<   2008年 07月 ( 74 )   > この月の画像一覧

京都サンガF.C.×FC東京 J1第18節

京都サンガF.C.×FC東京 J1第18節_c0025217_15491264.jpg

遠征を自粛し、京都戦は大崎フットニックで観戦した。
東京もだいぶ暑いが、実況もしきりに語ってた京都の暑さは想像の域を超える。
現地組の方、お疲れ様でした。
そしてせめてもの救い、赤嶺、よくやった。

京都サンガF.C.×FC東京 J1第18節_c0025217_15493395.jpg

カボレと平山のコンビネーションがよくなっているのは間違いない。
石川のキレは好調を維持し、チームに欠けていた縦への動き・サイドアタックの部分で欠かせない機能になりつつある。
長友は代表でレギュラーを張るだけの運動量、攻守にシュアな動きを、あの暑さの中、終了直前まで披露した。
いくつかの決定機は生まれていたし、良い面がないわけではない。

んだが、梶山の存在感はやはり、このチームで大きな比重を占める。
暑さで判断が鈍ったか、はたまたいつもの悪癖か、単純に出したいところと動きが合わなかったか。
とにかくすべてがズレてた。
サリがアンカーに入って選択肢が増えたのがかえってよくないのか?(サリを下げた後半の交代の狙いに梶山にリスクを控えさせ、もっとシンプルにプレーさせる意図はあったかなかったか)
アンカーの位置だと逆に背負いすぎてシンプルすぎる嫌いがある、とオレは踏んでるんだけど、かといって無理目なチャレンジで終始沸くかといやあ、そんなことはない。
終盤は上の交代の件と、京都がドン引きで中盤が緩くなったってのもあり、ミスは減り、チームのリズムに乗れていた。
うーん、ムラがなくなったと思えばこれだ。
カボレと平山が孤立しないようにするのも、機能しているサイド攻撃を使うのも。
ムービングフットボールをひとり体現しようと動き回る羽生を使うのも、フィニッシュの場面で顔を出すのも。
梶山に求められるものが多すぎなんだろうか。
非凡な才能を生かすも殺すも自分次第、ではなくチームとして何とかしなければならない。
北京が良い刺激になって、またひとつ、高いレベルに昇って帰ってくるのを期待したい。

京都は前目の選手と後ろの選手、前後役割がかなりはっきり分かれてて、中盤がっぷりよつでガチ勝負とかは無理だったね。
柳沢の動き出しの良さは目を引いた。
さすがベテラン。
こいつも相性悪い気がするフェルナンジーニョも再三再四、粘っこいキープとキレのあるドリブル・シュートで苦しめられた(でもいつも決められない気もする)。
何がヤだったって渡邉大剛。
運動量多く、布陣を超えた存在として東京の左サイドにしつこく登場。
かる~くワンフェイクで交わされる徳の姿には萎えたが、攻守にハツラツしてて、あのダルさ漂う熱帯でその存在感は際立った。

そんな相手に中盤のプレスは効かず。
引き気味の相手に対しスペースはほとんどなく、攻撃も終始手を焼いた。
徹底して人とボールの動きで崩しにかかってたため、前がかり時は最前線でフラットになってしまうことが多く、また、京都は前線に人を残してきてるのでサリも下がり気味の位置取り、結果セカンドボールをほとんど拾えなかったのもまた、疲労感を強めたかも。
ああいう状況になると縦横、距離感がすべて。
サイド振り切って大きなスペースを突くっていう展開も想像しがたかったし、ここは片方サイドにググっと寄せて人数かけるってのもありだったかも。

大竹のキレのある動きには希望が膨らむ。
序盤の好調からマークがきつくなり、しばし出場機会は減ってきてたが、鈍ってない。
いくつかのプレースキック、赤嶺が叩きつけすぎたヘッダーを呼んだピンポイントクロス。
若さが停滞する夏の東京の起爆剤になってくれるのか。
エメもここ数試合囁かれた「もうカボレしか見えない」病も見せず、シンプルなキープ、パスが良いリズムに貢献してた。
梶山と長友はいよいよ北京に旅立つ。
しばらく続いてるがホントにホントの総力戦が求められる今、適材適所の選手起用と戦術選び、監督の仕事が重要なのかね。

京都サンガF.C.×FC東京 J1第18節_c0025217_1549547.jpg

しかし勝てない。
次節、マリノスに勝たなければいよいよ7月未勝利だ。
ロスタイムの同点弾。
赤嶺なのか、チームなのか、城福さんなのか、まだまだツキは逃げてない。
前半戦、あんだけ完膚なきまでにやられた強豪の姿は見る影もないが、だからこそ絶対に勝たなければならない。

