2007年 09月 06日 ( 4 )

I am material boy

I am material boy_c0025217_17304537.jpg
I am material boy_c0025217_1731940.jpg

ポチっとやっちゃいました、iPod touch
ずるいよ、apple。
全然不完全なのに、こんなの欲しいに決まってんじゃん。
使用中の30GBがもう限界が近づいてるから3台目、新作発表タイミングで絶対に買うって決めてたけど、8or16GBって。
でもあのアプリケーションであのフォルムだし、仕方ないんだけど。
これじゃあハードに音楽聴くのには使えない。
Wi-Fiでコネクトしまくったり、おもちゃとして使うしかないな。
音楽も普段聴かない歌モノとかにグっと寄せて。
でもって、本格的に音楽聴くのはクリスマスまでまって、iPod Classicだな。
うん、それしかない。
まんまとのせられてます……orz。
でも、後悔はしてない。

I am material boy_c0025217_17294940.jpg

今でもいるんだろうけど、これを機に2台使いの人、一気に増えそうだね。
iPod2台を上手く持ち歩けるようなアクセもキボン。
手元に届くまでちょうど1ヶ月か。
待ーちきーれなーい。
by blue-red-cherry | 2007-09-06 17:32 | その他

あびすけ 元住吉店

本当に野暮な用で、会社を昼抜けして元住吉へ。
家からだったら20分くらいで着くかな。
近くて遠い、遠そうで近い、そんな感じ。
で、恒例、出先でその土地のラーメンを。
つけ麺専門店「あびすけ」に行ってみた。

あびすけ 元住吉店_c0025217_1595128.jpg
あびすけ 元住吉店_c0025217_1510089.jpg

麺が太い!
うどんだね、もはや。
コシの強さも讃岐のそれに近いっつうか。
小麦の味がうどんとは一線を画している。
つけ汁は甘辛な魚介豚骨Wスープ。
やすべえとかに似てるかな。
魚粉は浮かぶが、魚介よりも動物性の脂をすごく感じる味で、万人ウケしそう。
太メンマ、チャーシューに刻み玉ねぎと、具材もマナー通り。
麺のオリジナルな存在感は絶大だが、割とスタンダードなつけ麺だ。
惜しむらくは、あまり麺と汁の辛味が良くなく感じたこと。
あつもりにしたんだけど、麺が太すぎるからかな、麺は麺で主張が強いし、汁は汁でそれだけで美味いし、ってとこ。

またしても前日の酒が残っていたため、200gの並盛にしといた。
大盛も同一料金らしく、体調良ければ大盛にすべきだな。
あの麺を心ゆくまで堪能できる。
by blue-red-cherry | 2007-09-06 15:10 |

新東記

シンガポール政府お墨付きのシンガポール料理屋「新東記」
食べ歩き系のブログを読み漁ってて発見。
恵比寿の東口を線路沿いに目黒方面へ、そこそこ歩いたとこにある。
直近の坂道が割かしハードで、デブ気味のオレは汗だくでたどり着いた。

新東記_c0025217_2501595.jpg
新東記_c0025217_2502572.jpg

中へ入ると、近隣のOLさんでいっぱい。
ホールは気の良さそうなお母さんが回してる。
店内はパクチーの匂いで包まれており、食欲が増す。
メニューはどれも美味しそうで気になるものばかりだが、最も惹かれた肉骨茶を。
バクテーと読むこの食べ物は、読んで字の如し、牛骨と漢方の茶葉を煮たもの。
爽やかな茶葉の香りに、肉から出た旨味たっぷりのスープ。
夏の疲れきった体にピッタリの味と、効能。
見た目は真っ黒だが、醤油風味のスープは決して濃すぎることはない。
時折浮かんでいる、茶葉と茶の身がまた、不思議な香味を味わえて楽しい。
もちろん骨付き肉はしゃぶり尽くす。
あのへばりついている最後の肉をひっぱがして食べるのが……たまらんのよ。

新東記_c0025217_256872.jpg

ご当地の政府が認めた味。
そりゃあ不味いもんは出せないわな。
同僚が食べてたカレーを一口もらったが、それまた美味かった。
食前食後の運動がてら、たまに行くのも悪くない。
by blue-red-cherry | 2007-09-06 02:57 |

タコとセロリの冷製カッペリーニ

冷製カッペリーニウィークもようやくラスト。
しばらくはもう作りたくないね。
最後はガーリックオイルを冷やして、タコとセロリをマリネ風に。

タコとセロリの冷製カッペリーニ_c0025217_113177.jpg
タコとセロリの冷製カッペリーニ_c0025217_114436.jpg

いやー、今回は失敗した。
タコとセロリという具のチョイス、ガーリックオイルというソースのチョイス。
これはどちらも良かったんだが、調理が難しかった。
にんにくみじん切りをオリーブオイルで炒めるソースはいつもどおり。
問題はタコ。
刺身用のぶつ切りを買ってきたんだが、火を通したほうが美味そうだと思い、ガーリックソースに混ぜたところ、堅くなりまくり。
しかも生魚の香りがガーリックオイルに移ってしまい、にんにくの魅力が半減してしまった。
セロリはなんてことない、しっかり良い味と食感、香りを出してたんだけどね。
ポジティブに捉えればガーリックと魚介のミックス。
不味いわけではないんだが、理想的ではなかった。

試行錯誤も良くなるためには必要だ。
by blue-red-cherry | 2007-09-06 01:14 |