2008年 01月 07日 ( 3 )

都立三鷹


都立三鷹_c0025217_2095911.jpg
準々決勝と準決勝を2日続けてやるのに決勝は1週間空きってどういうスケジュール感だ、っと突っ込みつつ、都立三鷹の頑張りが胸を強く打ったので一言。

実力差があるのは勝負の世界ならずとも、この世の常であり、勝負ごと、ことサッカーに関してはこのブログでもそこに魅せられてることを吐露してきたが、ジャイアントキリングが存在するのも常である。
それで、都立三鷹の藤枝東へのチャレンジだけど、それは結構な壁が立ちはだかってたように見えた。
三鷹の話からは脱線するが、流経しかり、点を取れること、強い(または巧い)シュートが打てることは、当たり前だがゴールを奪うことが目的のゲームでは最重要であり、それが出来てるチームが高校年代ではかなり突出するんだなと。

ジャイアントキリングは結局見れなかったんだけど、勝敗を超えた感動があった。
三鷹の選手たちは、いつもは伸びない足が伸びて、いつもは届かないボールに触ることが出来てたと思う。
確かに美しいパスサッカーが好きで、豪快なゴールが好き。
だけど、一生懸命やってる姿って、限界超えて戦ってる姿って、良し悪しとか損得とか、ものさし抜きにして脳に心に訴えかけてくる。
そんなに古くから見てないし毎回きちんと見てるわけでもないけど、個人的にワールドカップで一番好きな試合は94年決勝のイタリア×ブラジル。
最も退屈な、とか言われてるけど、酷暑のアメリカで決勝まで残った強豪国がプライドをかなぐり捨て、完全に限界超えちゃってる必死の形相で戦ってる絵面は一生忘れない。

ベスト8って記憶はいつか風化しちゃうかもしれないけど、あの頑張りは忘れません。
by blue-red-cherry | 2008-01-07 20:13 | サッカー(FC東京以外)

阿修羅ガール

阿修羅ガール_c0025217_15261036.jpg

駆け抜けるように、「阿修羅ガール」、読了。
舞城作品、三連荘でそれなりにハード。

奈津川一家サーガからはすっかり離れた女子高生・アイコの物語。
文体は奈津川シリーズと変らず、主人公語り口調の一人称スティーロで、男と女の性別が変ったから世界は全然違うが、ライトなノリとスピード感は健在で、もはや読みづらくなくなってることに気付きつつ、オレも舞城作品にだいぶ慣れてきた感じがした。
03年の作品、当時の空気感を思い出せるかと問われれば思い出せないんだが、ちょと考えてみると今ほど2ちゃんも一般的ではなかったと記憶してて、オレも今ほど日常的に見ていたわけではなかったので、その幼稚さピックアップ的な部分とか、当時はいろいろと目に付いたんだろうと想像した。

直近に読んだ2作品に比べれば、グロもエロもたいしたことない。
男キャラを使い分けるのはまあありとしても、女子高生の心情と生態をこうも自然に描かれると、舞城王太郎って人はどんな才能の持ち主なんだろうと。
達観してる感じと、かつもがいてる感じとか、共通点は多いと思うけど、この手のキャラは嫌いじゃない。

序盤戦のガキ向けか?と思わせるしょんべん香るお話から徐々にぶっ飛びだし、妄想と想像に満ち溢れた世界にステージを移したかと思えば本当は怖いグリム的なエリアに踏み入れ、支離滅裂か、と疲れだしてきたがここまでキタから頑張って読みきろうと一分張りしてみたら、最後は上手にまとめられてて、天晴れ。
ミステリーは一応、一貫してるんだけど、もはやアクセントになっている。
これは青春ものであり、恋愛ものであり、家族ものであり、精神世界を描いたものである。
最後にオチがついたので、そしてそのオチも救えない起承転までのことを考えれば随分とポジティブで、途中まではあんまり好きじゃない作品として残りそうだったけど、最後まで読んで俄然、アリになった。

まだ手元にもう一冊、舞城ものがある。
読むけど……この人の本はちょっと女の子向けな気がしてて、そろそろハードな男向けを読みたい気分では、ある。
by blue-red-cherry | 2008-01-07 15:26 |

鶏団子鍋

鍋始めはシンプルに水炊き、にしようと思ったが鶏団子を凝ってみた。
そして失敗したww

鶏団子鍋_c0025217_11421872.jpg
鶏団子鍋_c0025217_11422555.jpg
鶏団子鍋_c0025217_11423295.jpg

鶏ささみのひき肉がタイムセールで半額だったので300㌘を購入。
この時点で量が間違ってたww
んで、これにしょうがのすりおろしをアクセント、大和芋をつなぎに使う。
さらに、エリンギと白ネギのみじん切りを食感用に入れてみた。
そしたら、大和芋が多すぎたのか、崩れる崩れるww
だが、味はいい。
タネをこねてるところから塩コショウで下味つけてたし、崩れたことでほかにも味が周ったかも。
結果オーライです。
豚バラ、白菜、きのこ、葛きり、豆腐とか、ほかの具材はいつもといっしょ。
白舞茸っての、初めて食べたが、風味が普通のより強くていい感じ。

団子作りすぎて、締めのうどんにたどり着かず。
by blue-red-cherry | 2008-01-07 11:42 |