<   2007年 09月 ( 69 )   > この月の画像一覧

浦和レッズ×全北現代 アジア・チャンピオンズリーグ準々決勝 

浦和レッズ×全北現代 アジア・チャンピオンズリーグ準々決勝 _c0025217_2284777.jpg
代表Aマッチウィークの悪影響が続く。
水曜に試合がないと物足りない体になってしまった、かもしれない。
東京でも代表でもない、浦和の試合にまで足を運んでしまった。
アジアで戦うっつうのはどういうことなのか、肌で感じたくて現地に行こうかと思ったが、微妙に仕事が片付かず、例によって社から徒歩2分のfootnikにて観戦したACL準々決勝1stレグ

決めるところを決めてればワンサイドゲームもありえたかな?
でも1点目、2点目ともに、リードを奪ったあとの浦和は若干、慎重に事を進めてたように見受けられるので、そこまで差はつかなかったかもしれない。

序盤、攻勢に出た浦和は、最終ラインも下がりすぎず(闘莉王は上がりすぎw)、ダブルボランチが積極的にプレスをかけ、フォワードからトップ下、両翼までが相手陣内からプレスをかけ、見事勢いのあるうちに先制点を奪う。
ワントラップでリズムを変え、相手GKのブラインドをぶち抜いた長谷部のグラウンダーは見事だった。
長谷部・鈴木啓太のダブルボランチは、運動量もボール裁きもまずまず。
梶山・今野とライバル関係で伸びてったら面白いな。
先制後は攻める全北、カウンターを狙う浦和の構図。
なぜかなんだか、浦和のカウンターがハマるハマる。

つか、浦和のカウンター鋭い!
ワシントンを欠くものの、田中達也も永井も、どちらも得意とはいえないポストプレーをシンプルにこなし、トップ下・ボランチ・サイドのフォロー&追い越しもリアルタイム。
再三再四、田中達也に決定機が訪れるが、ことごとくはずす。
ああいうパターンの外しっぷりはもう、この日はダメな日、と諦めてみたりするもんだが、どうしてこうして後半、貴重な追加点をあげたのも田中達也。
まあキレキレだもんねえ、動きは。
決定機を逃しまくって迎えた後半、10分過ぎくらいからもう浦和の運動量は落ち始めてたから、いろんな意味で貴重なゴールだったと思う。

にしても闘莉王。
あの位置であの華麗なワンタッチだもんね。
上がりすぎだとかいろいろ言われてるけど、ビルドアップのときにしてもサイドからのクロスにあわせる場面にしても、あの体とそれなりの足元を持った選手がひとり加わるんだから、単純にひとりプラスは大きいよな。
ディフェンダーの攻撃参加は真剣に検討されるべき課題かもしれない。

とまあ、全体的に動きの多かった浦和だから、後半の失速は想定内。
というか前半から基本的には押し込まれてて、チャンスはカウンター一閃だったから。
それでもリーグ最小失点、いくとこはプレスに行くし、最後の最後では体を張る。
闘莉王はともかく、阿部も破綻のない守備するし、いい選手だな、改めて。
1点だろうが2点だろうが守るときは守る、ていう強さ(ギリギリの線だが)を見せ付けてくれるのかなあ、なんて思ってたら、最後セットプレーの連続などで押し込まれ、ロスタイムについに牙城が崩れた。
実況のアナがしつこくアウェーゴールの説明をしてたせいで摺りこまれたが、確かに全北にとって「1-0」で勝てばいい、というのは気持ちの上でも数字の上でも大きなアドバンテージになりそうだ。
わずかなリードで2ndレグを迎える場合、多くのケースではプレッシャーのがデカイ。
180分の前半を折り返した、という気持ちで引き締めて臨めれば問題ないとは思うが。
浦和でも川崎でもいいから、今年はチャンスなんだし、どっちか優勝してほしい。
いちJリーグファンとして、素直に思う。

人んちのチームにあれこれ書いてしまったが、なかなか面白かった。
やはりこれがACLの準々決勝なんだ、と思うとそれだけで50%マシくらい。
局面での激しさはあったし、Jではありえない戦いだもんなあ。
うん、やっぱ東京にもACLで戦ってほしい。
わかっちゃいたけど、その思いが強くなった2時間だった。
by blue-red-cherry | 2007-09-20 02:29 | サッカー(FC東京以外)

