2008年 07月 19日 ( 2 )

もんじゃ 来る実

もんじゃ 来る実_c0025217_10204036.jpg

昨晩は大阪から来た客人をもてなすため、月島でもんじゃ。
同行者のベタなチョイスに最初はどうかと思ったが、一応東京人のオレにも目からウロコの食べ方を知ったりと、大満足。
月島もんじゃストリートを少し外れた路地裏にある、「もんじゃ 来る実」
きのこバターやもつ煮をつまみに乾杯しつつ、東西の食文化の違いなどに花を咲かせて、いざ看板の甘海老もんじゃ。

もんじゃ 来る実_c0025217_10215551.jpg
もんじゃ 来る実_c0025217_1022392.jpg
もんじゃ 来る実_c0025217_10221227.jpg
もんじゃ 来る実_c0025217_10222215.jpg
もんじゃ 来る実_c0025217_10223036.jpg

海老の処理を除けば、基本的にたっぷりキャベツなどのタネで土手を作って、スープを入れて、という作り方は変わらない。
その海老は頭と尻尾を切り離し、身を土手と一緒に炒める。
無駄は一切ない、というのがひとつのキーワードで、頭からはしっかり味噌をだしてスープに混ぜ、搾り取った頭と尻尾は鉄板の両脇を使って、メインを楽しむ間にせんべいにするというこだわりよう。
果たして味噌の混じったもんじゃは海老の深いコクが出て、普通のソース味のもんじゃとは一線を画す仕上がりに。
そして食べ方。
半熟状のペーストをはふはふ、たまにおこげ見つけてウマー、というのが一般的だと思う。
しかし、お母さんはまず焦がす。
焦げができたら半熟の上部だけスライドさせ、その焦げをがっつりヘラで掬って食べる。
スライドしたもんじゃが焦げたら、また半熟部分だけをスライドし、以下ループ。
これが美味いんだ!
今までも十分楽しんでたはずだったが、焦げの部分はソース味やら野菜、具の旨味がぎゅっと詰まっており、とかくあっさりしがちなもんじゃながらもしっかりと味わえる。
これには濃い味好きの大阪人も満足してもらえた。
この食べ方、ほかでも試したい。
つか、たぶんこれがいちばん美味い。

もんじゃ 来る実_c0025217_10291741.jpg
もんじゃ 来る実_c0025217_10292538.jpg

続いて明太もちチーズもんじゃを同様にして食べ(その頃には「食べ方うまくなったねー」とお母さんにほめてもらえた)、最後は大阪からの客人にミックスお好み焼きを焼いてもらいフィニート。
路地裏の決して広くない店内は当然満席で、どのお客さんも満面の笑み。
煙臭さはハンパじゃないが、たまにはいい。

こんなにもんじゃ焼きを楽しめたのは初めて。
この経験はほかでもいかせそうだメーン。
by blue-red-cherry | 2008-07-19 10:32 |

ぶっちぎり鮨 春夏秋冬

暑い日はそばともども、なぜか寿司が食べたくなる。
腐っても江戸っ子の血が騒ぐのかね。
渋谷道玄坂を登り、「ぶっちぎり鮨 春夏秋冬」へ。
前回は大トロ炙り丼にしたので、今回こそ、15貫のサービスランチ、ぶっちぎり寿司を食べた。

ぶっちぎり鮨 春夏秋冬_c0025217_9573380.jpg
ぶっちぎり鮨 春夏秋冬_c0025217_9574146.jpg
ぶっちぎり鮨 春夏秋冬_c0025217_9574936.jpg

マグロ、サーモン、白身から貝類にいたるまで、すべてネタが大きい。
この量でこのサイズはパンチがあり、食べ応えがある。
うに、いくらこそないものの、ほかはある程度網羅されており、十分満足できた。
連れはねぎとろ隠し卵丼なるネーミングの丼をチョイス。
その名の通り、丼を埋め尽くしたねぎとろの下に温泉卵が潜んでおり、当然絡めて食べるわけだが、卵の甘味もさることながら、新鮮なねぎとろの旨味に驚いた。
こいつは美味い。

どちらも800円という超絶コストパフォーマンスだが、当然この日も大繁盛。
いずれまたお世話になるだろう。
by blue-red-cherry | 2008-07-19 10:01 |