2009年 12月 04日 ( 5 )

鶏とじゃがいものバジル焼き

金曜夜は、ちょっと体調微妙だったので早めの帰宅。
ご飯炊いたり、下準備をし、おかずを連れに作ってもらってさくっと食べた。
久しぶりにオーブン使った焼き物。

鶏とじゃがいものバジル焼き_c0025217_23535117.jpg
鶏とじゃがいものバジル焼き_c0025217_23535679.jpg

気持ちいつもより鶏エキスが多めに出てた印象。
皿にはなみなみ、鶏から出たスープが広がり、一口大の鶏肉、じゃがいも、ブロッコリーが浸ってる。
柔らかい鶏、歯応えのあるじゃがいもにブロッコリー、食感を楽しみつつ、染み込んだ鶏エキスもたまらん。
あますとこなく味わうため、皿に溜まった鶏汁をご飯にかけて食べた。
言うまでもない。

明日は人生2度目のビッグスワン。
朝早いのでちゃっちゃと寝ます。
W杯の抽選会は早起き時にディレイで見ます~。
おやすみなさい。
by blue-red-cherry | 2009-12-04 23:56 |

蒙古タンメン中本 目黒店

また雨明けで晴れた金曜は、足を伸ばして「中本」目黒店
週一なら許容でしょ。
目黒は月替わり3回制という、嬉しくもあこぎな商売してるゆえに目が離せない。

蒙古タンメン中本 目黒店_c0025217_2347572.jpg
蒙古タンメン中本 目黒店_c0025217_2348299.jpg
蒙古タンメン中本 目黒店_c0025217_23481280.jpg
蒙古タンメン中本 目黒店_c0025217_23481968.jpg
蒙古タンメン中本 目黒店_c0025217_23482434.jpg
蒙古タンメン中本 目黒店_c0025217_23483288.jpg
蒙古タンメン中本 目黒店_c0025217_2348413.jpg

今年何回目かの麻醤麺に、半ヒヤミスープ、サービス券使って半ライスのコンボ。
麻醤麺のたれをご飯と麺、それぞれに使い、麻醤丼と麻醤麺で食べ、麺の半分はヒヤミスープにつけて食べた。
中本流ジャージャー麺のこれ、麻醤麺はもう、定番化してほしいよね。
辛いのダメな人の入り口のひとつとして、この旨味の凝縮は蒙古麻婆前のステップになり得る。
ひき肉たっぷりなので、肉の旨味も加わってて本当に、普通に美味しい。
ご飯への相性もバッチリだった。
ヒヤミで辛ウマへの渇きも満たし、満足。

ウイルス接近してるし、温度差激しいし、こんなときこそ中本で気合い入れとく。
by blue-red-cherry | 2009-12-04 23:52 | ラーメン

アストン・ヴィラ×トッテナム・ホットスパー イングランドプレミアリーグ09-10 第14節

アストン・ヴィラ×トッテナム・ホットスパー イングランドプレミアリーグ09-10 第14節_c0025217_12341073.jpgアストン・ヴィラ×トッテナム・ホットスパー イングランドプレミアリーグ09-10 第14節_c0025217_12341760.jpg
アストン・ヴィラ×トッテナム・ホットスパー イングランドプレミアリーグ09-10 第14節_c0025217_1234223.jpgアストン・ヴィラ×トッテナム・ホットスパー イングランドプレミアリーグ09-10 第14節_c0025217_12342856.jpg

プレミア第14節、ビッグロンドンダービー、マージーサイドダービーと好カード目白押しの週となったが、個人的に最も注目してたカードが、アストン・ヴィラ×トッテナム・ホットスパー
今季、チェルシーがちょっと抜けた強さを見せている中、最大の見所は4位争いだと思っている。
リバプールがこのまま沈むとも思えないが、この4位争いを面白くするもつまらなくするも、ヴィラやスパーズ、シティ、エバートンといったところの頑張りが絶対条件だ。
それは彼ら渦中のチームが最も分かっているところで、直接対決が盛り上がらないはずがない。
実際、前節9得点と勢いハンパないスパーズに対し、ホームながらも徹底して相手の良さを消しにかかったヴィラ、がっぷりよつの、緊張感溢れる試合を堪能させてもらった。

