2008年 06月 27日 ( 3 )

死神の精度

死神の精度_c0025217_1934153.jpg

「死神の精度」、読了。
ここ最近はアイドルタイムをすべてモンハンに捧げてたので、久しぶりに本を一冊読みきった。

単行本が出たばかりの頃に一通り読んではいたので、読み進めていくうちになんとなく既読感と当時の記憶を思い出した。
伊坂作品は久しぶりだが、やっぱりいい。
このどうにもならない死神の平社員的シチュエーションがいい。
いや、正確にいえば、可不可の判断は下せるわけだし、今作の主人公である千葉という死神の無感動な性格がいいのか。
死に向き合う人間の喜怒哀楽や過去にフラットに触れる冷たさが心地よい。
底にはある種どうにもならない運命があり、人はそれを受け入れるしかなかったりするが、それを仕方なしとする千葉の存在が重い運命を読者にも受け入れさせてくれる。

そんな大前提の設定が、この人の作品をオレが好きな理由、バッドでもサッドでもハッピーでもないエンディング、を短編の終わりごとに味あわせてくれる。
どの作品読んでもこの胸をそわそわさせる感覚がたまらない。
リズムはあるし展開もあるが、浮き足立たない。
この人、反倫理的なものに対して、潔く立ち向かうよね。
そこがすごく好きなんだよなあ。
殺戮だなんたらって、そういうのを楽しんでたりすることもあるんだけど、やっぱり根っこはこういうところに安心するというか。
死神の視点で描かれる今作はそこまでの事件もないし、強い表現もないけど、やっぱり死神から見た人間のいびつさはアンチテーゼ。

オレはいざ自分の死が迫ったとき、この本の登場人物みたいに穏やかにそれを受け入れられるだろうか。
そんなことも考えたり考えなかったり。
by blue-red-cherry | 2008-06-27 19:34 |

油そば 東京油組総本店

油そば 東京油組総本店_c0025217_11164185.jpg

いよいよ大詰めのEURO、楽しみにしてたロシア×スペインを観るために仮眠をしっかりしようと、夜の自炊はやめて夕飯を外で済ませて帰宅後は即寝ることにした。
が!
結果的に寝過ごしたorz。
目的は果たせなかったが、初訪問した「油そば 東京油組総本店」の記憶を記録。

油そば 東京油組総本店_c0025217_11171739.jpg
油そば 東京油組総本店_c0025217_11172530.jpg
油そば 東京油組総本店_c0025217_11173226.jpg

赤坂だか赤坂見附だかに最近展開しだした店の渋谷店らしい。
渋谷組、なんつう屋号がつくようだ。
確か、広島ラーメンの店か博多豚骨の店があった跡地。
なんでか知らないがシャッターがぐにゃってなってた残骸が頭に残ってる。
オレは恵比寿から渋谷に歩く際の帰路の途中、「やすべえ」の手前って認識だが、その「やすべえ」と同じ会社を母体にもつらしい。
そのつながりか、同一の値段でボリュームを選べる使用。
ただし並は150ちょっとだったかで、大盛が220ちょっとくらい。
麺をがっつり、という感じなのでボリューム感はあるが、並だときっと、男子は物足りないはず。
食べ方等が書いてある張り紙によれば、端っからラー油と酢を混ぜてこその味らしいので従う。
よって、丼底に沈む醤油タレそのものの味はよくわからない。
よーく混ぜて食べた。
醤油、酢、ラー油入り混じるジャンクな味。
チャーシュー、メンマ、ねぎも入り乱れる。
旨味、甘味、酸味がかわるがわる襲ってきて、すべてが濃厚。

油そば 東京油組総本店_c0025217_11175029.jpg

多少飽きがくるのは仕方ないか。
「やすべえ」よろしくカウンターに備え付けの玉ねぎを投入。
この爽やかさは結構好きで、このサービスはすごく良いと思う。

油そば 東京油組総本店_c0025217_1118236.jpg
油そば 東京油組総本店_c0025217_11181254.jpg

さらには辛味と書かれた唐辛子ペーストも使う。
メニューにノーマルの油そばと辛味の油そばがあったけど、こっちのが二度美味しくていいんじゃないかとふと思った。
辛味ペーストはなかなかに辛く、まったく表情を変えた。
辛すぎたら酢を入れたり玉ねぎ入れたりで中和できたりと、ここで油そば(つかまぜそば)の正しい楽しみ方を知る。

ノーマルで食べたが、これはトッピングとかして楽しむのが吉だね。
卵も合うだろうし、薬味も合うだろう。
完成された、繊細な、とかいう満足感とはまったく違うものだが、これはこれでいいんだと思う。
席が狭すぎるのと、オペレーションがいまいちなのが玉にキズだが。
by blue-red-cherry | 2008-06-27 11:18 | ラーメン

東京オイスターバー

東京オイスターバー_c0025217_8462947.jpg

牡蠣を喰らいに「東京オイスターバー」に行ってきた。
といっても、昼だけど。
仕事の予定に振り回された昨日のランチ、ぽっかり空いた時間で行った遅めのランチ。

東京オイスターバー_c0025217_8474345.jpg

カキフライ定食を頼んだ。
ほかにはクラムチャウダーや、牡蠣のドリアなど。
ポテトサラダと小魚のマリネがつく。
どちらも美味い。

東京オイスターバー_c0025217_8485941.jpg
東京オイスターバー_c0025217_849927.jpg

事前に人のブログとかでその情報は得ていたが、ここのカキフライは身が大きい。
カキフライ定食で牡蠣2個は決して多くないが、このサイズならば納得。
衣も分厚く、ある種牡蠣バーガー的な食べ応えもある。
時期もピークではないと思うが、確かに身は大ぶりでハリがあり、ジューシー。
さすがはオイスターバー。
スープはビックリ、味噌汁だった。
定食にはこれがマッチ。

牡蠣好きならば、この暑い中でもカキフライが食べられる貴重なスポットだ。
梅雨の雨の中、結構冷えた昨日なんかはクラムチャウダー頼んでる人も結構いたな。
夜飲みにきてみたいところ。
by blue-red-cherry | 2008-06-27 08:52 |