エリンギのトマトソーススパゲティ

朝「はなまる」でエリンギの美味しい食べ方特集みたいのやってた。
きちんと見れなかったが、出社してから帰るまで食べたい欲求は尽きなかった。
何と組み合わせるか、どう調理するか、考えてみたがストレートに調理。

エリンギのトマトソーススパゲティ_c0025217_224508.jpg
エリンギのトマトソーススパゲティ_c0025217_2245896.jpg

まずは一口大に刻んだエリンギをバター醤油でしっかり炒める。
それこそ、もうこれだけで完成された美味しさがあるってとこまで。
かなりいい匂い&若干エキスが染み出したところにトマトソース注入。
煮詰まらない程度に火にかけて、完成だ。
トマトソースにバター醤油がいきわたり、かなりまろやかかつ濃厚な味わい。
トマトソースそのまんまは飽きがくるが、何かをプラスすると結構変わる。
今回もだいぶ渋みが増して、いい感じ。
バター醤油もそうだが、調理してもエリンギの旬な香りは消えない。
歯応えも香りもよく、まさに「今」の食べものだよね。

トマトソース、久々だったがなかなかいいのができた。
by blue-red-cherry | 2007-09-20 02:25 |

CoCo壱番屋 2

ココイチのカレーって結構するのね。 
キャンペーン中のパリパリチキンスープカレーを食べたくって久々に行ったらさ。
新商品だからか850円もした。
安いってのは幻想だったのかもしれない。

CoCo壱番屋 2_c0025217_2232673.jpg
CoCo壱番屋 2_c0025217_2233412.jpg

とはいえコストパフォーマンスはいいと思う。
このメニューはご飯のデフォが200gとほかのに比べると少ない。
だが、大盛にすることなく頼んでみたが、まずまずの量がある。
なんといっても具沢山。
メインのパリパリチキンは唐揚げ用の肉くらいのサイズがゴロゴロと。
さらにオクラ、じゃがいも、にんじんと野菜もタップリ。
あと目玉焼きね。
うーん、満足。
スープカレーといえば激辛のイメージ、それこそ松屋のやつとかかなり辛かったんだが、ここのはマイルド、つかプレーン。
つか普通。
特筆すべきことは何もないが、不満はまったくない。

メニューを見るとトッピングのパターン例がいくつか。
それはそれはかなりのバリエーションがあった。
あまりやりすぎるのはあれだが、無限の可能性があるね。
by blue-red-cherry | 2007-09-20 02:23 |

24 -TWENTY FOUR- シーズン4

24 -TWENTY FOUR- シーズン4 _c0025217_11572033.jpg
いよいよ終盤戦、「―シーズン4」まで追いついた。
またちょっとネタバレあるので、見てない人は読まないほうがいい。

面白さは少しも色褪せない。
「3」でひとつの区切りがついた感はあり、メンバーも刷新。
2行くらいのスクリプトで「3」までの主要キャラの今をサラっと流してる辺りに若干の寂しさと、新メンバーへの拒絶反応があり、前半2本くらいは慣れるまで時間がかかったが、今回も癖のある愛すべきキャラが続々登場。
クロエはもう、「3」から登場したとは思えない存在感だし、彼女との掛け合いが面白すぎるエドガーはかなりお気に入り。
いちいちイラつかせるCTUの歴代支部長だが、エリンも多聞にもれず憎まれ役(その後の展開はショッキング)。
そして新設定に慣れるか慣れないかぐらいのタイミングで、トニーとミシェルがカムバックするさじ加減なんて、完璧にファン心理を捉えてるね。

今回もテロリストはパワーアップ。
ハビーブ・マルワンは過去最強の相手だった。
ネットの使い方とか、きちんと時代にシンクロしてるよね、相変わらず。
そしてスケールがどんどんでかくなる今度のテロはアトミック・ボム!
核心にいたるまでの伏線もどんどんでかくなり、そしてあっさりと要人が死んでいく展開はちょっと大味すぎないこともない。
だが、待ち受けてるラストスパートに比べれば、やむを得ずといったところ。