浴衣に花火にプレミアムモルツ、お祭りムード満載だが、この一戦は大事だよ。
by blue-red-cherry | 2008-07-22 15:51 | FC東京

もうやんカレー

もうやんカレー_c0025217_840396.jpg
もうやんカレー_c0025217_8401212.jpg

連休最終日の昨日は、割りと盛りだくさんに過ごした。
午後イチで映画を見に行くスケジュールだったので、腹ごしらえにと西新宿の「もうやんカレー」
東京の有名カレー屋さん、そのために西新宿で降りたりしないとなかなかたどり着けない立地ながら、大繁盛だった。

もうやんカレー_c0025217_842386.jpg
もうやんカレー_c0025217_8421131.jpg
もうやんカレー_c0025217_8421885.jpg

何分初めてなもんで勝手が分からず……どころか、なんとランチバイキングをやってた。
普通にカレーを、と思ってたので面食らったが、ならばとスイッチはバイキングモードに。
大きな皿を1枚渡され、レッツバイキング。
ご飯少なめでまずは連れオススメの牛ほほ肉のカレー。
ほほ肉柔らか!
店の触れ込みいわく、もうやんカレーのとろみはとにかくたくさんの野菜が溶けているから、とのこと。
確かに甘~い味わいは野菜のそれ。
それをベースに牛ほほ肉のエキスがあふれ出たオススメの一杯からしてバッチリの美味さ。
付け合せコーナーも充実で、ピリ辛のチキンは絶品。
して、2皿目。
今度はポークカレーを軸に、牛スジ、焼きうどん調のカレーうどん、さらには「も粥」とされたお粥を盛った。
豚も牛ほほ肉に負けじと柔らかい。
やはり牛とは違うエキスを持つ豚、シャープな牛に対し、なんとなく旨味が増した感じのするルウが美味い。
牛スジトッピングも外せない。
ハンパなく煮込まれたスジの柔らかさは筆舌に尽くしがたい。
も粥なるものは魚介のエキスが詰まったお粥。
カレー三昧の箸休めならぬスプーン休めにちょうどいい。
たっぷりカレーを帯びたうどん、これまたほかのどのカレーとも異なるスパイシーな味。
ドリンクバーも開放中で、ジンジャーエール3杯も飲んだった。

いやー、思い切り食べた。
そして美味かった。
なんつうか、ニッポンのカレーって感じ。
by blue-red-cherry | 2008-07-22 08:50 |

若鯱家カレーうどんカップ麺

花火中は身動き取れず、買いためておいたビールを飲むことしかできなかったため、帰宅後の夜食。
店舗にはまだ行ったことがない、名古屋発のカレーうどん家、「若鯱家」のカップ麺

若鯱家カレーうどんカップ麺_c0025217_8251621.jpg
若鯱家カレーうどんカップ麺_c0025217_8252578.jpg

濃厚なとろみと、ほのかに甘味漂うコク深い旨味。
パッケージに踊る文字もあながち嘘ではない。
生麺ならではのうどんのコシもあり、かなり本格的。
とろとろのスープが病みつき度高く、ついつい飲み干してしまった。

最近のカップ麺はホントに侮れないという思いと同時に、お店のほうも食べてみたくなった。
by blue-red-cherry | 2008-07-22 08:30 |

横浜開港記念みなと祭 第53回国際花火大会

横浜開港記念みなと祭 第53回国際花火大会_c0025217_031544.jpg

日曜、今年初の花火大会、「横浜開港記念みなと祭 国際花火大会」を見物に横浜へ。
去年は開港祭自体を楽しんだが、今年はそこからの派生イベントみたい。
フットサル終わりのダチとまさかの横浜ダブルデートww
まずは大崎から一路横浜、着いたらすぐに山下公園で場所取り。
15時ころ、すでに予想通りの混雑を見せていたが、まだマシな程度だった……と思って取ったポジションが最悪。
中華街でランチを満喫して戻ってきたところ、打ち上げ場所確認の空砲タイムになり、そこで愕然。
半分以上、木で見えないorz。
そんなわけで悔いの残る、今夏の初花火大会。

