2008年 06月 03日 ( 4 )

日本×オマーン 2010 FIFAワールドカップ南アフリカ アジア3次予選

日本×オマーン 2010 FIFAワールドカップ南アフリカ アジア3次予選_c0025217_15313959.jpg

すっかりさいたま開催だと思ってて、横浜か、さて行くか、という気にもならず、おなじみのftnkで観戦したアジア3次予選なのに正念場のオマーン戦
正直引き分け程度の傷で監督交代の流れなんかどうよ?って考えてたりもしたんだが、夕刻、長沼健氏の訃報に触れ、お涙頂戴は好きではないが、勝利が捧げられるべきだと思いなおして臨んだ。

そんな思いがピッチ上の選手たちにもあったかなかったかはわからないが、シンプルで分かりやすい、気持ちよいサッカーを見せてくれた。
攻守両面でのハードワークが徹底され、欧州組が率先する玉際の強さ、サイドに裏にスペースの有効活用。
日本代表クラスの人材が適材適所に配置されれば、当たり前のことをやるだけでこれくらいはできるのかもしれない。
その場その場でのチョイスの選択肢が多く、速く、正確だったのはオシム時代を経ているからかもしれない。
これが岡田のサッカー、だとは思わないがある意味、代表のサッカーってのはそんなものなのかもしれない。

俊輔と大輔のハードワークには目を瞠った。
世に海外厨と呼ばれるJリーグ蔑視の方々がいらっしゃるならば、オレはJリーグ厨、もしくは嫌海外厨で、Jリーグの選手にやや肩入れ気味なんだが、そんなJリーグ慣れしたオレの目には、中盤でガツガツ鋭いスライディングタックルそ仕掛けていくオフェンシブハーフの俊輔と松井のプレーに正直驚いた。
特に松井のスライディングの技術の高さはすごい。
足裏と取られかねない勢いと高さをもちつつ、人とボールのギリギリの線にうまく足が入り、ファウルになることはほとんどない。
スライディング抜きにしても、両選手は玉際かなり厳しく寄せる。
当然そのテクニックは自らのキープ時にも生かされており、存分に実力を発揮した。
さすが、だ。

しかし中盤でもっとも輝いたのは遠藤じゃなかっただろうか。
ピルロ化?
ハマったかな、アンカー。
位置取りがハンパなく的確。
真ん中のあたりをうろちょろとしてるんだけど、あのボールの周り具合の中で攻め上がりを自重できるあたりも遠藤らしいし、あの位置で遠藤の技術があるとプレッシャーを交わして精度の高い展開ができるから、数的優位がより多く生まれる。
また、よく見えるのか相手ボールになったときも、奪うまではいかずともディレイ役としてはきっちり機能。
まあ相手オマーンだけど。
うまいなー、いいとこいるなー、って感心することしきりでしたよ。

俊輔と松井も例えば往年の北澤とかみたいにガムシャラに動き回るって感じじゃない。
いくべきところは必ずいってたから、よく動いてたって印象なんだと思う。
遠藤もそう。
運動量で言えば長谷部の存在が大きい。
つうか大久保と玉田のチェイスも効いてたな。
それを言えば長友と駒野の上下動も豊富だったから、ってのもある。
うーん、守備専ボランチを外して臨んだ中盤が機能した功労者を挙げるなら「全員」、なのかね。

それにしても、大久保のゴール、闘莉王の落としは見事だったねえ。
あそこであの判断、ウイイレだったらよくやるけど、日本人フォワードであのシチュエーションであれキレイに決められる人、どんだけいるんだろう。
すごいな、闘莉王、嫌いだけど。

ワールドカップには出てもらわないと困るし、素直に喜びたい。
んだけど、喜べない部分もある。
俊輔と松井と長谷部いなくなったらどうなる?
オシムはまずそこから手をつけてたんだろうなあ。
まあなんにせよ、いい試合したんじゃないでしょうか。
半年後、最終予選のときにどうなってるか、2年後、ワールドカップのときにどうなってるか、そこがすべてです。

やべえ、オレたちの長友のこと書き忘れた!
怪我が心配だけど、頼もしかった。
とても代表キャップ3試合目だとは思えない堂々たるプレーぶり。
仕方ない部分が多いが、多少の緊張感からか、状況判断やパススピードではもちろん、まだまだ改善の余地はある。
とはいえ今はただ、日本を代表する左サイドバックとしてワールドカップをかけた戦いに臨んでいるオレたちの長友を誇りに思う。
by blue-red-cherry | 2008-06-03 15:35 | サッカー(FC東京以外)