なんといってもジャックの話。
のっけからCTU離れして過去と決別したがってたり、オードリーとの真剣な恋だったり、新しい。
しかし、どんだけ設定が変わろうが環境が変わろうが、ジャックはジャック。
体に流れる生粋のヒーローの血は彼を事件へと駆り立てるし、彼はその哀しい運命から逃れられることはできない……それが強く感じられるエピソードだった。

もちろん、オレの進行はもう「5」なんだけど、これまためまぐるしい。
いよいよ追いついたという達成感と、もうすぐ終わってしまうという寂しさにサンドイッチされてますが、とにかく見る。

※ちょくちょく出てくるビューティフル・アサシンのマンディちゃん。
  また出てきてくれるのかな……?
24 -TWENTY FOUR- シーズン4 _c0025217_11575333.jpg

by blue-red-cherry | 2007-09-19 11:58 | テレビ

アボガドのコロコロしゃぶしゃぶ

最近ストレスとか、夜な夜なサッカーとか映画とか見るついでに、とかで、今までできるだけ自粛していた家でのひとり晩酌の頻度が高まっている。
晩酌といっても、第3のビールだがな!

パスタが切れた日にゃあ、ビールとつまみで十分。
プリン体は増えるが、穀物抜いたら大丈夫だべ。
昨夜は「24」見ながら、久々にはなまるレシピより、アボガド使った豚の冷しゃぶをば。

アボガドのコロコロしゃぶしゃぶ_c0025217_304412.jpg
アボガドのコロコロしゃぶしゃぶ_c0025217_305357.jpg

随分とうまくいった。
冷しゃぶ用の豚バラ肉に、1cm角程度のさい切りにしたアボガドを巻く。
楊子でひとまず留めておいたんだが、そのまま湯煎するとどうも崩れてしまうので、巻き終わったヤツを長めの菜ばしに串刺しにして、しゃぶしゃぶと茹でたら完成。
オレは知らなかったんだが、アボガドは温める食べ方もあるみたいね。
どうやら臭みが抜ける模様。
今回は柔らかさ抜群、それでいて傷んでないベストなアボガドだったから問題ないけど。
色が変わった程度で茹で上げる豚バラとアボガドのコンビ、相性もまた抜群だねえ。
茹でて締まった肉に、アボガドのトロける濃厚な味わいが絡む。
アボガドの旨味を肉で閉じ込めてる感じ。
肉の脂身部分で巻いたヤツなんて、もうたまんないね。
味ポンとわさび醤油、タレは2パターン用意したが、量作ったならばタレをもっと工夫していろんな種類をそろえれば、さらに楽しめるだろう。
マヨとかもあいそうだしね。

はなまるレシピ、好きそうなやつだけピックしてるからか知らんが、外しがないな。
by blue-red-cherry | 2007-09-19 03:06 |

ラ・リューシェ 4

自由ヶ丘・奥沢マダムたちの夏の終わりを告げるのはこれかな?
「ラ・リューシェ」が去る日曜、ついに07年の営業を終えてしまった。
この夏、オレのアイスクリーム(シャーベット)観に衝撃を与えた味がどうあがいても1年は食べられないという事実を目前にした最終日、自然と足が向かった。
毎年繰り返される光景なんだろうが、店内は騒然。
普段はおしとやかであろうと思われるマダムたちが殺気立ち、我よ我よと注文する。
最終日の余韻など楽しむ余裕はなく、その短い期間は幕を閉じた。

ラ・リューシェ 4_c0025217_253416.jpg

もはや味については何も言うまい。
度肝を抜かれた思い出のマンゴーソルベとラムレザンをもう一度、味わっておいた。
今回が初となる洋ナシのソルベは、ソルベらしく夏っぽさと果汁溢れる仕上がり。
もうひとつお初のブラウニーは、親である田園調布のお菓子屋さん「レピドール」の味をそのままもってきたというケーキアイスで、これまた美味い。
最後の最後までやっぱり、各の違いを思い知らされた。