ヴィラの徹底したレノン潰し、対するスパーズはニコ・クラニチャルが奮闘、この構図が印象深い。
ヴィラの左サイド、ルーク・ヤングはほとんど上がらずにレノンからスペースを奪い、左翼のアタックを担うアシュリー・ヤングもまた、攻撃面よりも、下がってルーク・ヤングとのサンドイッチでレノン対策に多くの時間を割いた。
これにより、前節1ゴール3アシストのレノンは沈黙。
最低限の仕事はこなせていたが、持ち味の突破は完全に封じ込められた。

その分目だったのが、好調を維持するニコ・クラニチャル。
左サイドを基点にカットインする形で、レノンの右サイドを除きプレーエリアは中盤から前、ほぼ全域にわたる。
引いた地点からの配給、バイタルに入ってのミドルと、存在感が際立つ。
ヴィラのプレッシャーがかなり厳しかったため、スパーズの攻撃はその都度、クラウチ狙いに偏りがちだったが、ニコのところに収まると、展開力、仕掛けのアイデアとリズムが変わり、チャンスが生まれていた。
パスを出すにしても仕掛けるにしても、その懐深いキープと、寸でのところまで引き付けて相手をいなす技術の高さがベースになっている。
パスにしろシュートにしろ、キックは強く速く正確で、こんなにいい選手だったのかと、思わせるシーンの連続だった。
運動量も惜しみなく、両軍攻守に上下動激しいゲームの中、終盤はさすがに消耗が見えたが、十分すぎるほど働いていた。
つい1ヶ月前までは完全に浮いちゃってたのに、このゲームでスパーズの攻撃を裏でリードしていたのは間違いなく、ニコだった。

ピンポイントでハイライトを拾うとレノン封じ、ニコの奮闘ってところなんだけど、この試合がタイトだったのは両チーム、チームとしての集中した、拮抗した力関係に拠るところが大きい。
まず好調スパーズに対しリスペクトしてきた、ホーム・ヴィラの強烈なプレス。
レオ・コーカーとペトロフが中央、バイタルから前をどっしりと固め、前述のアシュリー・ヤングのように、右サイドのミルナーもSBとのカバーでサイドを埋める。
スパーズが最終ラインから3列目のセンター、ハドルストーン、パラシオス、ニコに入れるタイミングから猛然と、フラットに並んだ4枚のプレスがかかる。
寄せの速さは出色で、スパーズにパス回しをさせない。
弛まないプレスの連続は美しく、また、そのあともしっかりと見据えられていたからこそ意味があった。
ヴィラはこの激しいプレスのあとのショートカウンターで勝ち点3を狙い続けた。
カリューは楔、空中戦で体を張り、ワンクッション置いたり、ダイレクトで流れを加速したり、その体躯を遺憾なく活かす。
そこにアグボンラホール、アシュリー・ヤング、ミルナーとスピード溢れるアタッカー陣がサイドに裏に、駆け込むカウンター。
特に体力が充実していた前半、その強度はすさまじく、開始から縦への圧力で立て続けに奪ったセットプレーの末の先制点、コーナーキックの混戦をアグボンラホールが押し込んだ先制点は狙い通りだっただろう。
後半半ばからは、さすがに高い位置でのプレスが弱まり、スパーズに押し込まれる時間が続いたが、それまでのハイプレス+カウンター、押し込まれても最後の最後で体を張った守備(クエジャル目立った)、見事な戦いぶりだった。