横浜開港記念みなと祭 第53回国際花火大会_c0025217_0352854.jpg
横浜開港記念みなと祭 第53回国際花火大会_c0025217_035356.jpg
横浜開港記念みなと祭 第53回国際花火大会_c0025217_0354388.jpg
横浜開港記念みなと祭 第53回国際花火大会_c0025217_0355022.jpg
横浜開港記念みなと祭 第53回国際花火大会_c0025217_0355663.jpg
横浜開港記念みなと祭 第53回国際花火大会_c0025217_036315.jpg
横浜開港記念みなと祭 第53回国際花火大会_c0025217_0361087.jpg
横浜開港記念みなと祭 第53回国際花火大会_c0025217_0361691.jpg
横浜開港記念みなと祭 第53回国際花火大会_c0025217_0362438.jpg
横浜開港記念みなと祭 第53回国際花火大会_c0025217_0363064.jpg
横浜開港記念みなと祭 第53回国際花火大会_c0025217_0363748.jpg
横浜開港記念みなと祭 第53回国際花火大会_c0025217_0364534.jpg
横浜開港記念みなと祭 第53回国際花火大会_c0025217_0365311.jpg

ご覧の通り。
およそ半分以上の花火が欠け、たまに見えるのは低空飛行の花火のみ。
花火の醍醐味といえる、超上空まで立ち上り、空が割れんばかりの轟音を響かす特大花火にいたっても、その木から茂る葉に完全に遮られた。
写真の観点からすれば、前方エリアを明るく照らす外灯もかなりネックだった。
もうこればっかりは仕方ない。
今回初参戦だったため、打ち上げ場所が上手に把握できなかった。
これはもう反省材料にするしかない。

一方で猛暑は辟易だが、湾岸で涼しいハマの夏の夜、鮮やかな光と音のショーをつまみに冷えたビールを飲む。
これぞニッポンの夏、という楽しみは味わえたので良しとしとく。
70分で6000発というボリュームは、江戸川とか大きな大会としては若干物足りないが、場所の件も含め、どこかでリベンジしたいところだ。

横浜開港記念みなと祭 第53回国際花火大会_c0025217_0422178.jpg
横浜開港記念みなと祭 第53回国際花火大会_c0025217_0422977.jpg
横浜開港記念みなと祭 第53回国際花火大会_c0025217_0423654.jpg

21時前に終演したこともあり、混雑を少しでも避けようと、帰りは夜のみなとみらいを散策した。
山下公園から赤レンガパークへ。
赤レンガパークには開港祭を記念して(だと思う)、豪華客船、飛鳥Ⅱが停泊中。
あのスケールであの煌びやかさ。
遠く離れて推し量るしかすべはないが、さぞかしラグジュアリーな世界が繰り広げられているんだろう。
必見の美しさだ。
赤レンガ倉庫自体も相変わらずのムーディーな雰囲気。
酔っ払いも多数見受けたが、この花火大会、ここから見るのもいいかもね。

やっぱり横浜はいい。
by blue-red-cherry | 2008-07-22 00:57 | その他

萬来亭

萬来亭_c0025217_1226133.jpg

日曜、フットサル後に横浜へ。
「横浜開港記念みなと祭 国際花火大会」を観賞した。
早々に山下公園で場所取りしたら、中華街で遅めのランチをした。
一緒に行ったチームメートの案内で、V6の番組で焼きそばがランキング1位に輝いたという「萬来亭」に行ってきた。

萬来亭_c0025217_12294361.jpg

これが噂の上海焼きそば。
濃い~。
オイスターやらなんやら、中華の旨味が詰まった濃度のソースが太麺にがっつり絡む。
青椒肉絲よろしくな豚肉、しゃきしゃきの緑野菜もいい。
店の名物という都合上いちばん先に紹介したが、なぜかこのメニューがいちばん最後にきた。
ひたすら中華を食べたあとに最高濃度のメニューがきたのはコンディション的にベストではなかった……が、それでも美味かったんだから。

萬来亭_c0025217_12371811.jpg

もうひとつの焼きそばは海鮮平打ち焼きそば。
シンプルな塩味が海老、ホタテ、紋甲イカと具沢山、そして平打ち麺にピッタリ。
これ、美味かったなあ。
一皿が大きいゆえ、酢で味の変化をつければなおよし。

萬来亭_c0025217_12391637.jpg
萬来亭_c0025217_12392085.jpg

点心も美味い。
ナズナ入りの上海ワンタンは香りよく、こちらも塩味のスープが美味い。
薄めの皮にぎっしり身が詰まってて食べ応え十分。
小龍包はいわずもがな。
ここのは皮が特徴的。
分厚く、もちもちでそこだけでしっかり食べた気になる。
もちろん肉汁はジューシーで、逃す手はない。