運良くこの店を知ることができて、本当に良かった。
来年もこの地に住んでる可能性は非常に薄いが、わざわざ足を運ぶ価値はある。
本当に美味しいアイスに出会えて、感動したし、感謝してます。
ごちそうさまでした。
by blue-red-cherry | 2007-09-19 02:56 |

モスバーガー 2

ちょっとお茶でも、と時間潰しに寄った「モスバーガー」
ちょっとお茶、で済まないのがオレの性。
気になってたサウザン野菜バーガーキャンペーンメニューから、なんとなく選んだのはシーザーサラダドッグ。

モスバーガー 2_c0025217_2445415.jpg
モスバーガー 2_c0025217_245437.jpg

ありそでなかったアイデア作品だが、これはヒットですよ。
ランチドレッシングにも似た、乳酸的な酸味が、特にチーズによってたまらないシーザードレッシングが、レタスとトマトのフレッシュ野菜はもちろん、ソーセージやバンズにも合う。
ヨーグルト効果みたいなイメージで、心なしか歯応えも柔らかく感じた。
瑞々しい野菜はそのものもいけてるが、余すとこなくソースがかかってるのも高得点。
悪くない、どころかこれは美味しい。

サウザンはフレッシュバーガーの後継だから常設されるが、このシーザーサラダドッグと、ビーフパティのシーザーサラダバーガーは期間限定らしい。
一食の価値あり。
by blue-red-cherry | 2007-09-19 02:48 |

ドイツ×日本 FIFA女子ワールドカップ中国 2007

ドイツ×日本 FIFA女子ワールドカップ中国 2007_c0025217_1263159.jpg

いやはや、惜しかった。
二度あることは三度なかった、なでしこジャパンのW杯第3戦、ドイツ戦

奇跡は三度起きなかったものの、この日、大会通じていちばんの出来だったと思う。

世界最強の一角・ドイツを相手に前線からのプレスが効く。
永里は前線で唯一のターゲットとなったため、楔のボールに裏へ走らされるボールと攻撃面での負荷が高かったにも関わらずチェイシングの先頭として走り回り、5枚並べた中盤は澤がバイタルのセカンドボールを狙い、宮間・柳田の両サイドも相手SBに蓋をする。
ボランチは持ち味の運動量が3戦目にして絶好調の酒井、そして初先発ながらいちばん効いてた原と、最終ライン前の防波堤として機能。
特に原は、チーム内でも体格の良い方で、中盤の球際争いで貢献。
永里が粘ってファウルをもらうシーンといい、当たり負けしない宇津木を見たりする限り、やはりボディコンタクトの部分でいかに勝負できるか、非常に壁は高く根は深いが考えなければいけない。
ただし、世界最高峰のドイツですらハイプレッシャーの中では絶対ではないし、高い位置でボールを奪えば大きなチャンスに繋がる。
これが分かったのは収穫じゃないだろうか。

また、攻撃面でも体格差に正面からぶつからない、上手な戦い方ができていた。
チームとして掲げてきたことがようやくできた、というところが本音だろうが、永里を楔に澤や宮間らオフェンシブのほかに、酒井、原のボランチコンビも追い越す場面が見られ、この連動性こそ鍵、むしろこういった動きがなければ活路を見出すのは難しい。
イングランドのように縦ポンの継続でじわじわとやってくる相手に比べれば、ドイツはきちんと組み立てて攻めてくる(縦へギアチェンジしたときの速さはさすがだが)ので、組しやすかったとは思う。

出所へのプレス、攻撃時のサポート。
ともにかなりの運動量が求められるが、その両面ができてないと世界では勝てない、これがグループリーグ3戦で得た教訓だと思う。
そしてその両面がチームとしてはかなり高いレベルで実践できてた第3戦で届かなかったドイツとの差。
ここを埋めるのは個のレベルアップ。
やはり荒川の離脱はかなりでかかった。
ドイツ戦、わずか15分程度の出場に留まった荒川だが、その動き出し、体の使い方ともにドイツ相手にタメ線張れる力強さは随一で唯一。
不完全燃焼に見えた澤も、荒川がいればプレッシャーも軽減されたはずだし、あの2人のコンビネーションは翼&岬を彷彿とさせる何かがある。
プレッシャーからか、1戦目をものにできなかったこと、それにより2戦目のプレッシャーをさらに高めてしまったこと。
今大会に限れば、大会への入り方でつまずいたことが尾を引いた。
これは来年の北京五輪で必ず活かさなければいけない。
大舞台での経験を、来年のチームの集大成を前に詰めたことは非常に大きい。
この経験がどう生かされていくのか、これからのなでしこに注目したい。

