<   2008年 06月 ( 77 )   > この月の画像一覧

オランダ×ロシア EURO2008

オランダ×ロシア EURO2008_c0025217_19213985.jpg

無心で賭けたはずが、あまりの好調ぶりに目がくらみ、すっかり賭けの対象へ注ぐ情熱で応援していたオランダの決勝トーナメント1回戦、ロシア戦
肩入れしてたら実に体に毒な緊張感溢れる試合だったが、ロシアもよかったが自滅だわ、オランダ。

トーナメントの初戦だし、厳しい試合になることは間違いなかった。
オランダは良いとこをGLで出しまくってたので、ヒディングが無策なはずはなく、ファンニステルローイはともかく、例によってスナイデル、ファンデルファールト、カイトにスペースは与えない。
ならばオランダも無理はしない、というのはフランス戦と一緒。
違ったのはロシアの小気味良い攻撃だ。
パブリュチェンコにボールが収まり、それに対しアルシャビンが有機的に絡むのを基本に、両サイド、ボランチも追い越し、フォローが出来ている。
最終ラインとデヨング、エンゲラールが体を張ってしのぎ、最後はファンデルサールがはじき出す。
苦しいのは苦しいが、見た光景に心配はしてなかった。

違ったのはオランダお決まりの打開策がハマらなかったこと。
結果論だが、ロシアの組織は最後まで崩れることがなく、サイドに裏にスペースはほとんど生まれなかった。
今までオランダの交代策がドンズバで決まってたのは、先制してたというのも大きいが、ウインガーでありストライカーであるファンペルシー、ロッベンが使えるスペースがあった、ということに尽きる。
彼らにスペースを与えれば、彼らは人数をかけずにラストパスの前までもっていける。
中に人がいさえすれば、という展開にもっていける。
だから彼らは離れていても、よりフリーになれるようなポジショニングをすればよかった。
しかし相手がそのスペースを埋めていたら、両サイドに大きく開いたポジショニングは攻撃の陣形をバラバラにしているだけで、選手同士の距離間が著しく開く。
サポートは望めないし、二の手、三の手、が出せない。
手詰まり感は終始拭えなかった。

手法としてあってなかったかもしれんが、ファンペルシーもアフェライも空気だったなあ。
消耗戦の中での貴重な途中投入の選手なのに、ボールタッチはおろかフリーランもほとんどない。
サイド張り付きのファンペルシーはフォローさえあれば、という感じでまだわかったが、アフェライに関してはどこにいるの?という消え具合。
スペースはなかったしそれでもどうなったかはわからんが、ロッベンを出しとけば、という声が出るのは当然だ。

ファンニステルローイが泣けるほどよかっただけに惜しさはつのる。
あのポストは限りなくパーフェクトに近く、ゴールへの意欲も人一倍だった。
よかったといえばファンデルファールトとスナイデルのプレースキック。
スピード、コース、曲がり具合ともに絶品。
思えば前半、数センチレベルの誤差で入らなかったアレが決まってれば……。

金に目がくらんだ似非オランダファンという視点を抜けば、ロシアはいいサッカーをしていた。
大国に小国(サッカー的に)が、運動量や組織力を武器に挑んだ勤勉な戦い方は感動的ですらある。
アルシャビンは久々に現れたバッジョの系譜にあるスター候補の香りがするし、両サイドバックの上がりは脅威、センターバックのミドルシュートも強烈で、実にいいチーム。
先制されたことによる焦燥、打開策がないまま徐々に集中力を失っていったオランダに勝機はなかったかもしれない。

あーあ、オランダいい選手そろってたのになあ。
しかも奇跡に近いくらい、チームがまとまっていたというこのタイミング。
このチャンスで勝てなかったのは痛い。
賭けは終わってしまったが、まだ大会は続く。
堅いチームが勝ちあがってる今大会、スペインは意地を見せられるのか。
今夜も眠れんなー。
by blue-red-cherry | 2008-06-22 20:14 | サッカー(FC東京以外)