萬来亭_c0025217_12415621.jpg
萬来亭_c0025217_1242342.jpg

唯一の汁そばはねぎそば。
醤油スープのラーメンも、中華ならではの薬膳っぽいつくりで、香りが複雑かつ深い。
透き通ったスープに極細麺があう。
チャーシューとねぎのアクセントがよく、こちらもあっという間に食べた。
もうひとつの定番、チャーハンは海老チャーハン。
この店はシンプルな塩味がよろしいようで、うん、バッチリ。

男2、女2でこの量は結構ボリューミィだったが、メタボ予備軍を代表として全種、率先して食べてやったぜ。
一度でこれだけ食べれて、かなり満足度は高かった。
中華街、知ってる人と来れるってのは心強い。
by blue-red-cherry | 2008-07-21 12:46 |

冷やしたぬき納豆うどん

土曜は1日休日出勤。
三連休の初日にロングな仕事を入れるって、どんだけ。
切り替えて日曜は正午またぎのホットな時間にフットサル。
室内とはいえ、さすがに朝飯食っとかないとヤバイかと、冷やしたぬきに納豆オクラで。

冷やしたぬき納豆うどん_c0025217_12165875.jpg
冷やしたぬき納豆うどん_c0025217_1217413.jpg

白だしにポン酢を加えて調整したタレを作る。
普通にだしだけで食べるより爽やかさが増して、夏の朝飯にはちょうどいい。
そこに茹で上げて水で締めたうどん、刻んだねぎとオクラ、鰹節、納豆を乗せる。
ネバネバ感がたまらないな。
渾身のタレもすべての具にしっかり染みて、朝から爽やかに満足。

確かにその後のフットサル、食べてなかったら倒れてたかも。
室内だけど体が重い重い。
夏はやっぱり食べないと。
by blue-red-cherry | 2008-07-21 12:22 |

聖☆おにいさん

聖☆おにいさん_c0025217_1055033.jpg

サブカル誌や書店の店頭をにわかに賑わせていた「聖☆おにいさん」、買っちゃった。
つかamazonで「BL」とかタグついててウケルんですけどww
確かにナヨってるし、それっぽくなくもないけど、罰当たるよww

イエス・キリストと仏陀が下界、それも日本の立川で(天界の)余暇を過ごす、これまたすごいアパートでのシェア生活で。
所謂シチュエーションコントのノリに近い。
つかそのもの。
イエスとブッダ、それぞれやることなすこと的外れだったり、神の奇跡を日常に巻き込んじゃったり、天界の常識で下界の常識とズレちゃったり。
お互いボケながらもどちらかがフォローする形は、漫才でありコントであり、それこそイエスとブッダで漫才に挑戦するエピソードもあったりするくらい、お笑いだ。
今のお笑いブームとのシンクロ率が高く、その辺の空気感も支持される理由だろう。

しかしまあ、ウンチクはいらない。
ウンチクなしで笑える。
イエスもブッダも趣味が根暗ww
イエスの「全放送局で放送中のドラマを全部チェックしてその日のうちに感想をアップすることで人気を誇る、一日1万ヒットのブログ」とかwww
シルクスクリーンで自作のTシャツ勝手に作って自分はおろかイエスに(しかも「13」とかwwww)着させちゃうブッダwww
上に書いたシチュエーションボケもかなり笑えるんだけど、2人の細かい設定とか、そこかしこに笑いのエッセンスが散りばめられていて抜かりない。

やったもん勝ち。
神様に怒られない程度にドンドンやっちゃってください。
いや、笑いの神様は認めてくれてるでしょww
by blue-red-cherry | 2008-07-20 10:16 |

もんじゃ 来る実

もんじゃ 来る実_c0025217_10204036.jpg

昨晩は大阪から来た客人をもてなすため、月島でもんじゃ。
同行者のベタなチョイスに最初はどうかと思ったが、一応東京人のオレにも目からウロコの食べ方を知ったりと、大満足。
月島もんじゃストリートを少し外れた路地裏にある、「もんじゃ 来る実」
きのこバターやもつ煮をつまみに乾杯しつつ、東西の食文化の違いなどに花を咲かせて、いざ看板の甘海老もんじゃ。

もんじゃ 来る実_c0025217_10215551.jpg
もんじゃ 来る実_c0025217_1022392.jpg
もんじゃ 来る実_c0025217_10221227.jpg
もんじゃ 来る実_c0025217_10222215.jpg
もんじゃ 来る実_c0025217_10223036.jpg

