2007年 09月 07日 ( 3 )

MC's Act Like They Don't Know

「メーン」「ディスる」「練マザファッカー」。
これらみんなここ数日の検索ワードランキング上位に登場するワード。
地上波のパワー、恐るべしだね。

MC\'s Act Like They Don\'t Know_c0025217_15373480.jpg

見ましたか、9/4放送の「リンカーン」
芸人が違う畑に飛び込んで、揉まれ、成長し、お涙頂戴の「世界ウルリン滞在記」という企画で中川家のお兄ちゃんこと剛がこともあろうに日本語ラップのアングラきってのハーコー・ヤングブラッドのD.O率いる練マザファッカーに弟子入りするっつうぶっ飛んだ企画。
落とされたり見られたりする環境にあるようなので、機会があればぜひ。 

普通にエンターテインメントとして面白い。
笑える要素満載だし、実際何度見てもホロってきちゃう。
放送作家はかなりできるやつなんだろうな。
ある意味ベタベタな展開だけど、特異な言語感覚と、インプレッション強すぎるビジュアルをもったキャラクターを使い、さらにはあからさまな虚飾の中にリアルなライブ感を織り交ぜる構成力。

しかし、これは日本におけるヒップホップである種エポックメイキングな出来事になるんじゃなかろうかっていうのは飛躍しすぎか。
あのD,Oやらbay4kがプライムタイム、全国放送に堂々登場した事実だけでかなりすごいが、ともすれば日本でラップといえば、KREVAやリップはまだいいとして、ノーバディなんちゃらやらそれみたいな何か、とかが定義みたいになってる今。
それこそ強面でオラオラだけがクローズアップされるのはよろしくないとは思うが、こういうラッパーたちがいるってことをお茶の間に知らしめた事実。
何より、そこらへんのキッズがメーンとか、使いまくっちゃってる事実。
これって外来語ではあるが、日本語との組み合わせで異様に面白くなる、日本語ラップのワーディングの妙が理解されるチャンスなんじゃないかなんて、夢見ちゃう。
実際、検索されてるだけじゃなくて彼らのもとにはいろんな声が寄せられてるみたい。
これってやっぱり、ずっとなかった若い世代の新しい動きだよね。
ギドラとか、ライムスとか、ニトロとも違う新しいアプローチ。
先輩たちの背中を見てた結果とった新しいアプローチ。
このあとの動きが大事だと思うけど、ひとつ、成功だったんじゃないかな。

まあ恐らく、彼らはこんな深読みするやつが出てきたり、ヒップホップを安売りすんじゃねえっとかやっかむやつとか、何も知らずに「メーン」とか「ディス」とか言いまくるキッズが出てきたりとか、見た目おっかねえけど意外といいヤツじゃんなんて言われることとか、全部見越してやってると思う。
MC's Act Like They Don't Know。
誰がなんといおうと、D.Oはこの先も雷家族イチFRESHでアグレッシブなフローを聴かすだろうし、bay4kもSCARSでソロでその重厚でリアルな自分のシーンを切り取ってはスピットしていくだろう。
これはきっと始まりに過ぎない。

You must learn!
by blue-red-cherry | 2007-09-07 15:42 | テレビ

Writing Materials Cafe

台風すごいね。
これが直撃っていうんだね。
今、出社前なんだけど、行かなきゃダメだよね。
大人だもんな、仕方ない。
昨日もちょいちょい怯えながら近場でランチを済ませた。
会社から目と鼻の先、「たいぞう」の並びにある「Writing Materials Cafe」

Writing Materials Cafe_c0025217_935273.jpg
Writing Materials Cafe_c0025217_94336.jpg

10人も入ればパンパンの小さくて可愛らしいカフェを、もたいまさこ似のこれまた愛嬌のある女性が切り盛りする店内は、お昼時の恵比寿ビジネスマンでいっぱい。
思わず手伝いたくなる感じだが、外の看板でずっと気になってたブラウンチキンカレーを。
3、4日煮込んで作られたというカレーはトロトロ!
チキンもメチャクチャ柔らかくて、一部はルーと同化する勢い。
ここまで煮込まれたチキンカレーは、自宅で作った翌日の遥か斜め上を行く味。
具のチキンも大ぶりのものがゴロっと入ってて嬉しいし、スプーンで切れる柔らかさ。
付け合せのパスタやスープもまずまず美味しい。

オレの昼カレー欲求のチョイスに堂々、ラインナップ入り。
チキンカツカレーもうまそー。
ナポリタンもうまそー。
もうちょっとゆとりのあるときに来よう。
by blue-red-cherry | 2007-09-07 09:08 |

ツナマヨとセロリのスパゲティ

先日の「はなまる」はツナ缶特集。
一人暮らしももうすぐ一年、主婦の気持ちがだいぶわかるようになってきたオレとしては、出勤前の大事な時間とはいえ、はなまるの特集に釘付けになることが増えてきた。
ツナ缶の万能さには全国の主婦の方々も恩恵を受けているようで、納得。
ツナマヨの美味しい作り方を学び、それをスパゲティに早速応用した。

ツナマヨとセロリのスパゲティ_c0025217_853329.jpg
ツナマヨとセロリのスパゲティ_c0025217_8531243.jpg

なぜツナマヨが白いのか。
これが美味しさの秘密なんだけど、秘密もクソも、作り方は超簡単。
要は、ヨーグルトを入れただけ。
油を切ったツナにマヨネーズとヨーグルトを大さじ3杯ずつ、それを塩コショウで味調整。
以上、美味しいツナマヨの出来上がりだ。
お察しのとおり、ヨーグルトが入ることで酸味と甘味が大幅にアップ。
ちょっとサワークリームっぽくなる感じかな?
でもマヨの存在感は絶大だから、あの独特のチーズィでしょっぱ酸っぱい味は健在。
混ぜれば混ぜるほど味が深くなる。
セロリは粗みじんにして、香りと食感を楽しんだ。
ソースというには若干もっさりしてるが、クリームソースの類だと思えば十分。
通常のツナとマヨだけでは出せない滑らかさも、ヨーグルトが生んでくれる。

こいつはパンに、おにぎりに活躍しそうなナイスアイデアだ。
by blue-red-cherry | 2007-09-07 08:57 |