2008年 07月 03日 ( 3 )

FC東京×大分トリニータ ナビスコカップ準々決勝第1戦

FC東京×大分トリニータ ナビスコカップ準々決勝第1戦 _c0025217_11481767.jpg
FC東京×大分トリニータ ナビスコカップ準々決勝第1戦 _c0025217_11483026.jpg

かなり頑張って会社を出てきたつもりだったが、席に着くともう前半5分。
味スタ開催のときこそ、19時半キックオフにしてほしかった、ナビスコ準々決勝第1戦、大分戦

FC東京×大分トリニータ ナビスコカップ準々決勝第1戦 _c0025217_11491675.jpg
FC東京×大分トリニータ ナビスコカップ準々決勝第1戦 _c0025217_11493250.jpg
FC東京×大分トリニータ ナビスコカップ準々決勝第1戦 _c0025217_11494090.jpg
FC東京×大分トリニータ ナビスコカップ準々決勝第1戦 _c0025217_11494729.jpg
FC東京×大分トリニータ ナビスコカップ準々決勝第1戦 _c0025217_11495557.jpg

序盤、石川と平山を中心にダイレクトパスが繋がる。
ヒールを織り交ぜるなど、スキルフルなパス交換にテンションが上がった。
その2人のパス交換の流れから、椋原がペナ直前まで侵入してシュート(クロス?)した場面が昨日いちばん楽しかった瞬間かも。

なんとなく停滞感漂い、攻守に思い切りに欠けた前半。
どうにも覚束ない最終ラインの不安定さが伝播したか。
モニと吉本。
強さと速さを武器に、もちろんセンターバックなんだから守備ができることが大前提。
しかし、足元がやはりまずすぎる。
ボールを保持しながら好機を作り出していきたいならば、センターバックからのビルドアップも必須である。
佐原みたいに長いの蹴れないし、フジみたいに持ち上がる選択はないし。
自信の無さが手に取るように見えるんだよな。
またしてもウェズレイが流れてきて、ゴリラ番をさせられた椋原も、守備面がちょっとビビり気味だったかも。
オーバーラップはよかったんだけど、自陣での守り方は腰が引けてたし、ビルドアップでの絡みは消極的だった。

そんななんとなくの不安定な感じからか、全体的に引き気味の受け気味で、マークが少しずつずれるわ、玉際弱いわ。
金崎、前俊がちょこまか動いては、ホベルト、エジミウソンが効果的に絡む大分にむしろムービングされてしまっていた。

充実の平山は好調を持続。
赤嶺が空気だったため、前線でフィニッシュの仕事に絡めなかったが(だからこそ前での存在感・仕事が求められるともいえる)、中盤での顔出しとそこからの捌きっぷりは見事で、状況判断の良さが目立つ。
一方で栗澤の状況判断のマズさも引き立った。
週末のリーグ戦含めた判断でのメンバーだったと思うが、小平ではできているからの起用だっただろうに、パスのタイミング、コース、ワンテンポずれる。
試合勘が足りないのか、ほかに問題があるのか。
栗澤は出れば羽生と比較されることが多いと思うけど、単純に動きの量だけでも足りないのかもな。
いや、石川や平山、両SBの動き出しに対するタイミングのずれのほうがまずいか。
同じく消えがちだった赤嶺と2人でフィニッシュに絡んだ幻のゴール、ああいう動きも求められてると思う。
ゴール前への飛び出しに関しては、梶山の意識が高かった。
だからこその自重だったかもしれない。
卵が先か、にわとりが先か、だな。
どちらにしろ正念場なのは変わりない。

FC東京×大分トリニータ ナビスコカップ準々決勝第1戦 _c0025217_11501936.jpg
FC東京×大分トリニータ ナビスコカップ準々決勝第1戦 _c0025217_11502650.jpg
FC東京×大分トリニータ ナビスコカップ準々決勝第1戦 _c0025217_11503422.jpg
FC東京×大分トリニータ ナビスコカップ準々決勝第1戦 _c0025217_11504016.jpg
FC東京×大分トリニータ ナビスコカップ準々決勝第1戦 _c0025217_11504737.jpg

メンバー構成による停滞感があった前半、終了間際の同点ゴールはでかかった。
これで後半、選手交代なのか、城福力に期待して見ていたんだが。
モニ→フジの交代は怪我なのか出来が悪かったからなのか、監督コメントを読んでもわからない。
確かにフジのほうが安定したと思うが、どうだったんだろう。
でも大竹もベンチ外、ユースケもいないとなると攻撃のカードはカボレ、エメしかないしな。
いや、浄を入れて梶山を前に、って案はなかったか。

ともかく貴重な一枚を守備陣同士の交代で使ってしまい、残るカボエメの投入。
アウトが石川と平山か。
石川は怪我っぽかったからいたし方なし、なのかな。
平山は……温存?
ここ数試合は平カボが機能していたわけだし、赤嶺はどうみても試合に入りきれておらず、カボレに関しては孤立するのは目に見えていた気がする。
エメはもう今、ノリノリだから。
運動量多く、テクニックも惜しみなく披露してくれた。
だけど、動きが少ない。
平山みたいに顔出す選手もいないし、羽生みたいにスペースに出たり作ったりする選手もいない。
必然的にエメのチョイスもカボレしかなくって、2人よがりとでも言おうか、な悪循環にハマってしまった。
まあタラレバだし、例えば1試合を通じてチャンスを与えた、というメッセージだったのかもしれない。

