2008年 01月 28日 ( 5 )

ミスタードーナツ

生活圏内にないと寂しかったりガッカリしたりする「ミスタードーナツ」
あれだけ楽しみにしてたのに、シンプソンズの映画とのコラボ商品を食べ逃した。
これも自宅に仕事場、実家と遊び場を含めて、生活圏内にないからだ。
疎遠になりがちだが、たまに食べると美味いんだよなー。
近くにできないかな。

ミスタードーナツ_c0025217_20592693.jpg
ミスタードーナツ_c0025217_20594193.jpg
ミスタードーナツ_c0025217_210921.jpg

リッチドーナツの新シリーズ
リッチドーナツの背景には昨今のドーナツブームがあるはずだから、クリスピーを意識したか、食感にこだわった感じがする、今回のイースト・シェル。
エアリーな食感はふわっふわで、空気を食べる感じ、クリスピーとは違うけど、空洞を含んだパンの食感ってある意味期待を裏切るから楽しい。
まさにフィルドして、満たしてるフィリングにスグありつけるのがこのドーナツのサイッコーなところ。
生クリーマーなオレとしてはエンゼルクリームはまさに、食べた瞬間、目の前に天使が見える。
柔らかい生地にとろける甘さのクリーム、たまりません。
カスタードは若干濃度が濃いっつうか固めで、もう少し滑らかさが欲しいかな。

100円セール開催中のお店は、長蛇の列だった。
愛され続けてるのはいいことだけど、身近な感じが売りだと思うんだよなー。
セール対象外のリッチドーナツを食べながら、やっぱり身の回りにあってほしい、改めて思いました。
by blue-red-cherry | 2008-01-28 21:00 |

豚バラと鶏むね肉と白菜の重ね鍋

わずかなスパンで再び重ね鍋。
豚バラの成功に味を占め、さらに良くなりそうなアイデアを持ち寄って、アゲイン。

豚バラと鶏むね肉と白菜の重ね鍋_c0025217_18435130.jpg
豚バラと鶏むね肉と白菜の重ね鍋_c0025217_1844352.jpg
豚バラと鶏むね肉と白菜の重ね鍋_c0025217_18441059.jpg

豚じゃ飽きるかなーなんて話してたら、鶏むね肉の薄切りなんて、見たことない感じの肉のパックを発見。
それと香味の部分では白菜・しょうがに加え大葉を加えてみた。
蒸すと素材の風味とエキスが全体に広がるのかな。
調味料で味付けするのもいいけど、素材の中から出る旨味ってのはなかなか得難いもんがある。
どうかな、と思ってた鶏むね肉も、締まった肉らしい歯応えがあって美味しかった。
大葉の爽やかさは量があっても食べやすく、この鍋、かなりお気に入り。

またやるね、確実に。
by blue-red-cherry | 2008-01-28 18:44 |

新宿中村屋本店 ラコンテ

「あしたの喜多善男」を見てるんだけど、序盤戦で毎回でてきた「新宿中村屋」のカレーがどうしても食べたくなって、行ってきた。
お初は大体その店の王道を攻めるんだが、今回は変化球。
地下フロアから地上5階までさまざまな業態が楽しめる新宿本店の中から、3階のバイキング「ラコンテ」にチャレンジしてみた。

新宿中村屋本店 ラコンテ_c0025217_1021332.jpg
新宿中村屋本店 ラコンテ_c0025217_10214579.jpg

選べるカレーは5種。
チキン、野菜、ポーク&野菜、豆、シーフード。
それにドライカレーも選べて、あわせる穀物も白いご飯にターメリックライス、ナンを選べる。
ほかにサラダ、スープ、フルーツとデザートもバイキングで、ソフトドリンクも飲み放題。
これで1500円はかなりのコストパフォーマンス。
早速カレーから攻め、まずはチキンと野菜を1/2づつ。
このチキンカレーがとにかく美味い。
やっぱりいろんなスパイスを感じるのと、じっくり煮込まれているのでドロドロに溶け込んださまざまな野菜や肉のエキスを味わえる。
甘味と辛味に深みとコクが合わさった、5種の中でも確実にナンバー1の味。
野菜は若干酸味がかってて、もちろんこっちには野菜の旨味が充満してる。
茄子やズッキーニなど水分を含んだ野菜にルウが良く合う。
最初の皿はターメリックライスにした。
香りがいい。
一気にいくと詰まりそうだったので、サラダ&スープで小休止などを入れつつ、楽しんでみた。

