2008年 01月 24日 ( 3 )

パナップ

パナップ_c0025217_1833298.jpg
パナップ_c0025217_18334014.jpg

パナップっつったらグレープに決まってるだろうが。
子供の時分から25くらいまでは少食で通ってたが、パナップのグレープと餃子と手巻き寿司だけは別腹でよく食うってのがオレのパブリックな食事情イメージだった。
半分当たり、半分はずれ。
つかそんな食生活のやつがすくすく育つかどうか疑問。

三つ子の魂百までで、餃子も手巻き寿司も大好きだが、パナップもまた、好き。
オフィスの効きすぎな暖房のもと、懐かしいジャムとバニラのハーモニーを堪能中。
そんな夕方。
by blue-red-cherry | 2008-01-24 18:34 |

納豆ツナと大根炒めバター醤油スパゲティ

昼のオサレスパゲティとは打って変わって、豪快な残り物スパゲティ。
期限切れ間近の納豆に、大根と玉ねぎ、ツナ缶を混ぜて炒めた。

納豆ツナと大根炒めバター醤油スパゲティ_c0025217_11571561.jpg
納豆ツナと大根炒めバター醤油スパゲティ_c0025217_1157231.jpg

大根は気付くといつも大根おろしにしちゃってたので、食感残した太めの千切り(もはや千切りではないかも)にした。
たまーにあるけど、大根炒めたの、結構美味いんだぜ。
お決まりのにんにくオリーブオイルをベースに大根、玉ねぎをガッと強火で。
火が通ったらツナ缶と納豆を焼きつかない範囲で一気に混ぜ合わせる。
味付けも最近お決まりのバターに味ポンです。
ソースらしいソースがない、フィリングなスパゲティ。
ソースがないので具をパスタと上手に絡めて食べるのがコツ。
醤油ベースにツナやら納豆やら、強めの素材の味が絡んできて、味付け自体は薄めでもパンチがある。
大根が1/4本、意外に多かったのでパスタを少なめにした。
濃厚だけどもたれることなく、美味しくいただきました。

大根炒め、香りはつきやすいし、程よく水分残るし、何より歯応えがいい。
オススメっす。
by blue-red-cherry | 2008-01-24 11:58 |

アンクルトム

本格的に雪降ったのってどれくらいぶりなんだろう。
それでも積もりはしなかったが。
横殴りの雪が舞う中、同僚に評判のスパゲティ屋、「アンクルトム」に初訪問。
あいにくの天候にめげず、次から次へと客が来る、人気店だ。

アンクルトム_c0025217_923213.jpg
アンクルトム_c0025217_924525.jpg

外でスパゲティを食べるときは、オーソドックスなやつを頼んでどんだけ美味いのかを確かめるか、家でできなそうなものを頼むか。
ここはトマト系、クリーム系、ガーリックオイル系、たらこ系などのジャンル別に数種類のメニューをもつタイプの店で、一通り目を通して迷ったが、かにのホワイトソースにした。
平たい皿に盛られたパスタはそれなりの量があり、またソースも中央に寄せられつつ、パスタにも絡んでたりで不足はない。
塩辛からず淡白でもない、ホワイトソースはコクと滑らかさが同居する絶妙なバランス。
玉ねぎなど、炒めた野菜からでる水分や油も混じっていい感じ。
カニのほぐしもそれほど大量ではないが、しっかりと味わえる。
なるほど、こいつは美味しいのう。

しかし一皿1000円、いや1200円以上が大半を締める価格帯はちょっと厳しいな。
でもホワイトソースがこの美味さだったら、トマトソース食べたくなるのが人ってもんだ。
by blue-red-cherry | 2008-01-24 09:08 |