ストロングポイントである片翼を封じられ、中盤の激しいプレスを前に劣勢を強いられたスパーズも、集中力は高かった。
跳ね返されては攻めなおす、その繰り返しのゲームだったが、セットプレーの失点以外は防いだ。
ヴィラの高速カウンターに対するケアは怠らず、能動的な攻撃を許さなかったスパーズの守備意識もまた、褒めて然るべきかと。
そしてレノンを封じられつつも焦れず、繰り返したクラウチアタック、リズムを変えたニコのコントロール、攻撃のバリエーションの多さも実感させる。
ハドルストーン、パラシオスは厳しいプレッシャーに遭い、たまのミドルくらいでしか見せ場がなかったが、焦れずに続けたことが後半、ずっとスパーズのターンという状況を生んだ。
中盤のプレスが弱まった後半半ば以降は、ニコとクラウチに加えて、パラシオスと交代で入ったジーナスが光った。
引き付けるキープと、縦横に変化を生む展開力が活き、若干ながらレノンのマークを剥がすことにも成功していた。
引いた相手をこじ開けようと腐心した結果、セットプレーからドーソンのボレーで追いつく。
どちらもこのゲームでやるべきプランを貫き、それで得たセットプレーから得点しているというのが興味深い。

だらだらと思ったより長くなったが、とにかく意地と意地がぶつかり合い、かつ冷静にそれぞれの持ち味を出し合った好ゲームだった。
両チームの状況、状態を考えれば、悪くない痛み分けだったんじゃないかな。
この辺が潰しあうのはもったいないけど、両軍とも高めあって、最後までビッグ4の牙城に立ち向かってほしい。
by blue-red-cherry | 2009-12-04 12:35 | サッカー(FC東京以外)

OUTBACK STEAKHOUSE

木曜の夜は雨の中、渋谷を斜めに横断し、「OUTBACK STEAKHOUSE」へ。
アニバーサリーに肉を喰らった。
この店、いつ出来たんだっけな。
少なくともオレが宇田川に足繁く通ってるころにはなかったような。

OUTBACK STEAKHOUSE_c0025217_11285585.jpg
OUTBACK STEAKHOUSE_c0025217_1129096.jpg
OUTBACK STEAKHOUSE_c0025217_1129558.jpg
OUTBACK STEAKHOUSE_c0025217_112997.jpg

広いね、ここ。
バースペースみたいなのを挟みつつ、縦に横にゆったりスペース。
席もいかにもアメリカンな革張りシートがずらっと並び、いい感じ。
チキン、ベーコン、ゆで卵にトマトなんかを固めて山にして、さらに何種かのカットチーズを散らしたクイーンズランド・サラダをオイル&ビネガーで。
かなり食べ応えあった。
ステーキは連れと300グラムのアウトバック・スペシャルをシェア。
ミディアムレア、スライスしてもらったそれは赤みが美しく、柔らかく、そしてフレッシュ。
マッシュルームがたっぷり入ったグレービーソースも文字通りグレービー。
うまうま。
このいい意味で大雑把な感じが好き。

一区切りですかね。
まだまだ続きますよー。
よろしくです。
by blue-red-cherry | 2009-12-04 11:30 |

弁当

木曜は一日雨。
この冬は快晴→雨→快晴→雨の繰り返しだな。
気温はあまり変わらないんだろうけど、体感温度がだいぶ違うので、健康管理が難しい。
隙は見せられない。
食事と睡眠、衛生面には細心の注意を。

弁当_c0025217_1165025.jpg

弁当_c0025217_1165575.jpg
弁当_c0025217_117080.jpg

一人暮らしの自分に作ったもやしつくね、連れが気に入ってくれたのが懐かしい。
再現してもらったそれがメイン。
挽き肉ともやしががっぷりよつで組み合ったパテが美味い。
味しっかり目の卵焼き、ひじき、唐揚げなど。
バランス良し。

雨降りの日は、気分転換の散歩もできず、ツライ。
外回りの営業が聞いたら怒りそうだけど、一日会社にこもる業務にもそれなりに辛さはある。
by blue-red-cherry | 2009-12-04 11:07 |