FC東京×大分トリニータ ナビスコカップ準々決勝第1戦 _c0025217_1151147.jpg

何かが少しずつ足りなかった。
選手個々にしても、チームとしても。
大分はよく動くし、勝利への意欲が高かった。
ホーム&アウェーのノックアウトラウンド、初戦ホームで2失点しての敗戦は痛い。
まあでも、終わったわけじゃない。
90分残されているんだから、反撃のチャンスはある。
悪かったところははっきりしていると思うので、それぞれ挽回しようじゃないか。
1ヵ月後、大分にはキッチリリベンジしようぜ。

んで、週末は浦和戦。
たぶん、5年勝ってないはず。
チケ、SCのホームしか取れなかったから、囲まれないように気をつけなきゃだけど、あそこで勝ったら格別だろう。
積み重ねの中の1試合だけど、勝ちたい。
勝ちたい。
勝ちたい。

FC東京×大分トリニータ ナビスコカップ準々決勝第1戦 _c0025217_11511798.jpg

そういえば、最初に昨日いちばん楽しかったのは椋原のシュートかもって書いたけど、マッチデーのむっくんの笑顔がいちばんです。
あと、昨日のエルゴラの城福さんインタビューは必読。
さっさと切り替えて、木金適当に仕事流して、さいスタ決戦、ガンバロー。
by blue-red-cherry | 2008-07-03 11:52 | FC東京

まめぞん

週半ば、ビジネスランチでイタリアン。
恵比寿の裏手、ひっそり佇む「まめぞん」で。
当然、オレのチョイスではない。

まめぞん_c0025217_8352395.jpg
まめぞん_c0025217_8352870.jpg
まめぞん_c0025217_8353591.jpg
まめぞん_c0025217_835428.jpg
まめぞん_c0025217_8354872.jpg

ひよこ豆のスープに始まり、初鰹、赤オクラとかぶ、豚の煮凝りが並んだ前菜、うなぎとポルチーニのスパゲティ、そしてデザートへ。
いちいち説明してくれたから覚えてたわ。
赤オクラ、初めて見たよ。
味はより野菜のえぐみが増した感じ。
豚の煮凝りが濃厚で美味かったなあ。
うなぎとポルチーニのスパゲティは、テーブルに置かれた瞬間からポルチーニの香りがすごい。
クリームソースも香る。
味は濃厚。
さすがの美味さ。
だが、これね、この大きな皿にちょんもり盛られるスタイル、どうなのよ。
大食漢には物足りんのよ。
デザートは……美味しかったけど、なんて名前か、どういう構成かは忘れた。

メイン、肉のランチもあったので、そっちにすればよかったかも。
コースじゃないランチだったら、普段使いでも来れるかな。
似合わないけど、キライじゃない。
by blue-red-cherry | 2008-07-03 08:44 |

ツナの和え物×2

若者のエンゲル係数がなんちゃら!みたいな見出しを見てふと考えて、いや、考えるまでもなくオレの財政難はエンゲル係数に帰属する。
できるだけありもので料理しようと思ってはいる。
ツナ缶+安めの野菜で和え物×2。

ツナの和え物×2_c0025217_0385113.jpg
ツナの和え物×2_c0025217_039061.jpg
ツナの和え物×2_c0025217_039881.jpg

①ツナとニラと玉ねぎのマヨネーズ和え
ニラを熱湯でサッと茹で、玉ねぎの粗みじんをマヨソースで和える。
マヨソースはマヨネーズ、醤油、ポン酢のミックス。
基本の味は想像どおりなので、あとは好みでさじ加減次第。
ニラも玉ねぎも香りがきついので、ニラは茹で、玉ねぎは生、それぞれ水にさらす必要はある。
それなりに美味いんだけど、玉ねぎ1/2個って、粗みじんだと結構な量。
ニオイはとれないし、胸焼けするし。
これは気をつけたほうがいい。

②ツナとえのきのバター炒め
昨今値上げ食品の代表格とされるバターも、謎のチューブ式だと99SHOPにも売ってるのね。
そんなバターでえのきを炒め、良い按配のところでツナを足す。
混ざったものに黒コショウをまぶせば出来上がり。
味付けに力を入れた①に比べればそのまんま、雑な料理だが、こっちの味のがパンチはある。
ツナとバターの塩気を吸ったえのきがジューシー。
美味いっす。

まあつまみです。
これを片手にビールを2缶ほど飲んだが、二日酔いに近い症状をくらった。
でもこれは酒のせいではない。
玉ねぎの食いすぎだ。
同じものを食いすぎるのはたぶん、よくない。
by blue-red-cherry | 2008-07-03 00:51 |