤油とオリーブオイル、以上が味付けだ。

納豆とオクラの冷製カッペリーニ_c0025217_1344819.jpg

トロトロ、ネバネバ、イーネ!
カッペリーニと一緒に啜る。
だし汁ソースが全体をより滑らかにし、納豆まわりの醤油味も絡めとる。
あっさりしてるが、物足りなさは感じない。

次はもちょっとオサレなレシピにチャレンジしようかな?
by blue-red-cherry | 2007-06-01 01:35 |