ほうとう

ほうとう_c0025217_18544393.jpg

先週の結婚式のお土産に、群馬だけどほうとう買ってきた。
蒸し暑いけど、ほうとう。
暑いときこそ(ry

ほうとう_c0025217_1925112.jpg
ほうとう_c0025217_193331.jpg
ほうとう_c0025217_193133.jpg

大根、にんじん、里芋を煮込むんだが、スーパーに里芋がなかった。
時期じゃないのかな?
と思ったら、豚汁パックなる便利すぎる↑のものを刻んだものが。
楽してそれを自ら煮込み、柔らかくなったら豚肉、揚げを追加。
火が通ったら、ほうとうを入れ、備え付けの味噌ダレを溶かす。
水の分量も当初のものだといろいろ吸われちゃうし、つぎ足したりなんなりで微妙だったんだけど、これがピッタリ。
ドス黒かった味噌ペーストが全体にキレイに行き渡った。
美味い!
野菜も時間かけて煮る必要があるから必然的にエキス出まくりだし、肉に揚げ、油も染み出してコク深い。
そしてやっぱりほうとうは麺。
幅広極まるこの麺が、香りも食感も最高だ。
かぼちゃ嫌いだからかぼちゃヌキのほうとう、これこそ待ち望んでたほうとうだわ。

ご当地もの、現地で食べてナンボだけど、家で食べるのもまた楽しみ。
by blue-red-cherry | 2008-06-22 19:17 |

旬麺 しろ八

旬麺 しろ八_c0025217_15234919.jpg

副都心線開通以来1週間で4、5回乗ってるわ。
土曜も新宿での映画鑑賞に、新宿三丁目を利用した。
もろもろで避けてる人が多いのか、空いててオレにはすごい快適。

新宿三丁目、というにはちょっと離れすぎだが、知ってはいたけどなかなか行く機会がなかった「旬麺 しろ八」まで汗かきながら行ってきた。

旬麺 しろ八_c0025217_1529697.jpg
旬麺 しろ八_c0025217_15291690.jpg
旬麺 しろ八_c0025217_15292342.jpg
旬麺 しろ八_c0025217_15293075.jpg

かんなり蒸し暑い中だったが、暑いときこそ熱いものを。
無化調が売りの醤油ラーメン、連れはあっさり、オレはこってり。
どちらも甘味と塩気がぶつかり合う、ストレートな醤油味。
無化調ならではの澄んだ味はあっさりのが楽しめるかも。
まったく雑味がない。
まろやかで、コクがあって、むき出しの醤油味が刺激的ですらある。
こってりのほうはその醤油スープに背脂がたっぷり乗ったもの。
当然コクと濃度が増したスープは濃厚で、ガッツリくる。
どちらのスープも最大限に味わえるのが、平打ち縮れな麺。
具もスープを最大限に活かす。
細切りのほうれん草なんて滅多に出会えないが、意外なほどのシャキシャキ感、芽ねぎのような味わい。
細ねぎ、茎わかめ、丁寧に作りこまれた醤油スープに和の食材がハマる。
ロースト系のチャーシューは香りよく、ジューシー。
全体的にこだわり強く、体に優しい感じでありながら、しっかり味も楽しめるラーメン。

旬麺 しろ八_c0025217_15295018.jpg

立地さえよければなー。
でもまあ、長い距離歩いて行く価値は多いにある。
麺も美味かったし、つけ麺も食べてみたい。
by blue-red-cherry | 2008-06-22 15:43 | ラーメン

ザ・マジックアワー

ザ・マジックアワー_c0025217_0164028.jpg

蒸し蒸しの土曜、久々の映画館での観賞は「ザ・マジックアワー」
「有頂天ホテル」も映画館で見たが、またしても幸せな気持ちにさせてもらった。

前夜の「LOST」の衝撃が残っており、巨大さが話題とはいえ、セットひとつで展開するストーリーのスケールに戸惑ってたが、そんなの関係ねえ。
あっという間にその世界に引き込まれた。

あんなにカッコよくない佐藤浩市を見たのは初めてだ。
さすがの味が出てるし、すばらしい演技だったが、2枚目要素はほとんどない。
いいわ、あの男。

妻夫木は連れのお気になのでオレはキライなんだけど、どんどん良くなるなあ。

深っちゃんと綾瀬はるかがともに可愛いすぐる。
深っちゃんは声がいいんだなあ。
最高にスウィート。
演技や佇まいは芯が強い。
このバランスがいい。
綾瀬はるかは終始キュート。
何をやっても一生懸命が際立つ、いいときのハロプロの長所的な。
帰りに「僕の彼女はサイボーグ」を俄然見たくなったのは言うまでもない。

寺島進、小日向さんとか伊吹五郎とか、バイプレーヤーの輝きと、中井貴一に天海祐希、贅沢すぎるちょい役の使い方も記憶に残る。
しかし西田敏行の恰幅のよさと言ったら!
上島竜兵と熱い抱擁をする懐の深さが全編通じて伝わってきた。
三谷ファミリーで固めたからこその安定感は、演者たちのすばらしき気概で、三谷ファミリーで固めたゆえのマンネリを跳ね除けた。

