2008年 06月 23日 ( 4 )

スペイン×イタリア EURO2008

スペイン×イタリア EURO2008_c0025217_14244970.jpg

丑三つ時のサッカー観戦もだいぶ慣れてきた。
EURO2008、決勝トーナメント1回戦のラストを飾るスペイン×イタリアをTBSにて観戦。
もう金やんに突っ込むのはやめにしようと思う。

まさにスタイルウォーズ。
ビルドアップからキッチリ繋ぎ、ボールを動かし人が動くことでギャップを生み出す能動的なサッカーを徹底するスペイン。
ピルロを欠くことでむしろブレはなくなり、伝統的なカテナチオ、強固な守備ブロックを基本に少ない人数でカウンターを仕掛けるイタリア。
どっちのサッカーが面白いとかではなく、ここまで対照的な両チームのぶつかり合い、どちらも徹したことで美しい戦いになった。

イタリアのディフェンスはやはり固い。
スペインは攻撃の核をなす中盤、フラットに並びながら縦横にその動きは流動的で掴みづらい。
さらに出しどころとなるトップの2人、ビジャとトーレスは動きの質が高い上に、ゴール前で圧倒的な強さを誇る。
この攻撃陣を相手に無失点で守り抜いたのは、純粋にスゴイ。
カンナバーロ、マテラッティという大会前のコンビを欠きながら、キエッリーニ、パヌッチの2人は獅子奮迅。
特にキエッリーニはフォワードのみならず、飛び出してくる中盤の動きにもつぶさに対応していた。
ザンブロッタとグロッソの両サイドも効いてた。
激しい上下動でスペインにサイドの主導権を握らせなかった。

しかし、そんな堅牢なイタリアに対し、徹底したパスサッカーを展開するスペインにはテンション上がった。
イニエスタやダビド・シルバは積極的にドリブルで仕掛け、相手ディフェンスを引きつけては切り返しやパスでいなす。
後方に控えるシャビにセナは、的確なボールコントロールと散らしでスペースを効果的に使う。
ダメなら戻し、組み立て直す。
これぞアクションサッカー。
イエローもらったイニエスタはともかく、シャビのダイレクトプレーは効いてただけに、もうちょい見たかった。
というかシャビが控えてセスクをもうちょい前目でやって、なんて絵も見たかった。
カソルラが空気だっただけに(PKはお見事)。
基本4人がフラットに並ぶ陣形でスペースをしっかり押さえながらも、いざ動きに関しては前後左右、各々高いレベルでバランスをとりながら自在に動く、人もボールものお手本のような中盤だった。

スペイン×イタリア EURO2008_c0025217_14251159.jpg

どちらも持ち味を出し切った戦いだったと思う。
7時までの消耗戦を見るのも苦ではなかった。
ブッフォンの美技はGLからここまで、非常に見ごたえがあったし、なんだかんだでイタリアの必至な姿と暑苦しい国歌斉唱は胸に響いた。
頑ななまでに守備ベースなイタリアと、ミドルにダイレクト、オーバーラップ、あらゆる引き出しを駆使して挑むスペインの対比は本当に面白かった。

今大会最後の良心的存在として臨むムードに包まれているが、スペインの次戦の相手はロシア。
組織的な守備がベースのロシアだが、いざ攻めにスイッチが入れば人数かけてダイナミックな姿を見せる。
攻め合いになればかなりの好試合が期待できそうだが、さて。
by blue-red-cherry | 2008-06-23 14:25 | サッカー(FC東京以外)

日本×バーレーン 2010 FIFAワールドカップ南アフリカ アジア3次予選

日本×バーレーン 2010 FIFAワールドカップ南アフリカ アジア3次予選_c0025217_513512.jpg

最終予選進出が決まっていた日本とバーレーンによる、1位抜け決定戦
土砂降りの中、現地で観戦したみなさん、お疲れ様でした。

ちら見してたけど、ジャンクSPORTSとか女子バレーのが面白かったかもな。
プライドに賭けて絶対に勝たなければいけない、という触れ込みがあったはずだが、そのような熱い思いがほとばしる試合、ではなかった。
前半こそ鋭いカウンターで一刺し、という気概を感じたバーレーンだが、後半は貝。
当然圧倒的なポゼッションを保ち続けた日本だが、引き出しが少ない。
手詰まりなサイド攻撃に追い越し、フォローは少なく、中との呼吸も今ひとつなためアーリーやらクロスのバリエーションも少ない。
玉田、寿人に楔は求められず、かといってワンタッチはことごとく呼吸が合わない。
バカンス感覚で来日、なんてニュースもあった割りにはバーレーンが結構球際強かったとはいえ、ミドルもない、ドリブル突破もない、ワンツーもない、で挙句のパワープレーかよ。
結局ゴールは生まれたし、そういうのは大事だけど、うーん。