新宿中村屋本店 ラコンテ_c0025217_1027080.jpg
新宿中村屋本店 ラコンテ_c0025217_10271882.jpg
新宿中村屋本店 ラコンテ_c0025217_10272963.jpg

ここからは怒涛のスパート。
2皿目には豆のカレーと、ポーク&野菜カレー。
豆カレーは野菜に通ずる酸味がかったルウで、いろんな種類の豆がどっさり。
豆の淡白な味わいがまた、食感とともに楽しい。
ポーク&野菜のほうは、煮込まれてて期待の豚肉があまりなかったのが残念だが、チキンに次ぐ、野菜+肉エキスを感じる味わいで美味しい。
ここではナンを試したが、焼きたてのナンがまた、美味い。
表面をバターで焼いた香りと甘味もそうだが、ふんわりもちもちの食感が今までにない感じ。
ドライカレーも具沢山、2皿目にしてかなりの量。
しかし、5種類食べ尽くさないわけにはいかないのと、チキンカレーをどうしても最後に味わいたいという欲求で、白ご飯をベースにチキン&シーフードで締め。
最後にして欲張り、シーフードはイカやらホタテやら、具をどっさり入れてみた。
肉や野菜にはない渋みが出るね、シーフードには。
最初の感動そのまま、チキンがやっぱりいちばん美味い、と納得&満足して最後にフルーツポンチ。
あー、食った食った。

バイキングでこのクオリティー。
評判のインドカリーはさぞかし美味いんだろうなー。
絶対に食べるけど。
by blue-red-cherry | 2008-01-28 10:34 |

ヒロタのシュークリーム

子供のころの思い出のお菓子といえば「ヒロタのシュークリーム」
親がお土産で買ってきてくれた長方形の箱を開けるのが楽しみで楽しみで。
若干の値上げこそあるものの、今も変わらぬあの味が懐かしくなって、お土産に買ってみた。

ヒロタのシュークリーム_c0025217_2195880.jpg
ヒロタのシュークリーム_c0025217_220773.jpg
ヒロタのシュークリーム_c0025217_2201821.jpg

ヒロタのシュークリームといえば、カスタードだろうが。
これは譲れないスタンダード。
とろとろという表現がしっくりくる甘味たっぷりのカスタード。
この味がオレん中のカスタードであり、他の追随を許さないスタンダード。
薄めで柔らかい皮と若干のエアリー具合がまた、カスタードのとろみとミスマッチでいい。

ヒロタのシュークリーム_c0025217_2221219.jpg
ヒロタのシュークリーム_c0025217_2222374.jpg

そんなカスタードの牙城を陥れそうなのがツインフレッシュ。
カスタードの中に、軽くレモン香る生クリームが入っちゃってる。
そりゃ文字通り、鬼に金棒なわけで。
大人になってからはこっちのが食べてるかもしれない。

高級ブランドや有名パティシエなんかにゃ踊らされない、ホッとするお菓子だな。
by blue-red-cherry | 2008-01-28 02:24 |

未来講師めぐる

未来講師めぐる_c0025217_26115.jpg

金曜夜は、「未来講師めぐる」
第3話なわけだが、やはりクドカンなりテレ朝は確信犯的に深キョンを輝かせている。

例によって話の展開はどうでもよく、黒川智花の回だったんだが、予想通り黒川さんは深キョンの美しさを引き立ててくれている。
いや、タイプは違うから黒川さんは黒川さんの良さがあるとは思うけどさ。
ちぃ散歩の増量具合といい、深キョンの使い方に見られるのは、世の成人男子高生の反応を受けて本書いてんじゃねーのかっつうくらいの的の射かた。

未来講師めぐる_c0025217_21057.jpg

半開き……モユルスなあ……。
地井の爺さんが「エロイよなあ」はないと思ったが、仕方ないかもしれない。
毎回、ネ申展開っつうかネ申深キョンカット、感謝してます。

未来講師めぐる_c0025217_212093.jpg

悩めるめぐるは今後どうなってしまうのか??……には正直あんまり興味がないが、次回を楽しみに待ちながら、日々頑張ろうと思います。
by blue-red-cherry | 2008-01-28 02:19 | テレビ