2008年 07月 31日 ( 2 )

瞠 恵比寿店

瞠 恵比寿店_c0025217_11514883.jpg

うどんを挟んだりはしているものの、ラーメンばかり食べている。
さすがに続きすぎだろっと自粛する予定だった水曜の昼、「瞠」でずーっと縁のなかった冷やし麺の看板を発見。
食うでしょ、そりゃ。

瞠 恵比寿店_c0025217_1152440.jpg
瞠 恵比寿店_c0025217_11521421.jpg
瞠 恵比寿店_c0025217_11522451.jpg
瞠 恵比寿店_c0025217_11523372.jpg
瞠 恵比寿店_c0025217_11524258.jpg

一度で二度おいしい煮干しと味噌の冷やしぶっかけ。
ベースは煮干しの醤油スープ、別盛の味噌を後半投入して味に変化をつける仕組み。
締めて冷やされた麺は割りと多めの煮干しだれに浸かっている(半身浴程度)。
煮干し、メニュー名に出るだけのことはあって、かなり香る。
ストレートな醤油なのでともすればしょっぱさが際立ちそうだが、煮干しの渋めな味わいが角を丸めてる感じ。
若干とろみもあり、麺との絡みもいい。
かつおぶし、大根おろし、わかめと具も冷やしっぽいものがそろう。
どれもスープの尖った味を柔和する。
冷やし中華全般に言えることだが、温かいスープより味が尖って感じる分、飽きやすい。
そういう意味で変化をつけるアイデアはナイス。
味噌は特段変らない味噌だが、煮干しスープに溶かすとまろやかさとコクが増す。
確かに味噌だ。
だしの効いた味噌というイメージで、味噌ラーメンとも味噌汁ともつかない、新鮮な印象。
濃いは濃いが、ついついスープまで飲み干してしまった。

なんとなくイメージとは違ったが、美味しかったな。
いつも楽しませてくれる創作意欲に感謝です。
by blue-red-cherry | 2008-07-31 11:53 | ラーメン

らあめん とろそば屋

らあめん とろそば屋_c0025217_055513.jpg

国立帰りの夜食の記録。
早々にコンコースに逃げ込んだため、体が冷えたとかそういうのではないし、結局ビールも2杯しか飲んでないのでどうしても汁物ってわけでもなかったがなんとなく。
なんとなくといえばなんとなくスルーしてたんだよ、「とろそば屋」
あんまり流行ってなさそうで若干心配してたんだけど、結構長持ちしてるよね。
昨夜も満席とはいわずとも、なかなか客足はよかったし。

らあめん とろそば屋_c0025217_0571330.jpg
らあめん とろそば屋_c0025217_0572096.jpg

普通に醤油ラーメンを食べた。
今思えば、メインビジュアルで使われてる鶏もも肉、あったのだろうか。
あったのなら頼むべきだった。
でも昨日は2杯しか飲んでないのに、なぜか胃の調子悪かったし、まあ妥当。
鶏ベースで押し切った感があるスープはシンプル。
鶏の風味、脂に醤油が溶け込んだ、懐かしい味。
この手のラーメンはある種外さないからいい。
中太麺は軟すぎず固すぎず、まずまず。
チャーシューもしっとり系で美味しい。

突出した何かがあるというわけではないので、所謂行列店ほどのパンチはないが、普通に美味しいラーメンだと思った。
それを知るだけで来た甲斐はあった。
by blue-red-cherry | 2008-07-31 01:02 | ラーメン