2008年 06月 30日 ( 3 )

ドイツ×スペイン EURO2008

ドイツ×スペイン EURO2008_c0025217_2162143.jpg

Jリーグの再開に比べればトーンダウン(笑)なのはJを追っかけてるものとして仕方なし。
でも1ヶ月に渡る長い期間楽しませてくれたEUROのフィナーレ、「ドイツ×スペイン」をTBSにて生視聴。

アラゴネス監督が「これからは多くのチームがスペインをお手本にするだろう」といえば、決勝点のトーレスは「正義の勝利」と息巻く。
ドイツが悪だったかといえばそうではないが、スペインの華麗なアタッキングサッカーが貫かれた末の勝利に、今朝は朝から多くのサッカーファンが酔いしれただろう(酒は飲めなかっただろうが)。

決勝点はトーレスの気合と身体能力がラームとレーマンの集中力を上回ったゴール。
トーレスは値千金のゴールを奪ったわけだが、それ以外にもクワトロ・フゴーネスが前を向いてプレーすべく、体を張った、すべてのプレーに拍手を送りたい。
甘いマスクに隠れた闘争心に感服。
大会通じての活躍はビジャの後塵を拝したが、この試合での活躍は次のシーズン、その先のステージへ続いていくだろう。

クワトロ・フゴーネスを支えたといえばマルコス・セナ。
セナといえばアイルトン・セナだが、マルコス・セナの名もこの大会で大きく広がったはず。
ブラジル出身の選手としてEURO初戴冠とのことだが、その献身的な働き、爆発的な運動量と攻守におけるシュアなプレーは常に光った。
この試合でもドイツの中盤から前線を分断し、激しいチェイシングと冷静なインターセプトを見せたかと思えば、試合終盤に見せたダイナミックなオーバーラップ!
攻守の歯車が両輪かみ合ってこその現代サッカーにおける重要なプレースタイルを体現していた。

件のクワトロ・フゴーネス。
クワトロ・フゴーネスってカッコよくて使ってるのは完全にミーハー心ですww
後半、セスクがアロンソに、シルバがカソルラに替わったあとも変わらず創造的な中盤だった。
アイデアの豊富さは言わずもがなだが、どんなに狭い局面でもそのアイデアを実現する技術、それはプレッシャーの中でのトラップだったり、インサイド・アウトサイドからトゥキックまでを駆使するキックの種類、基礎レベルの高さが支えていた。
そしてアイデアの共有。
高いレベルを全員が志向しているからこそのワンツーであり、スルーパスでありダイアゴナル・ランである。
無冠の無敵艦隊の躍進が語られる際、チームのまとまりが引き合いに出されていたが、まさにこのサッカーを支えたひとつの要素だと思う。
シャビの落ち着き、セスクのダイナミズム。
イニエスタとシルバのシャープネス。
見事なハーモニーだった。
そうそう、決勝においては守備面での貢献も見逃せない。
攻撃時こそ自在なポジショニングにドリブル、パスで魅せてくれたが、守備時には中盤を両サイドからフラットにブロック形成し、各々のゾーンをきっちり守ってきた。
この綺麗なゾーンの後ろにセナが備える磐石の守りを前に、ゲルマン魂も沈黙するしかなかった。

攻撃面が目立つスペインだが、カシージャスと4バックの堅さも賞賛されるべき。
カシージャスはブッフォンとのPK対決を制し、その後もビッグセーブを連発した。
素晴らしいGKがそろった今大会だったが、ナンバーワンと呼べるだろう。
カプテビラ、セルヒオ・ラモスはそこまで目立った攻撃参加こそ見られなかったものの、ビルドアップも含め後方支援は徹底されていた。
マルチェナのハードマークは相手ストライカーの苛立ちを常に誘った。
闘将の名に相応しい鬼神の如きファイトをしていたプジョルには、頭が下がる。

こうして考えると、スペインは優勝に値するチームだね。
グループリーグでのビジャのブレーク、リーガ得点王として貴重な働きをしたグイサもいる。
ビジャを除けばファウルトラブルや怪我などのアクシデントが少なかったこともプラスだっただろう。
2年勝ち続けての欧州制覇は、ようやく手にした無敵艦隊の名に恥じない成績だ。
なにより小気味良いパスサッカーが手にしたビッグタイトルは、世界中のサッカーファンを喜ばせたと思う。

フランスの凋落をあげるまでもなく栄枯盛衰、群雄割拠のサッカー界。
グループリーグを華々しく飾ったオランダ、ヒディングマジックのロシア、意地を見せたイタリア、ドイツ。
ポルトガルをはじめとして、悔しい思いを抱えたまま大会を去ったチームも少なくない。
2年後のワールドカップ、世界の勢力図はどうなっているんだろうか。
楽しみは永遠に尽きない。
by blue-red-cherry | 2008-06-30 21:06 | サッカー(FC東京以外)