いやー、すっかり楽しませてもらった。
今回くらい実力差のある相手に必死で喰らいつく展開、久しぶり。
もう、完全にファンです。
日程見たら結構面白そうなカードが近場で見れそうなので、行っちゃいますよ。
なでしこリーグ
by blue-red-cherry | 2007-09-18 12:07 | サッカー(FC東京以外)

魚河岸丸天

魚河岸丸天_c0025217_8203775.jpg
魚河岸丸天_c0025217_8204959.jpg

サファリパーク後、帰京するにはちと早いっつうことで、御殿場線で一路沼津。
お腹も空いとったし、御殿場近辺からもっとも近い、静岡の港といえば沼津だった。
沼津駅近辺で探そうかと思ったが、猛暑日の平日、人もまばらだったのでタクって港へ。

魚河岸丸天_c0025217_8232245.jpg

ランチとディナータイムの中間という間の悪さだったため、ほとんどのお店がお休み。
しかしオレらを含め、観光客の姿がポツポツと見受けられ、そんな客狙いのお店が何軒か開いてて、その中の1店「魚河岸丸天」に入ってみた。
漁師の妻、かどうかはわからんが活気のある港のおばちゃんたちで大賑わい。
オススメメニューを書いた紙が店内を埋め尽くす様も圧巻。
そして一皿一皿のボリューム、どの人のテーブルを見てもデカイデカイ!

魚河岸丸天_c0025217_82739.jpg
魚河岸丸天_c0025217_8271429.jpg

上が連れが頼んだ中トロ漬け丼、下がいくら・うに・ぶつ切り丼。
前者があら汁、後者にはカニの味噌汁がついてくる。
とにかくマグロのぶつ切り、一切れ一切れがデカイんだ、これが。
お椀も大きめでそのご飯を覆っているだけでかなりの量だが、これ、2重3重なのよ。
幅も長さも段違い、それこそ美登利寿司のデカネタくらいあるかも。
しかし、モノは新鮮そのもの。
弾力と柔らかさが共存した歯応えは絶品だし、臭みがまったくない。
脂身が程よくのってて非常にジューシーだし、文句のつけようがない。
一方いくら・うに・ぶつ切り丼はもうカオスww
前述のマグロはいわずもがな、甘味たっぷりでプチプチ弾けるいくら、こちらも新鮮だからその苦味が楽しめるうに、すべてがとろけるねえ。
カニの味噌汁も異常なまでにダシが取れてて、あんなの味わったことがないね。
これで漬け丼が1000円、3種盛りでも1500円しないっつうんだから、さすがは港。

魚河岸丸天_c0025217_8334392.jpg

ひとり一丼でまったく問題なかったのに、食い意地を発揮してしまった。
マグロのあばら骨についた脂身からなる「すきみ」を使ったすきみ軍艦巻き。
肉は何でも骨周りに勝る旨味はないもん、逃すわけにはいかない。
もう予想通り、期待通り、トロける味わい。
すきみ丼なんてのもあって、それでもよかったかもしれない。
とにかく甘く、トロける。

これだけ食べた後の帰路が辛かったのはいうまでもない。
この豪華な海鮮祭のあと、正直海鮮から遠ざかったのもいうまでもない。
by blue-red-cherry | 2007-09-18 08:36 |

富士サファリパーク

富士サファリパーク_c0025217_21154895.jpg

すっかり秋の気配も深ま……りやしねえ!
何、30℃って。
どっかで今年は残暑to厳冬、なんて記事を読んだが、あれホントなのか?
勘弁してくれよ……。
暑くてたまんない三連休の最終日だが、夏の思い出を忘れないうちに。
最近動物園ずいてるオレだが、究極、ついに念願の「富士サファリパーク」へ!
8月のお盆明け、この日も暑かった暑かった。