フォワードの人材難は深刻だな。
玉田は長い時間ファイトできるいい選手になったと思うけど、ファーストチョイスとしてはどうかと。
いくら人とボールが動いても、中央で基点作れないのはしんどい。
中盤も遠藤アンカーを機能させるとすれば、憲剛だと少し物足りない。
展開は遠藤もできるので、もう少し動かないと受け手不足に陥る。
長谷部、松井は累積警告対策だったらしいが、個人的にはメンツ変わっても同じ戦い方を志せるチーム作りのほうが好き。
両サイドバックも迫力不足だなあ。
安田の怪我は気の毒だし、またしても交代に時間がかかった点は、長友ので懲りてないのかと問い詰めたくなる感じだが、ちょっとプレーが軽いよね。
今日の2人はまず、五輪で鍛えて帰ってくればいい。

なんだかんだで結果だけを見れば1位通過。
ただし、それだけ、という印象。
海外組を結構長いこと帯同させられたのはチームにとって、選手間にとってよかったと思うけど、戦術的な上積みはこの6月、ほとんどなかったように思う。
3次予選でこの苦戦ぶり、最終予選はかなり胃の痛くなるような戦いになるだろう。
一方でどの組も混戦模様だし、今の3次予選のようなドタバタ劇で抜けられるかもしれない。
どちらにせよ、今のままではワールドカップのGLでヨーロッパの国から勝ち点取るのは難しいことは確かだ。
by blue-red-cherry | 2008-06-23 05:34 | サッカー(FC東京以外)

PIZZA-LA

PIZZA-LA_c0025217_4441296.jpg

朝から晩まで大雨だった日曜日、結局1歩も外に出なかった。
ここまで徹したの久しぶり。
しかもサッカー中心の生活だったため、明け方EURO見て、今また見てるんだが、それまでは食っちゃ寝、食っちゃ寝のどうしようもない1日。
夕飯はこれまた随分久しぶりに「PIZZA-LA」を頼んだ。
歯の調子が良くなったら食べたかったメニューのひとつ。

PIZZA-LA_c0025217_4461294.jpg
PIZZA-LA_c0025217_4461979.jpg
PIZZA-LA_c0025217_4462517.jpg
PIZZA-LA_c0025217_4463687.jpg
PIZZA-LA_c0025217_4464373.jpg
PIZZA-LA_c0025217_4465076.jpg

ピザのデリバリーを利用するときは大抵、2人で一枚だったりするので、ハーフ&ハーフか、4種味わえるクワトロを頼む。
今回はトマトソースが美味そうだった、クォーターイタリアーナにした。
どの味も新鮮で大きめのトマトが味の中核をなしており、とにかくフレッシュ。
いつからか定着した薄い生地にたっぷりチーズがまたいい。
生ハムとバジルのイタリアーナがもっともトマト、チーズとの相性が良かったかな。
スパイシーかつ肉の旨味がたっぷりの、粗引きポークのイタリアーナも美味しかった。

さすがにあの雨じゃ似たような魂胆の人が多かったらしく、注文から到着まで覚悟はしてたが1時間オーバー。
でもまあ、持ってきてくれた若い坊やの顔みたら、ご苦労様って気持ちになった。
by blue-red-cherry | 2008-06-23 04:53 |

明石焼

明石焼_c0025217_43491.jpg

日曜の昼は日曜の昼らしく、粉もん。
関西ではホントにお好み焼きやらたこ焼きらしいね、いつも。
連れがお土産で買ってきてくれたたこ昌の明石焼をいただきました。

明石焼_c0025217_4353551.jpg
明石焼_c0025217_4354230.jpg

2、3年前に大阪出張したとき以来のたこ昌の明石焼。
レンジでチンしてふわふわの明石焼、不思議。
小麦と卵のハーモニーで香りもいいし、中はふわっふわ。
しっかり大きめのたこは歯応えもあって美味い。
濃い目のだしは文句なしの味で、むしろ薄めてちょうどいいくらい。
一口で一気にいけちゃって、あっという間に食べ終わった。

昼ビールは自粛したが、つまみにピッタリ。
何年かぶりに、家でたこ焼きパーティーでもしたい気分。
by blue-red-cherry | 2008-06-23 04:40 |