天鳳

雨天のサッカー観戦、選手にも屋根なしで応援していた方々にも申し訳ないが、屋根ありで見ててもなぜか雨の日ってドっと疲れる。
勝ち負けともかく、仕事で疲れた、とかに比べればだいぶマシなんだけど。
料理どころではなく、中野坂上駅前の「天鳳」、いつか行くかなと思ってたけど、行ってみた。

天鳳_c0025217_20114016.jpg
天鳳_c0025217_20114862.jpg
天鳳_c0025217_20115425.jpg
天鳳_c0025217_2012057.jpg
天鳳_c0025217_2012635.jpg

こじんまりとしつつ、いい雰囲気の中華料理屋。
アジアンテイストな店内は若者にも人気あり。
チンタオビールに餃子、小龍包、肉野菜炒めとつまむ。
おろしポン酢で食べる餃子は結構ジューシーで、にんにくもがっつり入ってる。
まさにビールと食べるべき味。
小龍包のほうも肉汁たっぷり、サイズもまずまず大きくって満足度は高い。
こちらはタレなしでもいけそうな味だったが、テーブルにあったラー油とも酢とも言え、さらにいろんな味が合わさった感じのタレをつけて食べるとより美味。
あのタレ、美味かったけど、なんなんだろう。

天鳳_c0025217_20122018.jpg

締めはねぎチャーシュー麺の半熟玉子トッピング。
「メントレG」でなんちゃら、っていうお店のふれこみに乗っかった。
散々飲み食いしたあとの締めとしてはあり。
ラーメンだけを食べにきての評価としてはちょっと厳しい。
そんな感じの味だったが、醤油とも味噌ともいえそうな、という感想が残ってるあたり、酔ってたか。

一品料理は軒並み美味かったので、また来る気がする。
by blue-red-cherry | 2008-06-30 20:12 |

FC東京×ジェフユナイテッド千葉 J1第14節

FC東京×ジェフユナイテッド千葉 J1第14節_c0025217_5163139.jpg

待ちに待ったリーグ再開一発目、千葉戦
SOCIO招待もあり、前売りも好調、前日に上位陣がそろって敗れたため勝てば、という完璧な舞台がそろった、そんなときに限ってこの梅雨いちばんの雨かい。
まあでも土砂降りだろうとなんだろうと、スタジアムがいい。
EUROよりも、CLよりも、東京。

FC東京×ジェフユナイテッド千葉 J1第14節_c0025217_517195.jpg
FC東京×ジェフユナイテッド千葉 J1第14節_c0025217_51773.jpg
FC東京×ジェフユナイテッド千葉 J1第14節_c0025217_5171480.jpg
FC東京×ジェフユナイテッド千葉 J1第14節_c0025217_5172095.jpg
FC東京×ジェフユナイテッド千葉 J1第14節_c0025217_5172755.jpg

来る夏に備えての暑熱だったり、押し込まれたりうまくいかないときだったり、様々な苦しい展開を想定してそこを乗り切りワンランク上を目指すトレーニングを積み重ねてきた東京にとっても、前半7分で退場者を出す展開は予想していなかっただろう。
「やべっち」でちら見しただけなのであのファウルとそれへの処罰が妥当かどうかはまだわからない。
しかし佐原のヘディング処理から生まれた一瞬の隙を見事に狙われてしまった。
これが佐原劇場の幕開けだった。

FC東京×ジェフユナイテッド千葉 J1第14節_c0025217_5182468.jpg
FC東京×ジェフユナイテッド千葉 J1第14節_c0025217_5184980.jpg
FC東京×ジェフユナイテッド千葉 J1第14節_c0025217_5185586.jpg
FC東京×ジェフユナイテッド千葉 J1第14節_c0025217_519161.jpg
FC東京×ジェフユナイテッド千葉 J1第14節_c0025217_5192646.jpg
FC東京×ジェフユナイテッド千葉 J1第14節_c0025217_5193531.jpg

今ちゃんのあまりにも切なすぎる去り方を見て感傷に浸る間もなく、80分、10人の戦い。
この日古巣対戦で燃えるキャプテン羽生が2人分走るにはおあつらえ向きの展開に。
羽生も走ったが、エメもが走った。
今ちゃんが抜けて、中央でバランスを取る梶山の両サイド、羽生とエメには甚大な運動量が求められたが、2人は攻守に見事に動いた。
特にエメはカウンターの起点になることも多く、奪ったボールを何度もゴール前まで運ぶ姿が目立った。
結果90分走りぬいたエメ、頼もしい。