富士サファリパーク_c0025217_21194080.jpg
富士サファリパーク_c0025217_21195174.jpg
富士サファリパーク_c0025217_2120712.jpg
富士サファリパーク_c0025217_2120162.jpg

まずはもちろん、サファリゾーンでしょ。
免許は持ってるだけ、ゴールド免許ドライバーなもんで当然ジャングルバス。
これがかなりの人気なため、朝8時前には現地着と、気合い十分で乗り込んだ。
オレらが乗ったのはシロサイバスだったかな?
エサは生肉に野菜と、なんかのフィリング。
そうそう、エサやりができるのはこのジャングルバスだけだし、何より動物たちのアグレッシブな接近で汚れること必至なため、マイカー派もこのバスの利用者が多いみたい。

クマゾーン
富士サファリパーク_c0025217_21254528.jpg
富士サファリパーク_c0025217_21255317.jpg
富士サファリパーク_c0025217_2126128.jpg


ライオンゾーン
富士サファリパーク_c0025217_21271783.jpg
富士サファリパーク_c0025217_21272585.jpg
富士サファリパーク_c0025217_21273331.jpg


トラゾーン
富士サファリパーク_c0025217_2129647.jpg


チーターゾーン
富士サファリパーク_c0025217_21292995.jpg


ゾウゾーン
富士サファリパーク_c0025217_21295262.jpg

もうのっけから飛ばしまくりの前半戦。
まずはいきなりのエサやりコーナー、しかも巨体を揺らしたクマとの対峙。
デッカイのに機用に直立なんてしやがるもんだから興奮興奮。
機用さは手足も同様で、上手に食べてくれる辺り、安心もさせてくれた。

と思ったら、お次はライオンゾーンですよ!
いきなりハイライト、「ホントにホントにホントにホントにラ(ry」!
のんびりしつつも見られてんなあ~なんて眺めたら寄ってくる寄ってくる。
オスは後方でまったりしてるんだけど、メスがガッつくんだよ、これが。
見方同士で客の出した生肉奪いあったり、咆哮も聞けたよ。
正直おっかなかったっス。

トラはねえ、生態を運転手のお兄さんが話してくれたんだけど、天涯孤独、確かズーラシアで見たときもそうだったけど、哀しい感じの生き物だよねえ。
そう、ジャングルバスからだと金網越しの撮影になるので、ピントが網にあっちゃうのよ。
その辺の対策を考えとけば、もっといい写真獲れると思う。
ネコ科といえばチーターも。
自慢の脚力も見れたし、満足。

ゾウはもうダルそーでした。
終始水浴び。
中入っちゃえばいいのに、と思いつつ、鼻で水浴びはナイスパフォーマンス。

一般草食ゾーン
富士サファリパーク_c0025217_21394271.jpg
富士サファリパーク_c0025217_21395189.jpg
富士サファリパーク_c0025217_21395956.jpg
富士サファリパーク_c0025217_2140795.jpg
富士サファリパーク_c0025217_21401590.jpg
富士サファリパーク_c0025217_21402710.jpg
富士サファリパーク_c0025217_2140355.jpg
富士サファリパーク_c0025217_21404473.jpg

一般草食ゾーンは打って変わってまったりムード。
鹿系にダチョウ、シロサイ、シマウマ、ラマなんかは暑さもあって、水浴びしてるか水飲んでるか、とにかくのんびーり動いてた。
しかし動物園の檻の中なんかに比べると開放感があっていいやね。
動物たちも心なしか活き活きしてるし、なんか毛並みがことごとくよく見えた。

ハイライトその1は、座ってるキリン!!
キリンなんだからデーンっとそびえ立っててほしかったとこもあるんだが、この座ってるキリンがまた可愛いんだ!
襲われる危険大だし、自然界じゃあまずお目にかかれないポーズらしい。
ギザカワユス。

ハイライトその2は、バスツアー最後のエサやり、ラクダ。
これはバスの下部に備え付けられたエサ箱に入れ、そこでラクダが食べるというもの。
クマやライオンに比べると迫力に欠けるが、ラクダは思ってるよかデカクて、興奮。
あれに乗れって言われたら、正直腰がひける。