よく考えればシチュエーションも笑いのツボもベタっちゃあベタ。
だけどどこにも隙がなく、オープニングからエンディングまでとにかく完成度が高い。
テーマとしてるところもあるが、同時に「映画」に対する思いも強く感じた。
万人受けしそうで玄人受けしそうな作品。
面白かった。
by blue-red-cherry | 2008-06-22 00:33 | 映画

LOST シーズン3

LOST シーズン3_c0025217_11332384.jpg

「LOST シーズン3」、随分と時間がかかったが、ついに見終わった。
もう、終わり方が凄すぎて、この生殺し感をどうしてくれよう。
AXNで先週、シーズン4の第1話のプレミア放映があったらしいが、2話以降のスケジュールが載ってない。
スケジュールが確定してたら明日にでもスカパー入りたい勢いだ。

いよいよアザーズとの絡みも増えたシーズン3では登場人物も一気に増え、一方では消え行くキャラもいたりと、飽きさせない。
過去のシーズンでしっかり愛着を持ったキャラたちに敵対する存在が現れることは盛り上げ方として真っ当だ。

主要キャラたちのフラッシュバックはまだまだ続く。
よくもまあ、こんなにネタが、と思うほど叩けば出てくる過去の話。
このそれぞれの島での苦悩ぶりと、その裏にある過去が表裏一体なので、両方を見せる手法が非常にハマる。
相変わらず悩みもがくジャック、傷を舐めあうケイトとソーヤー。
一気に重要度を増したデズモンドのストーリーも面白かった。
ニッキー&パウロのようなスポットネタも新しい。
ますます混迷を極めるジョン・ロックの複雑すぎる過程にも唸らされ、納得させられた感はある。
今回は割りとおとなしめだったサイードあたり、次のシーズンで活躍しそう。

アザーズはまだまだ謎だらけだ。
ベンのことジュリエットのこと、少しずつ明らかにされてきたが、まだまだ謎が多い。
とにかく謎だらけのこの物語。
全部終わったあかつきには、コンプリートネタバレ本でも出してほしいね。

これまた美女率が高いLOSTだけど、今いちばんのお気に入りは……アレックス!
なんかいいんだよねー、エキゾチックなとこが。
エキゾチックといえば、ジャックがプーケットかなんかで出会った彫り師のコも良かった。

とかなんとか思うところはそれこそDVDの本数分エントリー書けるくらいあるんだが、すべてさておき、エンディングの展開、ラスト1話の展開が凄すぎた。
フラッシュフォワード。
この流れは物語を一気に加速させるだろう。
それも大きな謎を抱えたまま。
シーズン4がさらなる興奮を与えてくれることは間違いない。
嗚呼、LOST面白すぐる。
by blue-red-cherry | 2008-06-21 11:45 | テレビ

豚納豆チャンプルー

目玉焼き、卵焼きに続き、この豆腐を使った炒め物、チャンプルーも苦手。
どうしても崩してしまう。
もはや原型というかその名がさすものとは別物のルックスだが、確かチャンプルーは炒め物的な意味だったと思うので、これもチャンプルー。

豚納豆チャンプルー_c0025217_1121159.jpg
豚納豆チャンプルー_c0025217_1122450.jpg

豚肉の細切れをごま油とにんにくで炒め、水を切った豆腐を投入。
お店で食べるような感じで一口大に切った豆腐に焼き目をつけて……と最初は慎重だったんだが、オクラを追加したり、満遍なく塩コショウを行き届かせたかったりしてたらあえなく混ぜることを優先してしまった。
火が通ったところに納豆も追加し、もはやぐちゃぐちゃではあったが、フィニッシュ。
なんとなくとろろのあんかけみたいな食感になってしまったが、納豆オクラのダブルネバネバが淡白な豆腐に味付けしてて、美味い。
豚肉とにんにくの旨味も豆腐がすべて吸収してて、この形はこの形で美味しいかも。

美味しさ優先ってことで。
久々に缶ビールを引っかけながら食べたが、なんか今朝、胃の調子が悪い。
痛み止め飲みすぎで、胃が弱ってるのかな。
by blue-red-cherry | 2008-06-21 11:06 |

