2008年 07月 23日 ( 3 )

崖の上のポニョ

崖の上のポニョ_c0025217_1173619.jpg

「崖の上のポニョ」、公開初週に見に行ってきた。
「マジックアワー」見て、その前は「魔法にかけられて」。
メルヘンでミーハーで、うん、実にオレらしくていい。

ジブリへの特別な愛はなくて。
そういえば「ハウルの動く城」を去年あたりに見たが、その前は「もののけ姫」が最後。
「天空の城ラピュタ」も「風の谷のナウシカ」も好きだけど、熱狂的な人たちほどの熱はない。
ちなみにそのほかは「となりのトトロ」、「魔女の宅急便」、「紅の豚」、これが全部かな、見たのは。

今どきノーCG、セル画オンリーで作られた新しくって古き良き作品。
オープニングからクレヨンで描いたような、絵の具をこぼしたような、鮮やかで温かい色彩に包まれる。
ポニョの棲む海は単一な色ではなく、およそこの世の色という色がすべて表されているかのような美しい世界。
あの質感に頭からもってかれる。

深読みすれば多少汲み取れないこともないが、これといって社会派なメッセージも感じない。
何かしらの警鐘をしてきたジブリ作品が今、エコだのなんだのとにわか社会派が氾濫する世の中に、ピュアな子供向け映画を作ってきたことがメッセージなのかも。
公式ページの作品紹介をクリックすると読める宮崎駿、その人の言葉にも何か、強引なまでの意志を感じる。

この人の感想とか、面白かった。
ポニョの突き抜けたピュアな思いは、むき出しだからこその輝きと愛くるしさがある一方で、大人からすると眩しすぎて少し刺々しかったりする。
そこをすんなりと受け入れる少年、宗介に救われた気持ちになった。

いけない、いけない。
常に物議を醸し出すジブリ作だけに、ついつい深読み、勘ぐりたくなっちゃう。
そういうの抜きにして、初見の感想は、子供のようにピュアに楽しんだ。
ポニョと宗介のラフでラブリーな愛の萌芽にキュンとして、親子の愛に胸が詰まって、すべてをアリにするファンタジックな展開に胸のすくような思いをした。
いろいろ言われてるけど、オレは好きでした。
by blue-red-cherry | 2008-07-23 11:07 | 映画

喜多方ラーメン 坂内

久々に「坂内」
当初は富士そばのカツ丼にしようかと思ったが、例によって新メニューののぼりに惹かれて誘い込まれた。
今週は月曜休みだった上、夜は飲み、週末忙しいというグズグズなスケジュールなので、メシにゆっくり時間をかけられないのだ。

喜多方ラーメン 坂内_c0025217_0534048.jpg
喜多方ラーメン 坂内_c0025217_0534880.jpg
喜多方ラーメン 坂内_c0025217_0535572.jpg
喜多方ラーメン 坂内_c0025217_054365.jpg
喜多方ラーメン 坂内_c0025217_0541120.jpg

とろろつけ麺。
ストレートな醤油つけ汁にとろろがイン。
正直家で食べるめんつゆ+とろろとどう違うのかと問われれば返答に困らないこともない。
だがそれがいい。
だって麺はオレの好きな坂内の縮れ平打ち麺だし、チャーシューは脂身たっぷりのいつものチャーシュー。
メンマとねぎだって美味しいし。
つけて食べて良し、ぶっかけて食べて良し、と書かれたうたい文句に準じ、序盤戦はつけて食べ後半戦はぶっかけて食べた。
啜ってナンボの冷やし麺、夏季限定ならではの一杯。

オレは好きです。
こういう近い感じのラーメンも。
by blue-red-cherry | 2008-07-23 00:58 | ラーメン

讃岐うどん大使 東京麺通団

自分に突っ込みたい。
ま た 麺 通 団 か。
でも飲んだあとにちょうどいいし、新宿は何かと使い勝手がいいので仕方ないんよ。
別にそんなに大好きなわけじゃないんだって。

讃岐うどん大使 東京麺通団_c0025217_015038.jpg
讃岐うどん大使 東京麺通団_c0025217_015953.jpg
讃岐うどん大使 東京麺通団_c0025217_0151944.jpg
讃岐うどん大使 東京麺通団_c0025217_0153690.jpg

最初は西新宿のあの立地も不便というか遠いと思ってたが、なんだかんだで慣れる。
むしろ「はなまる」とかより近いし(新宿比)、あのセルフの頼み方だったり流れ具合だったり、慣れるとあれがスタンダードになる。
ってことで、一玉ずつ違ううどん+天ぷら+銀河高原ビールのコンボもいつもどおり。
坦々麺ライクなたんたまを初挑戦し、ぶっかけのひや。
あとはげそ天となす天。
たんたまは味濃い目、存在感の強い肉味噌がすべて。
釜卵に乗せてるんだが、釜卵の面影はない。
焼きうどんに近いくらい、味のするうどんって感じでそれ自体は酒にもあう。
一方が濃い味、具の主張も強いだけに、ぶっかけのありがたみも増す。
たんたまを食べきったあと、爽やかさを求めてぶっかけを食えば救われた気にすらなる。
ただしこの量はやりすぎ。
食ってるときでも多少あれかな、という思いはあるんだが、家帰ってから気付く。

あまり食べ過ぎると飽きるのも早い。
ちょっと間を置いたほうが良さそうな気がする。
by blue-red-cherry | 2008-07-23 00:21 |