山岳草食ゾーン
富士サファリパーク_c0025217_21474824.jpg
富士サファリパーク_c0025217_21475782.jpg
富士サファリパーク_c0025217_2148568.jpg
富士サファリパーク_c0025217_21481923.jpg

最後は山岳草食ゾーン。
ヤギに各種鹿、牛なんかがそこかしこをうろついてます。
ここに限らず以外だったのが、木に登る生態が多いこと。
ライオンもトラも登るし、ヤギも鹿も登ってた。
このゾーンの終わりにフラミンゴの美しい群れが見れるんだけど、写真は撮り逃した。
このツアーだと、バスの左右どっちに座るかで見逃す場面があるのが残念。
そのときどきのコンディションもあるだろうけど、運任せかな?
そうだ、この日はもちろん猛暑日だったんだけど、午前中で動物たちが珍しく活動的だったと運転手さんは言ってたし、オレらはついてたみたい。

サファリパークの代名詞であるサファリゾーンを満喫したら、今度は別の意味で動物たちを満喫する、ふれあいゾーンに向かった。

ふれあい牧場
富士サファリパーク_c0025217_21533017.jpg
富士サファリパーク_c0025217_21533913.jpg
富士サファリパーク_c0025217_21534894.jpg
富士サファリパーク_c0025217_21535642.jpg
富士サファリパーク_c0025217_2154425.jpg

このエリアから先はもう、子供たち大興奮。
目と鼻の先に、普段は目にすることができない、犬・猫以外の動物たちがいまくり。
ミーアキャットにゾウガメ、アルマジロなんかが普通にいる。
カンガルーのダルダルっぷりは笑えたなあ。
どっからどうみてもオッサンww
牧場って名前を冠してるだけあって、ポニーの乗馬コーナーなんかもある。
ポニーの乗馬、やってみたかったんだけど、体重制限に引っかかったorz。
仕方ないので馬車ならぬポニー車に連れを乗っけて一周してみた。
なかなか乙なもんだった。

どうぶつ村
富士サファリパーク_c0025217_21581594.jpg
富士サファリパーク_c0025217_21582370.jpg
富士サファリパーク_c0025217_21583175.jpg
富士サファリパーク_c0025217_21584216.jpg
富士サファリパーク_c0025217_215851100.jpg
富士サファリパーク_c0025217_21585913.jpg
富士サファリパーク_c0025217_2159799.jpg

どうぶつ村は、都内の動物園でもありそうな、ふれあい重視のエリア。
ここがいちばん子供だらけだったな。
それこそどっちが動物かわかんないほどキャンキャンやってた。
ヒツジや、エミューなんかに、1個50円くらいのエサを買って触れ合える。
ウサギとモルモットが放された厩舎では抱き放題。
オレ、正直動物触るの苦手なんだけど、勇気を出して触ってみた。
ウサギはズッシリ思い割に柔らかくって、なんだか欲しくなったけど、モルモットはその小さな手足の細かい動きなんかが、渋谷の駅構内で毎夏出会うやつみたいで……。
そしてカピバラ!
カピバラさんなんつう可愛い(のか?)キャラグッズが売られてるが、どーよ!?
結構、ブサイクよww

とまあ、こんな感じではしゃぎまくって3時間か4時間くらい?
まだネコ館とか犬館とか、見てないところあったし、サファリゾーンを歩いて周るウォーキングサファリなんつうよさげな企画もあった。
後ろ髪ひかれつつも、熱射病の危険もあったし、腹八分目で出ました。
というのもね、このサファリパークのいちばんの目標を達成してたもんだからさ!

富士サファリパーク_c0025217_22583.jpg

うぇっ、ライオンの赤ちゃん、死ぬほどカワユスよぉ~。
これがしたかったの、これが。
1回500円(撮影ね、しかもワンポーズのみね)とか、並びすぎてほとんど触れ合えないとか、言いたいこともあるが、もう満足ですよ。
何度見ても可愛いわあ。

三十路直前のオッサンがこれだ。
子供が行ったら絶対喜ぶ。
そうじゃなくたって、一生の思い出になるよ。
行って損はない、いや行ったほうがいい、一生に一度は。
by blue-red-cherry | 2007-09-17 22:09 | その他