2009年 10月 07日 ( 3 )

鶏とマコモダケの中華風炒め

月曜の夜は、前日送られてきたマコモダケを使った炒め物。
そもそもオレがマコモダケの名前を知ったのは、数年前の「ぐるナイ」のゴチバトル。
横浜の中華料理屋を舞台にしたバトルで、その中で登場した肉厚のマコモダケがなぜか強く印象に残っていた。
して、先日初体験の末、きのこじゃないことを知るところから始まったわけだが、たけのこ同様、中華食材としての相性の良さはうなずける。

鶏とマコモダケの中華風炒め_c0025217_23175448.jpg
鶏とマコモダケの中華風炒め_c0025217_2318074.jpg
鶏とマコモダケの中華風炒め_c0025217_2318577.jpg

鶏肉を使いつつも、鶏がらをベースにした味付けの餡が美味い。
醤油やソースほど尖ってはないが、確かな旨味が程よい塩加減と相俟って優しい。
鶏は柔らかく、ジューシーで、その歯応えが魅力のマコモダケとは対象的でバランスがいい。
しいたけに白菜、にんじんと、ほかの野菜にもたれがしっかり染み込んでいて、炒め物ながら体が芯から温まる感じ。

これで今回の分は使い切ってしまったわけだが、マコモダケ、うまし。
チャンスがあれば、また食べたい。
by blue-red-cherry | 2009-10-07 23:20 |

弁当

月曜日の弁当。
日曜日が名古屋戦の勝利だったから、比較的穏やかに過ごした…はずの月曜日。

弁当_c0025217_2352643.jpg
弁当_c0025217_235329.jpg
弁当_c0025217_2353621.jpg

ハンバーグは出来合いの冷凍食品かと思いきや、朝ちゃんと焼いててくれたらしい。
どうりでふっくら、肉汁たっぷり。
フライにゆで卵、いつもどおりの美味しさ。
長芋の和え物だけちょっと、汁気が出すぎたのが難だったが、久々に快調な週頭に、いい昼メシ。

弁当生活も気付けば半年くらいか。
ありがたやありがたや。
by blue-red-cherry | 2009-10-07 23:07 |

豚きのこ鍋

Twitterやらtumblrやら始めたらこっちがおろそかになってきてしまった。
キャパ的にはそろそろ限界な気もするが、すべて意味的な部分での棲み分けはできてるので、続けたいと思う。
で、食事の記録を振り返る。
日曜の夜は、この秋冬シーズン、一発目の鍋。
マコモダケが送られてきたのにあわせて、きのこメインの鍋。

豚きのこ鍋_c0025217_224296.jpg
豚きのこ鍋_c0025217_22421566.jpg
豚きのこ鍋_c0025217_22422590.jpg
豚きのこ鍋_c0025217_22423191.jpg
豚きのこ鍋_c0025217_22424046.jpg

って、マコモダケってきのこじゃないのね。
食べてわかったけど、たけのこと同じく、芽の類。
食感も、表面的には無味ながらも、確かなエグミのあるところとか、そっくり。
たけのこ大好きなのでこれは嬉しい誤算。
きのこは先日使って調子よかった白舞茸にえのき、エリンギなど。
どれもマコモダケのフレッシュな歯ごたえに負けず劣らず食感がいいんだけど、食感もさることながら、香りがいいよね、きのこは。
それ自体が発する香りのほか、軽くだしで味付けた汁にもがっつり香りづけ。
そのきのこベースの鍋でしゃぶしゃぶ用の豚バラをさくっと湯がいて食べる。
美味い~。 途中からは薬味的にとろろを足して啜る。 締めはきしめん。

鍋最高。
いろいろと、アイデア鍋をディグらなきゃー。
by blue-red-cherry | 2009-10-07 22:42 |