しかし数的不利を感じさせない戦いを実現させた功労者は2人。

何よりPKをストップした塩田。
あのPKストップは10人で戦うチームに士気と一体感を与えた。
その後も度重なるビッグセーブ。
EUROを見ていてキーパーの重要性を改めて感じていたが、すさまじい集中力は守護神の名にふさわしい。

PKを獲得した平山相太。
相太の顔出し、キープ、競り合い、フォアチェック、彼が生み出した時間が数的不利を埋めた。
カボレの下に位置する新しいポジションで、中盤から前線の制空権を握り、足元のボールもときに簡単に、ときにがっちりとキープする。
状況判断とよさとその後のシンプルなプレーが、スピード不足を感じさせない。
胸トラからのボレー、あれが入ってれば。
10人の中、非常に好印象が残った。

FC東京×ジェフユナイテッド千葉 J1第14節_c0025217_520379.jpg
FC東京×ジェフユナイテッド千葉 J1第14節_c0025217_5201034.jpg
FC東京×ジェフユナイテッド千葉 J1第14節_c0025217_5201725.jpg
FC東京×ジェフユナイテッド千葉 J1第14節_c0025217_5202319.jpg
FC東京×ジェフユナイテッド千葉 J1第14節_c0025217_5203127.jpg
FC東京×ジェフユナイテッド千葉 J1第14節_c0025217_5203667.jpg
FC東京×ジェフユナイテッド千葉 J1第14節_c0025217_5204225.jpg
FC東京×ジェフユナイテッド千葉 J1第14節_c0025217_5205395.jpg
FC東京×ジェフユナイテッド千葉 J1第14節_c0025217_521024.jpg
FC東京×ジェフユナイテッド千葉 J1第14節_c0025217_52167.jpg
FC東京×ジェフユナイテッド千葉 J1第14節_c0025217_5211149.jpg
FC東京×ジェフユナイテッド千葉 J1第14節_c0025217_5212128.jpg
FC東京×ジェフユナイテッド千葉 J1第14節_c0025217_5212947.jpg

さて佐原劇場の続き。
1試合に数回あるコーナーのチャンスで1回はどんぴしゃがある彼だけにゴールの期待は高かったが、今ちゃんの退場に絡んだ中で責任とります、の一発。
男だねえ、持ってるねえ。
あのヘッダーはお見事の一言に尽きるが、それ以外の空中戦もほぼ完封している。
ビルドアップで今日、ドリブル突破したとこ見て驚いたんだけど、足元もなかなかいい。
欠かせない。
なんつったって、負け試合→勝ち試合にした張本人が怪我でピッチを離れている間の、負け試合に等しい気分にさせる失点。
長友のときもそうだったけど、ああいう失点って堪えるなあ。
まああのときは巻が入ってきて、徳を中に、フジを外に、なんて対応して混乱してたのもあるだろう。
これで最後決勝点、まで佐原だったら神すぎたんだけど、佐原は不可欠な選手、そんな1日。

PK失敗のカボレは不完全燃焼か。
1人足りない中でスペースもなくサポートも望めず、では仕方ない。
すべては数的不利の中の出来事。
サイドバックの上がりが自重なのも仕方ない。
むしろ安定していた最終ラインは数的不利を感じさせない戦いの基盤として十分な活躍だった。
梶山を中心に羽生、エメ、中盤は文句のつけようがない。
質・量ともに高く、中断期間の合宿の成果を感じさせてくれた。
負荷が高い戦いだったし、交代のカードの切り方は鍵になるかもしれない、と思っていたがもうひとつだった。
千葉は終始守備ブロックを崩すことなく戦ってきたので、ユースケ、赤嶺、大竹というフレッシュなアタッカー3枚にも冷静に対処した。
激しさを増す雨の中、ややボール扱いに苦労気味だったりと3人とも流れに入りきれないもどかしさがあったが、これからの戦い、チーム全員で戦うっていうところと、試合の流れを変えるってとこ、総力戦は間違いないので重要になってくるよ。

FC東京×ジェフユナイテッド千葉 J1第14節_c0025217_522615.jpg

ポジティブに捉えよう。
そう思える部分は多々見られた。
今ちゃんはもちろんだけど、佐原も相太もみんな切り替えだ。
水曜はカップ戦、トーナメントが始まる。
週末はアウェーに乗り込んで首位との大一番。
休んでる暇はない。

今年はアツい夏になりそうだ。
by blue-red-cherry | 2008-06-30 05:23 | FC東京