節骨麺たいぞう 恵比寿店

相も変わらず歯の治療が続いている。
両の上の奥歯を一本ずつ神経抜き、根幹治療を続けていたが、右上の奥歯が快方に向かわず、遂に抜くことになってしまった。
来週からは手術のため大学病院と、根幹治療のため近場の病院と、2つの歯医者に罹る。
多少の不便はあるものの、食事は制限していない。
それがよくないのかな?
久々に店の前を通ったら美味げな限定麺を発見し、「節骨麺たいぞう」へ。

節骨麺たいぞう 恵比寿店_c0025217_11525238.jpg
節骨麺たいぞう 恵比寿店_c0025217_115327.jpg
節骨麺たいぞう 恵比寿店_c0025217_11531080.jpg
節骨麺たいぞう 恵比寿店_c0025217_1153236.jpg

新メニューは焦葱カレーつけ麺。
こがねぎ、と読みます。
カレーラーメンとかカレーつけ麺とか、そういえばラーメン屋のカレー味は食べたことがなかったかもしれない。
普段出しているメニューに使ってるものが使われているのかはわからないが、魚介豚骨をベースとしたと思われる、しっかりとしただしが味わえるあたりは、蕎麦屋のカレーうどんの和風だしが美味いのと似た感覚か。
とろーり濃厚なスープは中太ちぢれの麺によく絡む。
焦がしねぎの香ばしい風味はスパイシーなカレーにマッチして、つけ汁の風味をより豊かなものに。
実に美味しい。

とろとろ系なので麺によく絡み、最後は汁がほとんどなくなった。
スープ割りをそもそもやってるかどうかわからず尻込みしてしまい頼めなかったが、最後にスープ割りしたら面白かったかも。
by blue-red-cherry | 2008-06-03 12:02 | ラーメン

牛角

日曜はちょっとしたちょっとしてないお祝いで、「牛角」でディナー。
昼から飲みまくったビールのおかげで昼寝というか夕寝してしまい、21時すぎからの外食になってしまった。

牛角_c0025217_8441124.jpg
牛角_c0025217_8442346.jpg
牛角_c0025217_8443411.jpg
牛角_c0025217_8444383.jpg
牛角_c0025217_8445144.jpg
牛角_c0025217_845084.jpg
牛角_c0025217_84581.jpg
牛角_c0025217_8451621.jpg
牛角_c0025217_8452451.jpg

牛角は今年から肉に更なるこだわりを、と銘打ってたみたいだけど、その今年は初めてで、確かに肉が美味くなった気がする。
国産の上カルビが美味いのは当然として、ハラミや豚のけむり焼き、鶏に至っても普通に美味い。
サイドメニューも結構様変わりしてて、いくつかお気に入りがなくなっていたのは残念だったけど、肉の質の向上は間違いなさそうだ。
この1年、かなりハイレベルな焼肉も、その逆も食べてきたが、オレは牛角で全然満足。
いつもガッカリすることが多いんだけど、ここのレモン汁、酸っぱいだけじゃなくて味がついててよかった。
こういうとこがポイント高かったりする。
つか、ポイントといえばTSUTAYAのポイント貯まるのかよ!
教えてよ~。

何はともあれ、めでたい一日だった。
また1年、2年、3年……。
by blue-red-cherry | 2008-06-03 08:50 |

水炊き

長野の行き帰りで随分とモンハンを進めた。
随分こなれてきたもんで、あのフルフルも20分もありゃあ倒せるようになってきた。
イヤンクックに至っては10分切る。
と思って調子に乗ってたらイヤンガルルガが固くって手こずりまくった。
どうでもいい話。
貸切電車、岐路は時間調整のための停車が頻繁に入り、4、5時間の長旅。
飲んだりゲームやったり寝たりして、ぐったり気味で帰った僕(←気持ち悪い)を、鍋と風呂が待っていた。
ありがとう。

水炊き_c0025217_1343092.jpg
水炊き_c0025217_1343977.jpg
水炊き_c0025217_1345143.jpg

風呂入って、風呂上りにこの日、8本目となる缶ビールをグイっとやって、鍋で芯から温まる。
これから雨の多い季節に突入する。
東京の試合で濡れる日も、冷える日も来るかもしれない。
まだまだ鍋が活躍しそう。
さすがにビールっ腹、締めのうどんまで辿りつかず。

やっと長野の日が振り返り終わった。
日記をつけるのは楽じゃない。
by blue-red-cherry | 2008-06-03 01:44 |