2009年 12月 23日 ( 3 )

麗郷

火曜の夜は連夜の忘年会。
というよりは伸び伸びになってた送別会がメインだったはずだが、時節柄、忘年会だった、のかな。
しばらく前から気になってた「麗郷」を提案し、それが通ったので念願の初訪問。
10人以上の予約しか受け付けていなかったため、飛び込みになったが、待つこと約1時間近く。
待った甲斐はあったと思う。
でもできれば待ちたくないww

麗郷_c0025217_11976.jpg
麗郷_c0025217_1191325.jpg
麗郷_c0025217_1192224.jpg
麗郷_c0025217_1193040.jpg
麗郷_c0025217_1194020.jpg
麗郷_c0025217_1194746.jpg
麗郷_c0025217_1195451.jpg

微妙な席配置だったので大皿ではなく、取り分けた小皿の写真のみ。
台湾料理屋なのに青島ビールがなかったのは残念だったが、黒ラベルで始めて中盤からは紹興酒、ボトル2本空けた。
基本味付けは塩気強め、香り付けに八角やパクチーでフレッシュにされている感じ。
蒸し豚、ミミガー、チャーシューと豚肉メニューで始めたが、どれも締まりつつジューシーで美味い。
人気メニューの腸詰、枝豆の高菜炒め、麻婆豆腐は是が非でも食べたかった逸品。
身がぎっしり詰まって、かつ肉の旨味が凝縮された腸詰はストューピッドフレッシュ!
とろみがかった餡が優しい味わいを生み出した枝豆高菜も人気が頷ける味。
麻婆は山椒が効いて、程よい辛さ、どれもバッチリ。
それだけで紹興酒2本を空けるにはちと足りず、ビーフン、ピータン、鶏肉とカシューナッツ炒め、青菜炒め、レバニラと、よくもまあ、食べた。
でもそれぞれ一人前、5人でシェアでちょうどよかった。
一人前の皿で結構な量あるし、あまりセーブせずに飲み食いして一人5,000円弱。
このクオリティを考えればかなり安いほうだと思う。

麺類、チャーハンとかご飯モノにも惹かれるなー。
中本以外のランチのチョイスとして使いたいかも。
団体だったこと、休日前、忘年会シーズン真っ盛りだったこともあって待ち時間がかかったが、2人連れ、一人だったらピークでも割りとすんなり入れそう。
でも、大人数でシェアがお徳、だと思います。
by blue-red-cherry | 2009-12-23 11:17 |

鳥竹

月曜の夜は駒込のもつ焼き屋さんでJサポ飲み。
例によってwebで繋がった方々とわいわいがやがや、美味いメシと酒で盛り上がった。
写真を撮り忘れた、というより端から撮る気がなかったんだが、メシも本当に美味いので、次行ったときはちゃんとレポりたい。
明けて火曜の昼、中本に行きたい欲求を抑えつつ、どこへ行こうか決められない、中本中毒の悩みと戦いながら彷徨いたどり着いたのは「鳥竹」
二日酔いを味噌汁啜って癒しながら、肉厚のやきとり丼を堪能した。

鳥竹_c0025217_1102010.jpg
鳥竹_c0025217_11027100.jpg

やきとり丼、味噌汁とサラダつきで800円。
この丼は大の大人がミニで頼むくらいボリュームがあり、なにより正肉、レバーともに大きいし肉厚がすごい。
コストパフォーマンス、最高クラス。
タレの効いた正肉、締まった身は淡白だが、しっかりと鶏自身の風味も失ってない。
一方で濃厚な味わいを楽しめるのがレバー。
焼き加減もミディアムレアで、濃厚な旨味がとろけるように溢れ出す。
このレバーを食べてると、昼から一杯引っ掛けたくなる。

そういえば前夜も散々っぱら串物食べときながらこのチョイスだったのか。
久しぶりに来たけど、変わらず最高でした。
また夜来て飲みたいなー。
by blue-red-cherry | 2009-12-23 11:04 |

ウェンディーズ

飲み会続きでまた更新を滞らせてしまった。
月曜日の昼からプレーバック。
21日月曜日から、いよいよ撤退へのカウントダウンが始まった「ウェンディーズ」にて、あのスーパーメガウェンディーズが限定復活。
早速食べに行ってきた。

ウェンディーズ_c0025217_10455955.jpg
ウェンディーズ_c0025217_1046650.jpg

この日も宇田川ウェンディーズに行ってきたんだけど、ちょうどランチタイム、早速チリは売り切れ。
それにベーコンマッシュルームメルトほか、一部のメニューが販売終了扱いになっていた。
着々と閉店へのランディングが始まってるんだなあ、としみじみ。
で、スーパーメガウェンディーズ。
これ、ネタイメージ強かったけど、本当に美味いよ。
ウェンディーズ自慢の肉厚ミートパティが3枚、それにスモーキー極まりないベーコン、芳醇なチーズ、フレッシュな野菜とサウザンソース。
言うことナシ。
ウェンディーズの素晴らしさが詰まった全部乗せならぬ全部挟み、傑作だ。

もしかすると、これがウェンディーズ納めになっちゃうかも。
チャンスがあったらまた行きたいけど、とりあえずスーパーメガウェンディーズを再び食べられて、満足。
by blue-red-cherry | 2009-12-23 10:49 |