2009年 12月 14日 ( 3 )

ウェンディーズ

日曜は午後から映画鑑賞で渋谷へ。
起きたのも遅かったんだが、ズレズレで腹減りマックスだった15時すぎ、この日初の食事を「ウェンディーズ」にて。
寝耳に水の撤退報道以来、早く行かねばと思っていたところだった。
場所は文化村と宇田川が交わるあのエリア。
レコード買った帰りに、ダチとああでもないこうでもないとかって話した思い出がよみがえった。

ウェンディーズ_c0025217_1157521.jpg
ウェンディーズ_c0025217_11575782.jpg
ウェンディーズ_c0025217_1158213.jpg
ウェンディーズ_c0025217_1158712.jpg

駆け込み需要か、いつになく混んでた店内。
なんとレジには「チリ品切れ、15時半販売再開」との文字。
どんだけー。
15時25分くらいだったんだけど、粘ったら売ってくれた。
この時期の風物詩、クリーミーマッシュルームチキンサンドをチリチーズフライセットで頼んだ。
このクリームソース、マッシュルームっていうソースのチョイスも画期的だったように思う。
サクサクのチキンととろとろのクリームソース、マッシュルームの風味、傑作だ。
チリチーズフライはこれだけで客を呼べる、サイドメニューを超えたサイドメニュー。
連れが頼んだウェンディーズチーズバーガーも一口もらう。
オーロラソースともサウザンソースとも取れる濃厚でフレッシュなソース、それに肉汁溢れるパティ。
ウェンディーズのバーガーはミートパティが売りなのを改めて思い出した。

悔いのないよう、もうちょっと食べに来たい。
最後にスーパーメガウェンディーズ、もう一度やってくれないかな。
by blue-red-cherry | 2009-12-14 11:58 |

餃子

金曜の夜は餃子。
最近の定番、「王将」の持ち帰り餃子。

餃子_c0025217_1123140.jpg
餃子_c0025217_1123680.jpg

皮もちもち、肉汁たっぷり、旨味濃い目の味付けで言うことナシ。
うまく焼けさえすれば、バッチリの餃子が楽しめる。
持ち帰りの生餃子としては相当ハイレベル。

これ、渋谷店で買って帰ってくるんだけど、ホントあそこの「王将」、行列絶えないなー。
アメトーークでやって以来、ガラガラなの見たことないかも。
by blue-red-cherry | 2009-12-14 01:14 |

蒙古タンメン中本 吉祥寺店

遠い昔の記憶のようだが、金曜の昼は「中本」吉祥寺店へ行った。
12月の限定、中本風坦々麺を食すために。
吉祥寺は平日のオレにとって遠いようで近く、近いようで遠い。

蒙古タンメン中本 吉祥寺店_c0025217_103061.jpg
蒙古タンメン中本 吉祥寺店_c0025217_103566.jpg
蒙古タンメン中本 吉祥寺店_c0025217_104026.jpg
蒙古タンメン中本 吉祥寺店_c0025217_104492.jpg
蒙古タンメン中本 吉祥寺店_c0025217_10532.jpg
蒙古タンメン中本 吉祥寺店_c0025217_105840.jpg
蒙古タンメン中本 吉祥寺店_c0025217_11429.jpg

以前新宿店で北極坦々麺なる限定を食べたが、中本と坦々麺の辛さは似て非なるもので、どっちに寄るかが味の決め手になるように思う。
吉祥寺の坦々麺は、この坦々麺用のスープらしく、蒙古タンメンでも北極でもヒヤミでもない、ほのかに酸味と甘味を感じる、粘度高めの坦々麺スープに仕上がっていた。
しかし中に潜む辛うまの味噌スープはまさしく中本のそれで、また表面を覆う熱々の油もまた中本のそれ。
中本の辛味と坦々麺の辛味と風味、それぞれのいいとこどりでかなり美味い。
また大量の辛味ひき肉も存在感絶大で、その旨味がスープにいい影響を大きく与えている。
先月の肉味噌つけ麺もそうだし、今回いよいよ初挑戦した吉祥寺セットにもたっぷりのひき肉。
吉祥寺はひき肉使いに長けてる印象がある。
その吉祥寺丼は、ひき肉とたけのこの角切り細切れとキャベツの千切りを乗せたもの。
このたけのこの食感もたまらなく、この丼もかなりのクオリティだった。

素晴らしい限定。
これも定常メニュー、イケるクオリティだった。
吉祥寺は限定で通ってるお店じゃないけど(季節の北極除く)、やればレベル高いんだろうな。
by blue-red-cherry | 2009-12-14 01:06 | ラーメン