づゅる麺 池田

ラーメン、つけ麺、またつけ麺。
頑者、美登利、と食事を戻したのが功を奏したようでいろんな痛みが治まり気味の中、抜歯手術の抜糸をしてきた。
それすらもビビりまくり、またここ数日のチキン野郎な食生活を伝えたら、小動物系の先生(最近オレお気にのTBSデミちゃん似)にも呆れられ、一方で不安を覚えたか、真矢みき似のベテラン先生を呼ばれ、真矢みきには「しっかりしなさい」的なニュアンスで窘められる始末。
取り急ぎ大学病院での治療は終わったので、一安心。
で、ラーメン、つけ麺、またつけ麺。
出社前に目黒で下りて「づゅる麺 池田」を再訪した。

づゅる麺 池田_c0025217_10292585.jpg
づゅる麺 池田_c0025217_10294344.jpg
づゅる麺 池田_c0025217_1029524.jpg
づゅる麺 池田_c0025217_1030222.jpg

濃厚Wスープを味わったノーマルのつけ麺は前回楽しんだので、今回は塩つけ麺。
本当は鴨だしつけ麺を期待してたんだけど、今はお休み中の様子。
塩つけ、つけ汁は塩ベースにしっかりと魚介と動物のだしを感じる白濁した感じのスープ。
ねっとり絡みつくような濃厚さがいい。
ブロックのチャーシューやキャベツ、ここはキャベツが入ってるのが好きなとこなんだけど、それらの具の味(甘味だったり)がより際立つようなシンプルな味。
麺も特徴的。
中太で芯が強いノーマルのものではなく、幅広薄めの平打ちちぢれ麺、それこそ喜多方を思い起こさせる感じの麺だ。
もちろんその幅広はつけ汁を絡めとるのにピッタリで、よく考えられてるなと。
後半はレモンを絞って味にアクセント。
アクセントといえば、割かしシンプルなつけ汁に、テーブル備え付けの魚粉を入れると濃厚さが一気に増し、これはこれで美味しいのでオススメ。
最後のスープ割りを頼むとストレートに魚介の風味が広がる、無化調らしいスープに変身し、またしても飲み干した。

ここもバッチリ美味いっす。
鴨つけ、いつか食べれるかなあ。
by blue-red-cherry | 2008-06-21 10:38 | ラーメン

ブラジル×アルゼンチン 2010 FIFAワールドカップ南アフリカ 南米予選

ブラジル×アルゼンチン 2010 FIFAワールドカップ南アフリカ 南米予選_c0025217_16262280.jpg

ドイツとポルトガルの決勝トーナメント第1試合を見たい衝動に駆られながら、民放しかない環境を呪いつつ、TBSから慰めの(自社への慰め込み)ブラジル×アルゼンチンを見てしまった。
土日連夜のEURO決勝トーナメントに備えて時差対策。

うーん、眠い試合だった。
血で血を洗う激闘の歴史を持つ両国だけに、玉際の強さはハンパじゃない。
どちらもアフター気味なのは気になったが、ロビーニョがヂエゴが、メッシがリケルメが、次々にピッチに倒される。
確かに負けたくない、本気のファイトは伝わってきた。

しかし全然面白くない。
リケルメ預けてメッシ頼み、みたいな頼りどころがある分、アルゼンチンはまだ分かりやすい。
でもブラジルはなあ。
何がやりたいのかが見えてこない。
アドリアーノが万全じゃないのかもしれないが楔は入れてこないし、両サイドも使ってこない。
組み立ても意図が不明確だから時間かかったり、パスミス掻っ攫われたり。
玉際が激しかったりアフターでガツンとぶつかったりって、その辺の判断が遅かったからかもしれないな。
連携があればそれも回避できるんだろうけど、世界各地に散り散りなメンバーを集めたチーム作りは日本代表の想像の域を脱している。
それを考えると、ある種お国柄的な戦い方がベースにあり、能力の高い選手たちがそれを実践し、個々の力で戦うってのがナショナルチームの戦い方なのかもね。
代表の長期的強化とか、そもそも考え方を変えて。

かなり数は少なかったが、ロビーニョが前目で勝負してたのは面白かったので、どんどん彼にボールを渡して欲しかったんだが、願いは叶わず。
まだそれでも攻めあえてた前半はともかく、後半はアルゼンチンがペースを握った。
分かっちゃいるのに取られない、リケルメの懐の深さは異様。
サイズを生かした体の入れ方、ボールの置き位置、動かし方、すべて異次元の印象を受ける。
パスのチョイスもいちいち気が利いてて、見てて面白い。
メッシも相変わらずキレがある。
彼が前を向いて仕掛けたときは、アルゼンチンの縦縞が青赤バルサ仕様に見えてくる。
いかんせん、ワンツーにスルーなど、味方との絡みが薄いだけに潰されることしばしばだったが、細かいステップ、コンパクトながら強烈なシュートと、規格外の選手であることを再確認。
この2人は面白かった。