海老の処理を除けば、基本的にたっぷりキャベツなどのタネで土手を作って、スープを入れて、という作り方は変わらない。
その海老は頭と尻尾を切り離し、身を土手と一緒に炒める。
無駄は一切ない、というのがひとつのキーワードで、頭からはしっかり味噌をだしてスープに混ぜ、搾り取った頭と尻尾は鉄板の両脇を使って、メインを楽しむ間にせんべいにするというこだわりよう。
果たして味噌の混じったもんじゃは海老の深いコクが出て、普通のソース味のもんじゃとは一線を画す仕上がりに。
そして食べ方。
半熟状のペーストをはふはふ、たまにおこげ見つけてウマー、というのが一般的だと思う。
しかし、お母さんはまず焦がす。
焦げができたら半熟の上部だけスライドさせ、その焦げをがっつりヘラで掬って食べる。
スライドしたもんじゃが焦げたら、また半熟部分だけをスライドし、以下ループ。
これが美味いんだ!
今までも十分楽しんでたはずだったが、焦げの部分はソース味やら野菜、具の旨味がぎゅっと詰まっており、とかくあっさりしがちなもんじゃながらもしっかりと味わえる。
これには濃い味好きの大阪人も満足してもらえた。
この食べ方、ほかでも試したい。
つか、たぶんこれがいちばん美味い。

もんじゃ 来る実_c0025217_10291741.jpg
もんじゃ 来る実_c0025217_10292538.jpg

続いて明太もちチーズもんじゃを同様にして食べ(その頃には「食べ方うまくなったねー」とお母さんにほめてもらえた)、最後は大阪からの客人にミックスお好み焼きを焼いてもらいフィニート。
路地裏の決して広くない店内は当然満席で、どのお客さんも満面の笑み。
煙臭さはハンパじゃないが、たまにはいい。

こんなにもんじゃ焼きを楽しめたのは初めて。
この経験はほかでもいかせそうだメーン。
by blue-red-cherry | 2008-07-19 10:32 |

ぶっちぎり鮨 春夏秋冬

暑い日はそばともども、なぜか寿司が食べたくなる。
腐っても江戸っ子の血が騒ぐのかね。
渋谷道玄坂を登り、「ぶっちぎり鮨 春夏秋冬」へ。
前回は大トロ炙り丼にしたので、今回こそ、15貫のサービスランチ、ぶっちぎり寿司を食べた。

ぶっちぎり鮨 春夏秋冬_c0025217_9573380.jpg
ぶっちぎり鮨 春夏秋冬_c0025217_9574146.jpg
ぶっちぎり鮨 春夏秋冬_c0025217_9574936.jpg

マグロ、サーモン、白身から貝類にいたるまで、すべてネタが大きい。
この量でこのサイズはパンチがあり、食べ応えがある。
うに、いくらこそないものの、ほかはある程度網羅されており、十分満足できた。
連れはねぎとろ隠し卵丼なるネーミングの丼をチョイス。
その名の通り、丼を埋め尽くしたねぎとろの下に温泉卵が潜んでおり、当然絡めて食べるわけだが、卵の甘味もさることながら、新鮮なねぎとろの旨味に驚いた。
こいつは美味い。

どちらも800円という超絶コストパフォーマンスだが、当然この日も大繁盛。
いずれまたお世話になるだろう。
by blue-red-cherry | 2008-07-19 10:01 |

鶏ささみのネバネバ和え

心配させるつもりはないんだが、昨日、あまりの暑さに熱射病チックな状態になってしまい、会社を早退した。
んー、情けない。
去年も御殿場で同様の症状になった件もあり、暑さ対策はしっかりしないとな。
帰宅後とりあえず寝て多少復活、元気が出そうなメシ作った。

鶏ささみのネバネバ和え_c0025217_17574077.jpg
鶏ささみのネバネバ和え_c0025217_1758513.jpg
鶏ささみのネバネバ和え_c0025217_17581758.jpg

鶏ささみにとろろ、オクラ、納豆。
味付けはポン酢。
この組み合わせは鉄板で、過去にもスパゲティやうどんで近しいことをやってるはず。
マジでガチで美味しウィッシュ!
ネバネバって体のどこに良いのだろうか。
でも絶対悪くはないと思う。

おかげさまで今日は復調してます。
だもんで、飲みに行きます……。
by blue-red-cherry | 2008-07-18 17:58 |