もしこの2チームが今の状態でEUROに出たら……無粋な妄想だが、アルゼンチンはギリGL突破、ブラジルはGL敗退だろうな。
どちらも南米4枠には当然入ってくるだろうけど、ブラジルは結構深刻っぽいので、どう立て直してくるかが楽しみ。
by blue-red-cherry | 2008-06-20 16:26 | サッカー(FC東京以外)

梅丘寿司の美登利 渋谷店

歯痛に悩まされつつ、なんだかんだで30歳になってしまいました。
思うところはあるので、また書こう。
昼のつけ麺である程度自信を持てたので、ディナーは連れとお祝い。
渋谷についていろいろ思案したが、寿司が妥当、ということでわずか1週間のスパンで「美登利」へ行ってきた。

梅丘寿司の美登利 渋谷店_c0025217_1574446.jpg
梅丘寿司の美登利 渋谷店_c0025217_1575489.jpg

調子に乗ってビールも解禁。
なんと結婚式以来、4日も酒を断っていた。
画期的だわ。
じんわり広がるアルコール~。
だがすぐに調子に乗るとヤラレちまうので、生一杯で自粛。

梅丘寿司の美登利 渋谷店_c0025217_1588100.jpg

一人前の握りの前に、お好みも頼んでみた。
炙りトロと活き平目のエンガワ、かつおとサーモン。
どれも美味い!
一人前の握りはハイパーお得で確実に満足できるが、やっぱりお好みで好きなもん食べるのも寿司の醍醐味だ。

梅丘寿司の美登利 渋谷店_c0025217_158208.jpg
梅丘寿司の美登利 渋谷店_c0025217_1582949.jpg

メイン、オレは超特選、連れは特上。
苦手なものを抜いた感じの特上は連れにフィットしたみたい。
特上にしかない鉄火巻き、これのマグロが美味い。
ぜひ特選にも入れてほしいところ。
超特選は相変わらずのフルボリューム。
脂も身の締まりもいうことない中トロだけで満足しちゃうわ。
いくら、うに、かに、海老、うーんサティスファイド。

これまた2人で5000円ちょっとというお値段。
最近通いすぎだけど、だって最高なんだもん、また来るよ。
by blue-red-cherry | 2008-06-20 15:08 |

頑者

頑者_c0025217_107359.jpg

通常の食事に劇的にカムバック。
通常どころか、ずーっと食べたかったつけ麺で、カムバック。
埼玉は川越市、仕事で行くことになったその時点でもうやるしかないと。
「頑者」
少々危険な香りのする店名の響きだが、店員さんのTシャツには「underground ramen」の文字が躍る。
何にせよ、念願の初訪問。

頑者_c0025217_1095199.jpg
頑者_c0025217_1010275.jpg
頑者_c0025217_10101356.jpg
頑者_c0025217_10102431.jpg

ルックスからしてイカシてる。
暴力的なまでのつけ汁は、醤油、動物、魚介、それらのエキスがそれこそ、絵の具のいろんな色混ぜると最終的に黒になるような感じで、黒く輝き、器に飛び散る魚粉がアバンギャルド。
太さだけでなくしなりまでが見ただけで伝わってくるような麺の存在感も強烈だ。
やはりここの特筆すべきは麺。
うどんとまではいかないが、その太さとコシは中華麺の域を脱している。
重くならない程度に小麦の密度も適量で、恐らく250㌘程度の量があっという間に食してしまう。
様々なエキスが溶け合うつけ汁は、Wスープの最高峰を思わす尖りぶりながら、甘味と旨味も訪れる、古き良きつけ汁の風情も残す。
デフォでも中太に切られた柔らかく脂ののったチャーシューがゴロゴロ、半煮玉子が入っているのも嬉しい。
すべてのレベルが高く、本当にあっという間に食べ終えてしまった。
その濃厚さを最後まで失わなかったつけ汁は、スープ割りでまた極上のスープに変身する。
尖った各々のエキスにまろみが加わり、思わず完飲。

頑者_c0025217_10173726.jpg

うどんは食べれてたわけだし、つけ麺ならいけるだろうと思ってたが、患部にも異常なし。
というかめくるめくつけ麺ワンダーランドに、歯の苦しみさえ忘れかけていた。
最近はどこのつけ麺もそれなりにアベレージ高いが、こう、さすが行列店の味を見せ付けられた気がする。
by blue-red-cherry | 2008-06-20 10:19 | ラーメン